人事辞典 掲載日:2018/12/27

【ヨミ】ティーグループ Tグループ

「Tグループ」とは「トレーニンググループ」の略で、自己理解や他者理解、リーダーシップといった人間関係に関する気付きを得るための学習方法です。心理学者のクルト・レヴィンらが1946年に米国コネチカット州で、教育関係者やソーシャルワーカーなどを集めて、人種間の差別撤廃に向けたワークショップを行ったことが起源とされています。Tグループのワークショップは、1グループ10人程度に分かれ、郊外の研修施設などで1週間ほど生活を共にする合宿の形式をとります。その中で生じる心の動きを読み取り、他者と関わり合う中で、人間関係や自分自身のあり方などへの気付きや学びを得ることが目的です。

Tグループのケーススタディ

“今ここ”の自他の関わりを感じるための合宿研修

「Tグループ」のワークショップには、あらかじめ定められたテーマや、ファシリテーターからの指示がありません。参加者は自分たちで自由にテーマを決め、対話を行います。そのため、一般的に企業で行われる研修と比較すると、抽象度が高いと感じる方が多いかもしれません。しかし、この「テーマを定めない」ことこそ、Tグループのワークショップの特徴であり、気付きや学びにつながるポイントなのです。

Tグループでの研修は、決まったテーマをもとに“与えられる”タイプの学習ではありません。メインコンテンツとなるセッションでは、まず10人程度のグループが円になり、「今、ここ」での互いの心の状態を言語化していきます。ファシリテーターからは、「あらかじめ決まった話題はありません。みなさん自由にこの時間を使ってください」「ここで話された内容は、この部屋の外では話さないでください」といった注意が伝えられます。セッションは一時間から一時間半程度。セッションが終わった後には毎回振り返りを行い、グループの空気感と自分とのコミュニケーションを確かめていきます。これを合宿の期間中に十数回繰り返すのが、プログラムの大まかな流れです。

はじめは互いに探りあうような状態でも、複数回セッションを重ねるうち、メンバー同士の関係性が生まれていきます。別のメンバーでは再現できない他者との関わりを感じることで、自他の存在、人間関係のあり方、主体的な生き方を言語化し、人間的な成長を目指すことが、Tグループのプログラム全体を通した狙いです。

もともとTグループは感受性訓練に由来するもので、福祉職や管理職のためのリーダーシップ育成プログラムとして使われていました。人との関わり合いを学ぶ場となることから、今では、教師や講師、コーチ、ファシリテーター、カウンセラーといった対人関係にまつわる仕事をしている人にも利用されています。職場における自身のあり方、関わり方への発見にもつながるとして、注目されるプログラムです。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連するキーワード