企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ


事業カテゴリ:
人材育成・研修
人材アセスメント・サーベイ
給与計算・代行

躍動感溢れる未来を創造する株式会社アクティブアンドカンパニー

カブシキガイシャアクティブアンドカンパニー

http://www.aand.co.jp

〒102-0074 東京都千代田区九段南3-8-11飛栄九段ビル5階
対応エリア:全国、代表者名:大野 順也、従業員数:50名、資本金:30,490万円(資本準備金含む)

育成・研修 問題解決力育成プログラム(ソリューションプランニング)

問題解決につながる課題を明らかにし、解決策の策定・選択を行う手法を身に付けます。

解決できる課題:管理職層の能力開発現場の業務効率化

このサービスのポイント

合理的な意思決定手法が身に付く
問題発見から問題解決に至るまでの基本的な流れとその手法の理解、最善となる解決策を策定するための論理的な手法、合理的な意思決定手法を身に付けることができます。
実践場面で有用な問題解決手法が習得できる
問題解決手法を習得し、実践場面で活用することによって、営業活動や業務改善活動などにおける重要なポイントとなる納得性や説得性が向上します。

サービスDATA

対象企業規模 すべての企業規模
対応エリア 全国
費用 本サービスの価格は、別サービス『アクティベーションカレッジ』の料金に基づきます。
詳細はお問い合わせ下さい。

【参考:アクティベーションカレッジ価格】
年間プラン(1開催当り3名迄)(※):900,000 円/年(税抜)
半年プラン(1開催当り3名迄)   :540,000 円/半年(税抜)
・入会金: 50,000円/初年度のみ ・年間利用人数制限なし
・支払方法: 月額/一括 別途応談
導入社数 導入社数非公開
対象階層中堅社員管理職
対象職種全職種
テーマロジカルシンキング・課題解決
サービス形態貴社での集合研修[ワークショップ]
期間・回数・時間研修日程:1~3日間
対象人数適正人数:15~30名

サービス詳細

問題解決力育成プログラム(ソリューションプランニング)の目的

営業活動や業務改善活動等における納得性や説得性の有無は、それらがどのような流れで行われているかが、重要なポイントになります。つまり、物事や取り組みを検討するには基本的な流れがあり、その基本の流れを学び実践することで、納得性や説得性が格段に向上します。本プログラムでは、基本の流れを4つの要素(「現状把握」「問題整理」「課題認識」「解決策策定」)に分類し、それぞれの要素におけるポイントや手法を学ぶことを目的としています。本プログラムでは、問題解決に必要なステップを4つに分類し、整理手法、発想法やフレームワーク等を用いて研修を行います。

問題解決力育成プログラム(ソリューションプランニング)の概要

問題解決を行うステップを4つに分類し、問題解決を行うための基本的な流れを理解します。また、問題点を明らかにする手法を学ぶと同時に、問題点に基づいた課題を形成する方法を身に付けます。さらに、課題の達成につながる解決策を策定し、策定した解決策を合理的に選択・意思決定する手法を習得します。

問題解決力育成プログラム(ソリューションプランニング)のカリキュラム(概要)

 

本プログラムでは、問題が発生した時点から解決に導くまでのプロセスを、『ファクトファインディング』、『問題分析・課題抽出』、『解決策策定』、『解決策の選定』の4つのステップに分けて学んでいきます。

・ファクトファインディング
まず、現状を把握して事実を明確にします。潜在している問題を顕在化させる、問題解決に至るための初期段階です。

・問題分析と課題抽出
次に、考えられる問題点を洗い出し、整理・分析していくことで、本質的な問題を導き出します。導き出された本質的な問題の解決につながる課題を抽出します。

・解決策策定
抽出した課題を解決するための解決策を策定します。

・解決策の選定
策定された解決策から論理的な判断で最善策を選定し、合理的な意思決定へと結びつけます。

本プログラムでは上記の4つのステップについて、それぞれの要素やポイント、手法などを体系的に学習します。さらに、整理手法や発想法、フレームワークといった多様な手法を研修に取り入れており、ビジネスシーンで有用な問題解決手法を習得することを主眼においた研修設計を行っています。
問題解決手法を習得し、実践場面で活用することによって、営業活動や業務改善活動などにおける重要なポイントとなる納得性や説得性が向上します。

問題解決力育成プログラム(ソリューションプランニング)で期待できる効果

本プログラムを通して、問題発見から問題解決に至るまでの基本的な流れとその手法の理解、最善となる解決策を策定するための論理的な手法、合理的な意思決定手法を身に付けることができます。 問題解決に至る基本的な流れを学び実践することによって、意思決定を必要とする場面において、論理的に行うことが可能になります。ひいては、営業活動や業務改善活動などの様々なビジネスシーンにおいて、効率性や合理性の向上が期待できます。

カリキュラム

カリキュラム(概要)
日程・トピックス 内容
ファクトファインディング
まず、現状を把握して事実を明確にします。潜在している問題を顕在化させる、問題解決に至るための初期段階です。
問題分析と課題抽出
次に、考えられる問題点を洗い出し、整理・分析していくことで、本質的な問題を導き出します。導き出された本質的な問題の解決につながる課題を抽出します。
解決策策定
抽出した課題を解決するための解決策を策定します。
解決策の選定
策定された解決策から論理的な判断で最善策を選定し、合理的な意思決定へと結びつけます。

導入実績

導入社数 導入社数非公開
受講者の声

・頭で考え自分自身の言葉で表現する事が苦手だったが、この研修を受けて流れと考え方が整理されました。
・問題と課題に違いがある事を初めて知りました。明日からの仕事で活かせるように復習したいと思います。
・「論拠立てる」と言うことの重要性と方法を理解する事ができました。私は事務職ですが、日々の
 仕事に活かせる内容だと思います。ありがとうございました。