企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】リソースベーストビュー リソース・ベースト・ビュー

「リソース・ベースト・ビュー(RBV)」とは、競争の優位性を獲得するための経営戦略の一つです。組織ごとに異なる独自の経営資源(リソース)は模倣されにくく、仮に模倣するにも多額の費用がかかります。こうした独自のリソースを活用することによって、競争優位の獲得を目指すという考え方がリソース・ベースト・ビューです。組織が持つ資産、人材、技術力、ブランド力など、複製コストがかかるもので、資源の希少性が高ければ高いほど、競争の源泉になりうると考えられます。アメリカの経営学者、ジェイ・B・バーニー氏により提唱された戦略アプローチです。(2019/7/17掲載)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リソース・ベースト・ビューのケーススタディ

ヒト、カネ、モノ、組織
自社の模倣困難な独自性はどこに?

ビジネスを展開していく際に価格競争には持ち込みたくない、と考える企業は多いでしょう。消費者が商品を決定する要因が「価格」だけになってしまうと、持続的な優位性にはなりえないからです。リソース・ベースト・ビューに基づく考え方には、次のようなものがあります。商品やサービスを開発したときに特許や商標を取ることがありますが、その際に生産ラインや技術力も申請する。すると自社の強みによって、業界のレッドオーシャン化や同質化を防ぐことができる、という考え方です。

組織が保有するリソースは、財務資本、人的資本、物的資本、組織資本の四つがあります。複製が難しいリソースに着目するという考え方は、コアコンピタンスやケイパビリティーの概念とも通ずる部分があります。どちらも経営用語ですが、コアコンピタンスは「顧客に利益をもたらす」「他社から模倣されにくい」「複数の商品を持ち、市場を推進する」という組織能力を表す三つの要素。ケイパビリティーもほぼ同義で、「組織独自の能力」のことを指します。

また、自社のリソースの独自性を見出すための方法の一つに、「VRIO分析」があります。VRIOというのは、「経済価値(Value)」「希少性(Rarity)」「模倣困難性(Inimitability)」、「組織(Organization)」の頭文字をとったもの。これら四つの視点から、企業の強みと市場内での優位性を判断するためのフレームワークです。

リソース・ベースト・ビューを成功させるためには、VRIO分析のなかでも特に「模倣困難性」を正確に測定する必要があります。テクノロジーが発展したり、M&Aが積極的になったりすることで、ケイパビリティーも代替可能になるからです。

全てのリソースを永久的に持続することは難しい。そんなときは、「経済価値」が誰に、どのような影響を与えているかを考えるとよいでしょう。価値の内容を分析することにより、適切なタイミングで商品やサービスのマイナーチェンジを行いながら、企業としての独自性を磨き続けることができるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

組織社会化
組織研究において、新しく組織に加わったメンバーが、組織の目標を達成するために求められる役割や知識、規範、価値観などを獲得して、組織に適応していくプロセスのことを「組織社会化」といいます。個人が組織に参入するときは、必ずこの組織社会化の過程を通過しなければならないと考えられています。 (2012/5...
ケイパビリティー
「ケイパビリティー」(capability)とは、企業が全体としてもつ組織的な能力、あるいはその企業に固有の組織的な強みのことです。経営戦略を構成する重要な概念であり、競争優位の大きな源泉となりえます。戦略そのものによる差別化が困難な状況下においては、オペレーションの主眼となるスピードや効率性、高...
組織再社会化
組織研究において、組織に新しく参入した個人がその成員となるために、組織の価値観や規範を受け入れ、職務遂行に必要な技能を獲得し、組織の人間関係に適応していく過程を組織社会化といいます。これに対し「組織再社会化」とは、すでにある組織の一員として組織社会化され仕事を行ってきた人が、転職などの組織間移動に...

関連する記事

柳本直行さん 企業が勝ち残るための「経営品質」
業が長く存続し、発展していくためにはさまざまな要素が必要ですが、そのひとつに「経営品質」という考え方があります。社会経済生産性本部・経営品質推進部部長の柳本直行さんは「企業が勝ち残っていくために追求し続けなければならないもの」だといいます。ビジネス環境が大きく...
2007/03/12掲載キーパーソンが語る“人と組織”
人事マネジメント「解体新書」第38回 学習する組織“ラーニング・オーガニゼーション”を実現する方法(前編) ~自ら学ぶ風土を作り、持続的成長を実現していくために
企業を取り巻く経営環境の急激な変化は、ビジネスサイクルを短縮化し、知識・技術の更新スピードを速めるなど、組織に対して絶え間ない「変革」を求めている。この変革を実現するには、組織として継続的に学習を続け、改善を繰り返していくことが必要だ。これが近年、「学習する組...
2010/06/28掲載人事マネジメント解体新書
人事マネジメント「解体新書」第42回 ベンチャー企業に学ぶ人材戦略(前編:解説) ~組織を“ベンチャー化”することで、人は成長していく
バブル崩壊後、日本を牽引してきた大企業が成長戦略を描き切れなくなっている。一方、成長著しいベンチャー企業は元気だ。何より、働く人のモチベーションと行動力が段違いだ。いったい、この違いを生むものは何なのか?
2010/10/25掲載人事マネジメント解体新書

関連するQ&A

これからの組織のあり方
マネジメント 組織論の質問です。 自律型組織、ティール型組織などへの志向が一つのメインストリームとしてあると思いますが、一方で従来型の軍隊式組織、官僚型組織もその有効性は完全には否定出来ないと思います。 自律型、軍隊型それぞれの組織が有効に機能するのは、それぞれ一定の条件下によると思いますが、この点...
組織マネジメントの評価項目
お世話になっております。 人事考課の評価項目の一つに、管理職者に対して、組織マネジメントの評価を考えております。 一般的な組織マネジメント能力に関する評価項目をご教授いただけますでしょうか。 宜しくお願い致します。
今どきの人事部の組織図とは
最近、旧来の人事部で使われていた組織名称が少なくなり、カタカナ、英語表示のものが多くなってきているように思います。 日本の社員数1000名以上の会社で、イケてる人事部の組織図、組織名称のトレンドをできれば旧来の名称と比較する感じで教えて頂ければ幸いです。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
待ったなしの「ハラスメント対策」。防止と早期解決に役立つサービスと選び方をご紹介。

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

Web採用説明会でエントリー30%UP QUICK REPLY

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


「ハラスメント対策」に役立つソリューション特集

「ハラスメント対策」の早期解決とおすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!<br />
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは
new

これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは

VUCAの時代となり、あらゆる意味でこれまでの企業経営が見直されていま...


働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術<br />
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!
new

働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

2019年4月より大企業に対する適用がスタートした「働き方改革関連法」...