人事辞典 掲載日:2019/05/24

【ヨミ】セルフコンパッション セルフ・コンパッション

「セルフ・コンパッション」とは、あるがままの自分を受け入れること。コンパッションとは英語で思いやりのことで、直訳すると「自分に対する思いやり」という意味になります。2011年に米国テキサス大学のクリスティーン・ネフ氏によって『セルフ・コンパッション―あるがままの自分を受け入れる』が出版され、ネガティブな思考や感情を無理に矯正するのではなく、自分のありのままの状態を受け入れる姿勢が推奨されました。

セルフ・コンパッションのケーススタディ

セルフ・コンパッションとは
自分を甘やかすことではなく、自分と向き合うこと

「あるがままの自分を受け入れる」とは、どういうことなのでしょうか。クリスティーン・ネフ氏は、セルフ・コンパッションは次の三つの要素から構成されているといいます。一つ目の要素は、「自分へのやさしさ」です。責任感が強い人や克己心のある人は、自分に厳しく接することで良い結果を目指しますが、セルフ・コンパッションにおいては逆。他人にやさしく接するように、自分自身にも思いやりを発揮することが大切なのです。

二つ目は「生かされている」という感覚。自分の行動はすべて自分の意思の結果であるという考え方ではなく、自分は周囲の人間関係の中に生きていて、コントロールできないこともあると理解することが大切です。それにより、「誰もが時には失敗する」ことが受け入れられるようになります。

三つ目は「マインドフルネス」。現状にイライラしたり、不安な気持ちに捉われながら行動したりするのではなく、まず今の自分の感情や思考に気づく態度が必要です。そして重要なのが、その気付きに対して評価をしないこと。たとえマインドフルネスを通して認知した今の思考がネガティブなものだったとしても、評価したり歪曲しようとしたりせず、ただ認知して受け入れることが、セルフ・コンパッションの鍵となります。

セルフ・コンパッションには、どのようなメリットがあるのでしょうか。大きな効果として、他者からの評価に左右されず、自己肯定感を保ち続けられるようになることが挙げられます。例えば、ミスや失態を犯して誰かからネガティブな評価をされたとき、自己肯定感が低い人は自分の存在そのものを否定し、責めてしまう傾向があります。しかし、セルフ・コンパッションを持っていれば、自分の今の状態を受け入れ、すばやく改善に向けた行動に移ることができるのです。

また、セルフ・コンパッションが低く自尊心が高い人は、他者からのポジティブな評価に依存している側面があるため、ネガティブな評価に対して過剰に自己防衛してしまいます。セルフ・コンパッションとは、自分を甘やかすことではなく、自分と向き合うことなのです。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連するキーワード