企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ナレッジワーカー ナレッジワーカー

「ナレッジワーカー(knowledge worker)」とは、自らの知識によって企業や社会に貢献する労働者のことを指します。オーストリアの経済学者ピーター・ドラッカーによって提唱された概念で、労働力に基づいた価値ではなく、社会的な影響や貢献度などが価値となる点が特徴です。製造業などに従事する単純労働と対立する概念でもあり、高度経済成長期の日本のような有形商材を扱っていた時代から、テクノロジーの躍進によって知的な無形サービスへのシフトしていく中で、ナレッジワーカーとしての働き方が求められるようになりました。
(2018/12/17掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ナレッジワーカーのケーススタディ

高度な知識をどう処理するか、
ナレッジワーカーに必要な労働の「質」

労働スタイルを表す言葉に「ホワイトカラー」と「ブルーカラー」があります。それでは、「ナレッジワーカー」は「ホワイトカラー」と同義かというと、その限りではありません。「ナレッジワーカー」の対にあたるものは「マニュアルワーカー」と呼ばれ、その名の通りマニュアルに沿った仕事を行う労働者を表します。例えば、決められた作業のみを行う一般事務などは、「ホワイトカラー」であり「マニュアルワーカー」に分類されるのです。

ナレッジワーカーの概念を説明する前に、「知識」と「知恵」の違いにも触れておきましょう。知識とは、あるものごとについて知っていること。それに対して知恵は、ものごとの道理を理解し、データを適切に処理することをいいます。つまり、知識や経験を臨機応変に活用していける能力を知恵と呼ぶのです。これはよく料理にも例えられ、食材という素材が知識だとすれば、知恵は料理法だといえます。知識のない知恵も、知恵のない知識も、ビジネスにおいてはあまり価値があるとはいえません。知識と知恵の両輪がそろっていることで、互いの価値を発揮できるのです。

それを踏まえると、ナレッジワーカーは「高度で専門的な知識」と「十分な経験から生まれる知恵」を持ち合わせている人のことといえます。企業にとって知的資本を新しく生み出すためには、どんな知識を得て、何と何を掛け合わせるかという、まさに料理のような能力が必要です。

ナレッジワーカーは学習意欲が高く、他の分野にも広く関心をもつことを惜しみません。また、自身が働く目的や価値観、達成感を重視するという特徴もあります。40年以上も前にドラッカーが著書の中で予見していた通り、労働の「量」より「質」が求められるようになった現代において、ナレッジワーカーは今後ますます企業にとって欠かせない存在となっていくでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

ナレッジマネジメント
企業の知識資産を全社的に管理・共有し、新たな意思決定や行動に生かす経営手法のことで、「知識管理」「知識経営」とも訳されます。社内外の情報や社員の経験・ノウハウなどを集積、共有化し、新しい知識の創造を促します。
経験学習
人は実際の経験を通し、それを省察することでより深く学べるという考え方を、人材育成の領域では「経験学習」と呼びます。組織行動学者のデービッド・コルブはこうした学びを、体系化・汎用化された知識を受動的に習い覚える知識付与型の学習やトレーニングと区別し、「経験→省察→概念化→実践」という4段階の学習サイ...
人材市場価値
個々の会社員について、仕事の内容、能力、本人の性格特性などから、現在の人材市場での年収相場はいくらかを示したものです。雇用流動化の時代、転職希望者の増加につれ、市場価値を算定するサービスが広まっています。

関連する記事

企業の時短はどこまで進んだ?休日は増えた?「労働時間」と「休日日数」の最新実態
主要企業と中堅・中小企業の2004年度の労働時間と休日について、労務行政研究所の調査結果をもとに探ってみます。
2005/03/28掲載人事・労務実態調査
これからのビジネスに欠かせない「経済知力」とは?
変化のスピードが速い現代において、過去の“経験則”だけでは通用しないのがビジネスの難しいところ。そのため、数多い知識・情報の中から、本当に有用なコンテンツを見極め、活用していく能力が必要になる。
2009/05/28掲載注目の記事

関連するキーワード

『日本の人事部』注目のセミナー特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

【ご案内】東京テレワーク推進センター

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ


新春!2019年注目のダウンロード特集

今『日本の人事部』が注目するサービス・調査データ・事例など、業務で役立つ資料をご紹介します。
貴社の課題解決のヒントに、ご活用ください!



『日本の人事部』注目のセミナー特集

新たな人事ソリューション導入を検討されている企業様向けに『日本の人事部』が厳選したセミナーをご紹介


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「人のための組織づくり」への発想の転換<br />
今、企業社会のあり方が問い直されている

「人のための組織づくり」への発想の転換
今、企業社会のあり方が問い直されている

じっくり話しあって採用したはずの新入社員が「未来が見えない」といって早...


帝人が実施した「睡眠力向上」のための実証実験結果を公開<br />
~実験結果から見えてきた企業の「休み方改革」とは~

帝人が実施した「睡眠力向上」のための実証実験結果を公開
~実験結果から見えてきた企業の「休み方改革」とは~

働き方改革と相まって話題になっている「健康経営」ですが、従業員の健康を...