企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】テキストマイニング テキストマイニング

「テキストマイニング」とは、文章や言葉などの大量のテキストデータから、有益な情報を取り出すことの総称です。統計学や人工知能などのデータ分析技術を使って大量のデータを分析し、規則性を見つけ出す技術をデータマイニングといいますが、その中でも文字列データに特化したものがテキストマイニング。自然言語解析の手法で文章を単語ごとに分解し、出現頻度や相関性を見つけ出します。顧客からの問い合わせデータ、SNS、アンケート調査などから市場の状況や顧客のマインドをあぶりだし、今後の活動のヒントにすることができます。当初はマーケティング領域で使われることの多かった技術ですが、最近では人事領域で活用されることも増えています。

テキストマイニングのケーススタディ

テキストコミュニケーションを分析し、
社員の本音を人事に活用

企業では社内チャットや社内SNS、イントラネットなど、さまざまなツール上でテキストによるコミュニケーションが行われています。また、1on1やチームミーティングなどの対面でのやり取りも、音声認識技術が向上したことにより、自動でテキスト化できるようになりました。このように近年、人事領域で活用できるデータの総量は爆発的に増加しています。データには人事のヒントが詰まっており、それをいち早くキャッチすることで、今後の施策に生かすことができます。

例えば、「離職防止」への活用。HRテクノロジーサービスの中には、従業員のアンケートや業務日誌などを分析することで、離職防止に役立てるものが登場しています。離職者のデータをテキストマイニングによって分析することで、離職の予兆をスコア化し、リテンション施策に生かすこともできるでしょう。

また、テキストマイニングは「ハイパフォーマーの育成」にも活用できます。パフォーマンスの高い従業員を増やすためには、まず現在のハイパフォーマーの行動を知らなければなりません。もちろん、第三者からの評価もハイパフォーマーの条件を考える要素になりますが、そこには評価者の主観的な意見も含まれてしまいます。ハイパフォーマーが発言している内容などをあわせて分析することができれば、より深くその特性を理解することができるでしょう。例えば、優秀な営業職の従業員がどのように顧客とのコミュニケーションを取っているかをテキストマイニングによって分析すれば、彼らが持つ行動特性や営業トークを可視化できます。こうしたスキルが明らかになれば、他の従業員を育成する際にも役立つでしょう。

人事領域でのデータ活用にはさまざまな方法がありますが、コミュニケーションは情報の宝庫。情報を分析することで、さまざまな施策に生かすことができます。ただし、注意しなければいけないのは、情報を取得・分析する際にしっかりと従業員に説明し、許可を得てから活用する必要があること。そうしなければ、どんなデータを取られているのか従業員が疑心暗鬼になり、かえってモチベーションの低下につながりかねません。

また、分析によってわかるのは、あくまで「傾向」です。離職者と似た傾向があるからといって、必ずしもその従業員が離職してしまうわけではありません。一指標として参考にし、対策に活用することが望まれます。とはいえ、これまで見えなかったものを明らかにするHRテクノロジーは、人事を大きく変える可能性を持っていることは間違いありません。人事担当者には、こうした技術をうまく利用し、自社の成長に寄与することが求められます。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

データドリブン(data driven)
「データドリブン」(data driven)とは、ビジネスなどにおいて得られたさまざまなデータを総合的に分析し、意思決定の判断材料として役立てることをいいます。特にビッグデータを活用し、データによって現状を正しく可視化することで課題解決に結びつける考え方です。近年、データ分析技術が進歩する中で、マー...
データリテラシー
「データリテラシー」(Data Literacy)は、直訳すれば「データの読み書き能力」を意味します。しかし、現代では「リテラシー」は「読み書きができる、教養のある」 という意味から派生し、「情報や知識の活用能力」という意味で使われることが多く、「データリテラシー」も「データの活用能力」といった意味...
ビッグデータ
「ビッグデータ」(Big Data)とは、数百テラ(1兆)バイトからペタ(1,000兆)バイト級の膨大なデジタルデータの集積のことです。ビッグデータには文字、数字、図表、画像、音声、動画など、さまざまなタイプのデータが含まれます。従来、こうした大容量データは取り扱い自体が困難でしたが、データ管理テク...

関連する記事

今後最も活用したいデータは「評価情報」、活用する上で留意する点は「目的の明確化」
人事担当者に人事のデータ活用について聞いたところ、今後最も活用したいデータは「評価情報」、活用する上で留意する点は「目的の明確化」であることがわかった。
2019/12/02掲載人事白書 調査レポート
「採用」「労務・給与・人件費」以外の分野では、人事部門はデータ分析に取り組めていない
全国4,036社の人事実態調査『人事白書2016』レポート。近年、HRテクノロジー、とりわけデータによる分析(アナリティクス)の重要性が高まっている。そうした中、人事におけるさまざまな領域で、データがどのように分析・活用されているのかを聞いたところ、「採用」と...
2016/07/20掲載人事白書 調査レポート
HRテクノロジーを「採用」や「業務効率化」で活用している企業が昨年から倍増
採用におけるHRテクノロジー活用の割合は、「活用している・成果あり」(23.2%)、「活用している・成果なし」(9.1%)を合わせて32.3%という結果となった。昨年は15.1%だったので、この1年間で約2倍に増加したことになる。また、業務効率化における活用は...
2019/07/08掲載人事白書 調査レポート

関連するQ&A

適正人員の分析
適正人員数をデータにより客観的に分析したいと考えていますが、その方法、算式等に関する書籍をご教示頂きたくお願いします。
適正人員数他人事関連の分析に関する書籍
適正人員数他人事関連をデータにより客観的に分析したいと考えていますが、その方法、算式等に関する書籍をご教示頂き度、お願いします。
人事分析について
組織を決める上で、必要な情報を教えてください。 例えば年齢別人数表や年齢別売上、 そこに絡めて売上とか…。 どうぞよろしくお願いいたします。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


管理職1年生日記 (第3回)

管理職1年生日記 (第3回)

ほとんどの会社では、新任管理職を対象とした「管理職研修」を行っているこ...


大前提はノーマライゼーション<br />
障がい者を含め多様な人材が活躍できる環境づくりに取り組む

大前提はノーマライゼーション
障がい者を含め多様な人材が活躍できる環境づくりに取り組む

2018年4月1日に施行された「改正障害者雇用促進法」で、法定雇用率の...