企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ハンスウシコウ 反芻思考

「反芻思考」とは何度もネガティブな出来事を思い出し、悩み続けて抑うつ気分を増長させる考え方のことをいいます。もともと反芻とは、牛などが食べ物を消化するために一度胃に入ったものを口に戻し、繰り返し咀嚼(そしゃく)すること。ネガティブなことを何度も思い出して落ち込む行動が動物の反芻に似た反復行動であることから、反芻思考と呼ばれるようになりました。反芻思考は医学的には「抑うつ的反芻」と呼ばれており、うつ病や不安障害、強迫性障害などとも関係があるといわれています。
(2019/6/13掲載)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

反芻思考のケーススタディ

反芻思考には2種類
失敗の原因が自分に向くか他者に向くか

精神医学では、抑うつ的反芻のように自らの欠点や問題点を繰り返し考えることは、危険な精神的習慣だと考えられています。イェール大学の心理学者Susan Nolen-Hoeksema氏が行った研究では、「反芻傾向」の強い人は落ち込みやすく、ストレスを感じる出来事に遭遇すると無気力状態に陥りやすい傾向があるとわかったそうです。

反芻思考は行き過ぎると、うつ病などの精神疾患にもつながる恐れがあります。日頃からネガティブなことを思い出す習慣がある人は、ストレス耐性が弱い傾向にあるため、反芻を続けているうちに抑うつ状態がどんどん深刻になり、疾患に発展するケースもあるのです。

とはいえ、失敗を振り返って考えることのすべてが、精神に悪影響を与えるわけではありません。反芻思考(抑うつ的反芻)には、「リフレクション」と「ブルーディング」の2種類があります。リフレクションは「どうして自分はこんなに失敗ばかりしてしまうのだろう」などと逡巡し熟考することで、うつ病との関係は低いといわれています。むしろ、失敗を自己分析することは、同じことの繰り返しを回避するというプラスの側面もあるでしょう。一方のブルーディングは「考え込み」ともいわれ、「もっとこうだったらよかったのに」など、周囲の状況がいかに理不尽だったかについて不満を膨らませる思考です。このブルーディングは、うつ病との関係が強いと考えられています。

反芻思考による抑うつ状態が深刻な場合は、メンタルクリニックで認知行動療法などの治療を受ける必要があります。そこでは思考の癖を見つけ出し、物事をネガティブに捉える傾向から脱する練習をします。また、それほど深刻ではない場合には、マインドフルネスを実践することも有効だといわれています。マインドフルネスは、今ここにいる自分の状態を見つめること。マインドフルネスにより自分の反芻思考に気付き、対処に考えすぎる癖や心配事から距離を置くトレーニングを行うことで、反芻思考の頻度を減らすことができるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

セルフ・コンパッション
「セルフ・コンパッション」とは、あるがままの自分を受け入れること。コンパッションとは英語で思いやりのことで、直訳すると「自分に対する思いやり」という意味になります。2011年に米国テキサス大学のクリスティーン・ネフ氏によって『セルフ・コンパッション―あるがままの自分を受け入れる』が出版され、ネガティ...
メタ認知
「メタ認知」とは、認知心理学の用語で、自分の考えについて考えること、認知に対する認知のことです。メタ認知の“メタ”とは「高次の」という意味で、自分自身の認知活動(知覚、記憶、学習、言語、思考など)を、より高い視点から、あたかも第三者のように客観視して、これらを理解したり、振り返ったり、ときにはコント...
自己奉仕バイアス
「自己奉仕バイアス」(Self-serving bias)とは、成功したときは自分自身の能力によるものであり、失敗したときは自分ではどうしようもない外的な要因によるものだと思いこむ考え方です。例えば、試験の点数が良かったときは「自分は頭がいいから」と考え、点数が悪かったときは「先生は自分のことが嫌い...

関連する記事

職場のメンタルヘルス最前線 増加する“新型うつ病社員”への対処法
今までのうつ病のイメージには当てはまらない「新型うつ病」について、事例とともに、特徴や対応ポイントを紹介しています。
2008/05/02掲載人事・労務関連コラム
診断書の情報だけで判断してはいけない! 精神科産業医が教える職場でみられる「うつ」の困難事例における具体的対応
うつ病の方へは、古くから「励ましはダメ」「頑張らせてはいけない」という対応が望ましいとされてきました。しかし、近年ではそのような対応をしてもうまくいかない事例が増え、職場においてさらなる混乱を招いています。この背景には、「うつ」と「うつ病」とが混同されているこ...
2014/05/19掲載人事・労務関連コラム
「採用」×「AI」で、採用成果を実現する これからの人事に必要なもの
HRの領域ではその時々、トレンドとなるワードがあります。最近は「AI」「HR technology」がそれに該当します。人材サービス会社だけでなく、ITサービス各社からもさまざまなサービスがリリースされていますが、それらを導入すれば、採用はうまくいくのでしょう...
2017/10/23掲載注目の記事
待ったなしの「ハラスメント対策」。防止と早期解決に役立つサービスと選び方をご紹介。

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

Web採用説明会でエントリー30%UP 最短1営業日で従業員代表を選出しませんか

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ


「ハラスメント対策」に役立つソリューション特集

「ハラスメント対策」の早期解決とおすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術<br />
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!
new

働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

2019年4月より大企業に対する適用がスタートした「働き方改革関連法」...


これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!<br />
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは
new

これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは

VUCAの時代となり、あらゆる意味でこれまでの企業経営が見直されていま...