無料会員登録

会員登録すると検討フォルダがご利用いただけます。 日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ
  • 業務ソフト・ASP・システム開発
  • 給与計算・代行

給与計算業務アウトソーシングの新しい市場を開拓しソフトインフラとしての普及定着を図ります株式会社ペイロール

カブシキガイシャペイロール

給与計算・給与計算代行 【受託実績No,1】大手企業に強い給与計算業務のアウトソーシング

◆業界No.1の受託実績人数
◆システム+人が担う業務まで対応
◆給与計算業務だけでなく「周辺業務」までカバー

【受託実績No,1】大手企業に強い給与計算業務のアウトソーシング_画像

このサービスのポイント

1
給与計算のお悩みを解決します
大手企業の給与計算業務を受託。お客様それぞれの特性に留意しながら確実かつ迅速に業務を遂行し、あらゆるケースに対応できるノウハウを身につけています。
2
従業員様との直接対応が大きな特徴です
給与計算だけでなく従業員からの問合せ対応等もお預かり可能。給与システムが行う仕事に留まらず人が担う複雑な業務もサポートするため、人事部の業務負担を大幅に削減。
3
安心・確実なサービスを提供します
プライバシーマーク及びISMSの認証取得、SSAE16及びISAE3402に準拠したType2報告書など資格・認定を取得し、常にサービスの質を向上させています。

サービスDATA

対象企業規模 1000人以上
対応エリア 全国
費用 規模・サービス内容に応じて異なるため、ヒアリング後にご提示いたします。
システム費用や人件費の現状比較を実施し、ご提案いたします。

【参考】従業員数1,000名規模  年間1,500万円~(サービス範囲によって変動)
毎月の給与計算、賞与計算、給与明細発行、地方税特別徴収改定業務、年末調整業務(従業員から直接扶養控除回収やお問合せコールセンター付)、各種申請の従業員窓口対応まで。
導入社数 約98万253社 ※2020年3月期実績
サービス形態代行・アウトソーシングコンサルティング

サービス詳細

給与計算業務で一番大変な
人の手がかかる部分まで、一括でペイロールにお任せ!

給与計算業務でもっとも工数がかかるのは、従業員からの問合せ対応、書類の回収・督促、各種機関への届出などの「窓口業務」といわれています。これらの業務は、従業員数に比例して仕事の量が増加します。また、従業員にとって生活に直結する事ですので当然後回しにすることもできません。

ペイロールのフルスコープ型アウトソーシングサービスは、この「人にしかできない業務」までトータルに実施することができるのが特長です。給与計算業務でボトルネックとなる工程をアウトソースすることで、人事部の業務削減効果を大幅にアップすることが可能です。
ノンコア業務を効率化し、コアビジネスに資本と人材を集中できる好環境を生み出す、その一助として我々ペイロールが給与業務を全面サポートします。


ワンストップ型のアウトソーシングサービス

1. 業界No.1の受託実績 

ペイロールは給与計算業務アウトソーシングサービスを長きにわたり提供してきました。導入企業は年々着実に増え、現在253社・98万人(2020年3月末)もの従業員の給与計算業務を処理しています。

計算処理のスピード・正確さはもちろん、サービス範囲の広さ、付帯業務への対応、運用における信頼性など、独自のノウハウを培いながら、実績を積み重ね、評価を得てきました。

2. お客様の業務改善を実現 
-ひとつ先を行くプロフェッショナルサービス-

企業の管理部門にとって、業務効率の向上は大きな課題。
ペイロールのフルスコープ型アウトソーシングは、社内で行っていた業務をそのまま実施するだけでなく、このような課題に対し、業務改善(BPR)=ビジネス・プロセス・リエンジニアリングが提供できることが大きな特長です。
お客様からは見え辛い課題も抽出し、内容・質ともにひとつ先を行くサービスを提供・開発しています。


 

3. 給与業務のほぼ100%をカバー 
-従業員様・拠点とのやり取りも直接対応-

給与計算業務でシステムがカバーできる業務は約40%。「書類の確認」「問合せ対応」「書類の受発送」など、人にしかできない業務は、全体の60%を占めるといわれています。
ペイロールのフルスコープ型アウトソーシングは、入退社手続き・休復職連絡・書類回収・督促・各種問い合わせ対応など、「人にしかできない業務」までお預かりできることが強みです。システムが行う仕事に留まらず、人が担う複雑な仕事もサポートするため、お客様の業務負荷を大幅に軽減することが可能です。


 

4. 業界トップレベルの安全性 
-確実・安全を約束するSLA-

2010年、国内ベンダーとして初めて全てのお客様とのSLA(サービス・レベル・アグリーメント)締結を発表。。
プライバシーマーク及びISMSの認証取得、SSAE16及びISAE3402に準拠したType2報告書、BCPなど資格・認定・新制度も積極的に取得。業界トップレベルの安全性のもと、安心・確実なサービスを提供しています。

導入実績

導入社数 約 98万253社 ※2020年 3月 期実績
導入事例の
ダウンロード資料
  • 特別資料 【電通デジタル様 インタビューレポート】
  • 特別資料【東急ハンズ様インタビューレポート】
  • 株式会社東急ハンズ様

    ★資料DLページに詳しい内容が掲載されています、是非ご覧ください!

    【イントロダクション】
    株式会社東急ハンズ様は、国内外に多数の店舗を展開する総合専門小売店です。同社は、2015年より年末調整補助サービスをペイロールに委託、そして2017年からは給与計算業務全体のアウトソーシングを導入しました。その背景には、全国に多くの店舗を展開し、さまざまな働き方の従業員を抱える東急ハンズ様ならではの課題があったそうです。

    ◆導入前の課題
    膨大な知識が必要な給与計算業務を覚えるにはとても時間がかかるため、理想的なジョブローテーションができなくなっていた。年末調整やマイナンバーの取り扱いなど、社内で属人的に対応することに限界を感じていた。

    ◆選定の決め手
    まずはペイロールの年末調整補助サービスの導入からはじめたが、検討時より将来的に給与計算のアウトソーシングを視野に入れていた。一元的なサービスを提供する会社であり、自社の複雑な制度に柔軟に対応できることが決め手となった。

    ◆導入効果
    社員1名と契約社員3名分の業務を大幅に削減したが、それでも以前と同様で問題は生じなかった。業務が削減された分、人事制度改革や福利厚生など、重要業務にフォーカスできるようになってきた。


     

     

    よく寄せられる質問

    他のアウトソーサーとの最大の違いは何ですか?
    給与業務では、計算前の情報回収、計算後の明細配布や問い合わせなど、給与計算の前後で行われる“従業員対応”が大切ですが、人が行わなければならない業務のため多大な労力がかかります。そういった人が行っている給与計算に付随した業務もアウトソーシングできるのが、ペイロールの特徴です。

    また、給与計算に付随した業務を大量処理しているのも、大きな特徴です。
    年末調整時期には、扶養控除申告書等の申請書記載依頼を数十万名の従業員へ直接ご連絡します。
    その後のお電話対応など、すべて従業員と直接実施できる「しくみ」を整えています。

    ”従業員対応”をシステム化した「しくみ」をぜひ、体験いただければと思います!
    導入後の改善提案を定期的に実施してくれるのか?
    ペイロールでは、導入後のお客様に向けて毎月定例報告を実施します。
    あらかじめSLA(サービスレベルアグリーメント)を締結し、サービスレベルを数値化しているため、結果が明確に見えるレポートを定期的に提出します。
    また、実際に運用するからこそわかる、さらなる運用改善の提案も行います。一度、導入して終了ではなく、より良い体制を構築していきます。

    サービス資料を無料ダウンロード

    このサービスがより理解できるセミナー

    関係する資料をダウンロード