人事辞典 掲載日:2020/03/13

【ヨミ】ハイグウシャコウジョ 配偶者控除

「配偶者控除」とは、配偶者がいる場合に一定の金額が税金から控除されることをいいます。扶養控除の一種であり、法律上の配偶者がいる場合に適用できます。配偶者控除を受けるためには、配偶者の年収が103万円未満でなければなりませんでしたが、2018年より法律が一部改正され、上限が拡大されています。

1. 配偶者控除とは?

配偶者控除とは、専業主婦(夫)など、収入が一定未満の配偶者がいる場合に、支払うべき税金や保険料などから一定額を控除する制度のことをいいます。ここでの配偶者とは、民法上定められた配偶者のことで、婚姻届を出しているかどうかが基準になります(民法第739条)。内縁の妻や、東京都渋谷区などが設けている同性パートナーシップ制度などによるパートナーには適用されないため、注意が必要です。

「控除」とは、ある金額から一定の額を「差し引く」ことを指し、主に税金や保険料で用いられる場合、「支払うべき金額が安くなる」ことを意味します。配偶者控除以外にも、扶養控除や雑損控除、寄付金控除などの種類があります。

配偶者控除は扶養控除の一つですが、上限の金額や控除額が異なっているため、独立の制度として捉えられることが多くなっています。

人事が理解しておくべき配偶者に関わる税・保険料の区別

配偶者に関わる税・保険料には、扶養控除と同様に所得税などの「税制上の控除」と「社会保険上の控除」の二つがあります。もっとも、社会保険上の扶養控除の場合、一定の収入以下の配偶者に保険料は発生していないため、「控除」ではなく単に「扶養に入っている」という表現が適切です。では、なぜこのような違いが設けられているのでしょうか。

税制上の控除とは、主に「これまで獲得した所得に対する税金の控除」を意味しています。社会保険上の扶養(控除)とは、「保険」という名の通り「将来の安定のための(社会)保険における扶養」という意味で、税制上の控除とは基本的な理念に違いがあります。

また、課税される対象も、所得税などの各種「税金」と、健康保険などの社会「保険料」という形で変わってきます。この違いは以下のように、配偶者控除が受けられる収入の上限などにも反映されています。

配偶者控除が受けられる収入の上限

配偶者控除を理解するためには、上で解説したように、税制上の控除と社会保険上の控除に違いがあることを押さえておく必要があります。例えば、これまで「103万円の壁」といわれてきたように、配偶者として扶養に入っている方の収入が一定の金額を超えると、控除額が減ってしまうことがあります。しかし、一口に「配偶者控除」という名前がついていても、税制上の控除と社会保険料の扶養ではこの「壁」の金額が変わってきます。

(1)税法上の配偶者控除―覚えておくべき103万円と150万円の数字

税法上の配偶者控除の金額を把握するためには、「年収103万円」と「年収150万円」という数字と意味を押さえておきましょう。まず、扶養に入っている人の年収が103万円を超えると、その本人に所得税が段階的に発生していきます。さらに年収150万円を超えると、配偶者控除の金額が減っていっていきます。

ただし、控除額はしっかり計算されて段階的に減っていくもであるため、103万円、150万円を超えたからといって、稼いだ本人の年収が結果的に減ってしまうことはありません。

(2)社会保険上の配偶者扶養の上限は年収106万円と年収130万円

社会保険上の配偶者扶養の上限は、年収106万円と年収130万円です。106万円については平成28年(2016年)10月1日の法改正により、一定規模以上の会社(常時501人以上等の要件あり)を対象に適用されることになりました。しかし、106万円は年収換算の参考目安であり、実際の判断基準は月額8.8万円以上であるかどうかです。「106万円」という数字は、1年間の雇用見込みから算出した概算になります。

つまり、扶養に入っているパートナーの収入が「月収」8.8万円または「年収」130万円を超える見込みのときから、自分の勤務先で社会保険に加入し保険料を払わなくてはいけなくなります。それまでは、配偶者の扶養に入っていて保険料を納めていなかったとしても、月収8.8万円または年収130万円を超える見込みであれば、自分で保険料を払う必要が出てくるのです。

2018年の法改正の背景

その後、2018年にも法律が改正されており、配偶者控除の適応額を決める基準が引き上げられました。この背景には、年々深刻化する少子化への対策と、労働力の確保があると言われています。

少子化を食い止めるためには、子育てがしやすい環境と、十分な収入が必要です。一世帯の収入を増やすためには、一人ひとりの給与を上げるほか、配偶者もパートなどで収入を得やすくする必要があります。

そこで、以前は配偶者が年収103万円以上働くと収入に影響が生じていましたが、2018年の法改正では、それよりも多くの時間働けることになりました。同時に会社側は高い給与を提示できるようになり、労働力の確保につながるようになりました。

2. 人事が配偶者控除について知っておくべき最低限の知識

ここからは控除を受ける条件について、詳しく解説していきます。

配偶者控除を受けることができる人の条件

配偶者控除の適用を受ける場合、次の条件の全てに当てはまらなければなりません。簡単にまとめると、婚姻届を出しており、年間の合計所得が38万円以下で、配偶者と生計を一つにしていることが条件になります。

(1) 民法の規定による配偶者であること(内縁関係の人や同性パートナーは該当しない)
(2) 納税者と生計を一にしていること
(3) 年間の合計所得金額が38万円以下(令和2年分以降は48万円以下)であること(給与のみの場合は給与収入が103万円以下)
(4) 青色申告者の事業専従者としてその年を通じて一度も給与の支払を受けていないこと又は白色申告者の事業専従者でないこと

この条件を読んで「上では『年収103万円』と解説していたのに、合計所得金額が38万円以下とはどういうことだろう」と疑問を持つ方もいるかもしれません。

実は一般に給与所得の場合には、「給与所得控除額」として65万円分があらかじめ控除されて計算されることが関係しており、給与所得の場合は一年間で獲得した収入から、65万円を引いて計算されます。上記の条件では、「103万円− 65万円= 38万円」という計算がなされて記載されています。

つまり、「年間の合計所得金額が38万円以下」とは「年間収入が103万円以下」ということを意味しています。

配偶者控除と配偶者特別控除の違い

次に、配偶者控除と配偶者特別控除の違いについて見ていきましょう。配偶者特別控除とは、簡単に言えば配偶者控除を補足するものとして設けられた制度です。

例えば、税制上の配偶者控除の場合、配偶者の年収が103万円を超えると、納税者本人は「配偶者控除」を受けられなくなります。その代わり、配偶者の年収が103万円より多く150万円未満であれば、納税者本人は配偶者「特別」控除を、満額の「38万円」受けることができます。ただし、配偶者の年収が150万円より多くなれば、控除額が段階的に少なくなり、配偶者の年収が201.6万円以上になった場合は、配偶者「特別」控除の控除額がなくなります。

配偶者控除される金額の早見表

配偶者控除される金額を表にまとめました。この表では、配偶者の収入に合わせて控除額を示しています。例えば、主に生計を支えている方の給与が1,120万円以下の場合、配偶者のパート収入が150万円以下であれば、控除額38万円の満額を適用することができます。そして、150万円を超える場合は、201.6万円未満まで段階的に控除を受けることができます。

注意すべきなのは、主に生計を立てている方の年収によって控除の金額が異なる点です。1,120万円以下の場合の控除額は38万円ですが、1,120万円超1,170万円以下の場合は26万円、1,170万円超1,220万円以下の場合は13万円になります。

引用:国税庁|家族と税

配偶者控除額Q&A

配偶者控除でよくある質問について、Q&A形式でまとめました。

Q1. 育児休業給付金などの非課税の支給を受けている配偶者の場合、配偶者控除はどうなるか。

A1.
雇用保険法に基づいて支給されている育児休業給付金など、非課税の給付金に関しては、配偶者控除を受けることができるかどうかを判定するときの所得金額には含まれません。

そのため、育児休業給付金で収入が年38万円以上あったとしても、配偶者控除が満額適用される可能性もあります。育児休業給付金だけではなく、非課税の給付金などのお金は、全て配偶者控除額を判定する所得金額には含まれません。

Q2. 主に生計を支えている配偶者や、控除対象配偶者が死亡した場合にはどうなるか。

A2.
どちらの場合でも、配偶者控除の該当要件をその時点までに満たしていた場合は、控除を受けることができます。また収入に関しても、1月1日から12月31日まで得ていたものが対象となります。

Q3. 外国に住む配偶者を控除の対象とすることは可能か。

A3.
可能ですが、外国に住む配偶者を控除の対象とする場合には、「親族関係書類」と「送金関係書類」を確定申告書とともに添付または提示する必要があります。また、その適用を受ける旨を「扶養控除等申告書」に記載した上で、その申告書などに親族関係書類を添付または提示して会社に提出して、年末調整において、送金関係書類を扶養控除等申告書などとともに添付または提示しなければなりません。

3. 配偶者控除と年末調整

人事担当者が、配偶者控除に関わるのは主に年末調整の時期でしょう。年末調整とは、源泉徴収などで月々支払っていた税金の額を適正な金額に調整することを言います。配偶者が増えたり、減ったりする場合、年末に適正な税額を確定させるという作業も含まれます。今後は電子化による年末調整をすることが一般化していくとはいえ、正確な知識を身に付けるけることが重要です。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連するキーワード