企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ラーニング エクスペリエンス プラットフォーム LXP

「LXP」とは、Learning Experience Platformの略。「LEP」と呼ばれることもあります。直訳すると「学習体験プラットフォーム」で、受講者のユーザー体験(UX)向上に焦点を当てた学習ツールです。学習内容は受講者ごとにパーソナライズされて、受講者の特性に沿ったコンテンツがキュレーションされる仕組みになっています。eラーニングで耳にすることが多い「LMS(Learning Management System)」との相違点は、自由度の高さ。LXPはより受講者の生活や特性に沿った設計で、コンテンツから学習環境まで自由にデザインされていることが特長です。(2019/12/16掲載)

LXPのケーススタディ

従業員の成長に寄与しているのは、
研修ではなく経験だった

新入社員研修やマネジメント研修など、企業は実にさまざまな研修を従業員に対して行っています。しかし、それらは本当に従業員の自己形成に寄与しているのでしょうか。「70:20:10の法則」というリーダーシップ開発における法則では、人が成長するときの要素を「70%が経験、20%が他者との関わり、10%が研修」であるとしています。

1990年代に生まれたLMSは、現在でも自習型コンテンツとして主流になっています。しかし、アメリカでは「LMSはもう古いのではないか」という考え方もあるようです。「研修」コンテンツに労力を注ぐのではなく、成長の70%に寄与するとされる「経験」を研修とひもづけ、従業員の学びにつなげていこうとする多面的なアプローチ手法「LXP」が生まれたからです。仕事や日常の流れのなかで自然に学ぶことで、学習内容の定着率を上げていけるのではないか、というアプローチです。

長時間の動画を見ることが苦手な人は少なくありませんが、LXPでは1本4分以内の動画であるケースが多く、会社の休憩時間や通勤中にも手軽に学ぶことができます。

また、オウケイウェイヴ総研の調査により、会社員の約9割が業務中にインターネット検索で調べものをしていることがわかりました。こうした「調べものをする時間」を減らし、生産性を高めながら学習することができる仕組みとしてもLXPは期待されています。よく検索されている内容を調査し、アドイン機能などとして追加することで、従業員のためにキュレーションされ、カスタマイズされた、業務中に学べる学習プラットフォームとなるからです。

しかしLXPは、LMPに代わるものではなく、独自のプラットフォームとして捉えた方がよいでしょう。LMSでは、新入社員研修やコンプライアンス研修といった、研修内容の流れがある程度決まっていて、受講の有無を追跡する必要のあるコンテンツにおいて力を発揮します。対するLXPは、リーダーシップやクリエイティビティといた、個人の特性によって効果的なアプローチ手法が異なる領域に適しています。どちらか一方を選ぶのではなく、目的に応じて使い分けることが、従業員にとっての効果的な学びにつながるといえます。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です
  • 参考になった1
  • 共感できる0
  • 実践したい0
  • 考えさせられる0
  • 理解しやすい0
オススメ1
最新順 | 人気順 | 古い順
*****さんが参考になったでオススメしました
東京都 HRビジネス 2020/06/20

 

1件中 1~1件を表示
  • 1

あわせて読みたい

研修内製化
近年では研修を外部に委託せず、自社で内製化する企業が増えています。研修内製化することで、どのような効果が期待できるのでしょうか。また、どのように研修を内製化すればよいのでしょうか。研修スタイルの変遷を追いながら、今、求められる研修のあり方を考えます。
LMS
「LMS」とは、Learning Management Systemの略。eラーニングを行うための学習管理システムのことで、「eラーニングシステム」や「eラーニングプラットフォーム」と呼ばれることもあります。研修などにeラーニングを取り入れる際、企業では受講者が利用する学習教材や学習進捗の管理、受講...
eラーニング
社員の早期戦力化やスキルアップに欠かせないのが社員研修です。しかし、研修を実施するためのコストや労力にくわえ、学ぶ側の時間調整や効率といった問題から、従来の社員研修にはさまざまな課題も存在します。そうしたなか注目を集めているのが、時間と場所を選ばず学べるeラーニングです。ここでは、eラーニングを導入...

関連する記事

5. マネジメント研修・管理職研修の形式
管理職研修を行う場合、社内・社外、階層別、テーマ・目的別、eラーニング、通信教育といった、研修の形式を整理し、それぞれの特徴について触れる。
2012/10/24掲載よくわかる講座
マネジメント・管理職研修をどう企画・実施するか
現在、変革期を迎えているマネジメント・管理職研修だが、研修を企画・実施する場合、どのような点を重視し、自社に合った内容を作成していけばいいのか。以下では、そのステップと留意点を整理していく。
2016/06/10掲載よくわかる講座
4.研修の準備と段取り
研修の実施に当たり、事前準備や研修当日の運営において行うべきことは多い。これら研修の準備と段取りについて、ポイントを整理してみたい。
2012/10/12掲載よくわかる講座

関連するQ&A

研修について
当社では、様々な研修を行う機会を設けています。そして、かなり口うるさい従業員がいる為、就業時間内に研修を行うようにしています。しかしながら、従業員を就業時間内に研修させるとエステサービス業の為、直接「売上減」に繋がってしまいます。そもそも、「タイムカードを切ってから研修しろ」なんてものは、昔ながらの...
研修について
階層別研修等、ビデオ研修を用いたいのですが経費的に貸しビデオを利用したいと思います。質量とも揃っている施設をお教えください
研修中の労災について
研修予定者から質問を受けました。 弊社では研修期間中は社員としてはみなしておらず、正式に配属された日を入社日としています。 そのため、研修中はアルバイト的に給与を支払っています。 質問は研修期間中に事故にあった場合に労災がおりるのか、という質問です。 弊社は販売職で、研修は実際に販売を行うプログラム...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 人材開発 ]

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

無料ウェビナー8/25コーナーストーン主催

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


尻込み、指示待ち、評論家……<br />
ひそかに進行する20代社員の“ゆでガエル化”現象とは

尻込み、指示待ち、評論家……
ひそかに進行する20代社員の“ゆでガエル化”現象とは

ゆっくりと進行する危機や環境の変化に対応する難しさを戒めた、いわゆる「...


時代とともに進化する人事業務に求められる<br />
ICTサポートとは何か

時代とともに進化する人事業務に求められる
ICTサポートとは何か

経営戦略を実現する上で重要なポジションである人事業務。人事業務は日々進...