無料会員登録

会員登録すると検討フォルダがご利用いただけます。 日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ
  • 人材育成・研修

マーキュリッチ株式会社

マーキュリッチカブシキガイシャ

育成・研修 リモート・マネジメント研修

17年間「リモートワーク下のマネジメント」を実践してきた経験から編み出したノウハウを凝縮したプログラム

リモート・マネジメント研修_画像

このサービスのポイント

1
実証済みのリモートマネジメント手法
このプログラムの開発者兼講師である代表の西野はリモートでのマネジメントを17年間行った実績があり、研修内容は具体的に使用できる手法が盛り込まれています
2
「管理しないマネジメント」を習得する
「自立・自走・自燃を引き出すマネジメント」という新しいコンセプトを学ぶことで、意識変革・行動変革を図っていくことができます。
3
演習が多数盛り込まれた実務的なプログラム
演習を多く取入れ、実務的なマネジメントを習得。加えて分析、フィードバックを通じてマネジメント経験レベルやそれぞれの状況にあった、学び・気づきを得る事ができます。

サービスDATA

対象企業規模 すべての企業規模
対応エリア 全国
費用 45万円~
導入社数 導入社数非公開
対象階層中堅社員管理職
対象職種全職種
テーママネジメントチームビルディング
サービス形態eラーニング・学習支援システム貴社での集合研修[テスト&フィードバック・ワークショップ・講義]
期間・回数・時間2日間コース(7時間×2日)が基本ですが、1日コースや半日で複数回に分けて開催する事も可能です。
対象人数原則20名まで

サービス詳細

リモートで行うマネジメントの特徴を理解し、メンバーのセルフマネジメントを促す

これまでマネジメントは「管理」と表現されるように、「1人1人のメンバーの行動を逐一チェックし、是正し、ときには自ら手を下す」ことが主だった方法でした。

しかし、リモートワーク環境下では、旧態依然の「管理」を行うことは現実的に不可能です。

また、どうマネジメントしていいか分からないからといって、「放任」してはマネジメント本来の目的である成果と成長を導くことは難しいでしょう。

▼解決の方向性
リモートワークにおいてマネジメントを機能させるには、マネジャーがメンバーと組織の「自立・自燃・自走」を引き出す役割へと変容する必要があります。

▼「自立・自燃・自走」とは?
自立・自燃・自走とは、メンバーが上司の指示を待つだけでなく、自らゴールを設定し、自らハートに火をつけ、成果に導いていく状態のことを指します。

これはメンバーに「任せたよ」と言っただけでは当然ながら実現しません。マネジャーが前提となる条件を作りあげ、整えていく事が非常に重要になっていきます。

いわばこの組織運営の素地にあたる環境作りが、マネジャーとしての仕事であり、力を注いでいく箇所になります。

▼「自立・自燃・自走」を引き出すための3大条件
「自立・自燃・自走」を引き出すための条件は大きく3つあります。

1.「上司-部下の信頼関係が築けている」こと
2.「部下が自発的に行動し、自主性を良しとする風土」が用意されていること
3.「基準をもとに考え行動し、個人の特性ではなく仕組みで仕事を回す」こと

これら3つが整うことで、メンバーは「自立・自燃・自走」の状態に近づく事ができます。

カリキュラム

日程・トピックス 内容
プログラム内容:イントロダクション
・リモート・マネジメントにおけるありがちなNG
・核心的原因は、現行の「管理」ベースのマネジメント
・究極的な唯一の解決方針
・「リモートマネジメント」2つのキーワード: 「自己効力感」と「自己成長感」
・【演習】自分自身のリモートマネジメントの課題を考える
プログラム内容(Be )
「部下との信頼関係」を見直すとともに、リモート・マネジメントを効果的に行う為の基準を明確化する
・リモート時代における「Be(あり方)」を見直す
・「あの件、どうなっている?」と聞いている時点で、リモートマネジメントは失敗
・土台となる2大要素:信頼関係・部下理解
・部下理解を深めるミニテクニック集
・【演習】部下との信頼度は何点?(自分目線・相手目線)
・リモート時代に必須の「基準(ポリシー)」とは?
・【演習】自チームの適切な「基準(ポリシー)」を作成する
・基準を用いた「Good & Newタイム」で様子が掴める
・オンラインランチ会を活用するコツ
プログラム内容(Plan)
リモート・マネジメントにおける「計画化」・「割り当て」・「アサイン」のコツを学ぶ
・戦略的に「半雑談タイム」を作るためのマトリクス
・【演習】マトリクスを用いて、半雑談タイムをどう作るかのアイデア出し
・「会議10分前・報連相タイム」を組み込む
・今の忙しさを把握する方法 : 「2×2」の質問
・今こそ、チームの業務一覧表を全員で作成する
・部下育成計画は、本人に作らせること
・リモートで仕事をアサインする「Why-What-How」のコツ
・【演習】あるタスクの「Why」を作成、最適化する
プログラム内容(Do)
リモートマネジメントでの「仕事の遂行」と「部下の指導育成」のコツを学ぶ
電話、メール、チャットの使い分け方
・【演習】あなたは、上記3つをどう使い分けているか?
・部下の自立を促す「報告」の受け方
・リモートだからこそ「3割報告」のしくみ化を
・リモート時代のコーチングとカウンセリング
・2ステップで、「1on1ミーティング」を定着化する
・「1on1ミーティング」のフォーマット
・オンラインコミュニケーションのコツ
・【演習】オンラインでの「1on1ミーティング」のロールプレイ
・状況ヒアリングで必要な「仮説力」
・【演習】あるメンバーの状況に関して、3ステップ法で仮説を立ててみる
プログラム内容(Check & Adjust )
仕組み化(仕事)とフィードバック(人)を上手く活用して、リモート環境でもマネジメントが機能する体制を作る
・リモート時代は、「C&A」の重要性が倍増する
・「業務遂行」と「仕組化」の両立のコツ
・褒める際は、チャットと第三者効果を活用する
・注意する際の留意点とコツ
・【演習】あなたが「注意する」際に気を付けていること
・基準を用いた「Good&Newタイム」は、評価に活用できる
・相互フィードバックはリモート時代に欠かせない
・【演習】相互フィードバックのロールプレイ
・「仕事の工夫」自慢大会は一石三鳥

サービス資料を無料ダウンロード