企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ


事業カテゴリ:
人材育成・研修

マーキュリッチ株式会社

https://www.mercurich.com/

〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-21ちよだプラットフォームスクウェア
対応エリア:全国、海外、代表者名:西野 浩輝、従業員数:4名

他者を巻き込みながら成果につなげていく力を身につける。研修をビジネス人生のターニングポイントにします。

ニューコンセプト「主導力」を通じ、御社人材のプロフェッショナル化をサポートします。
主導力とは、自分を律し、所属や権限、経歴に関わらず、他者を巻き込みながら成果につなげていく力。今全ての社員にも求められている力です。

マーキュリッチは、コミュニケーションを中心としたスキル研修を行う会社です。

本当に受講者の役にたつために、つまり受講者が「研修後、職場で活躍し続けてもらう」ために、必要な研修とは何か。

そう考え続けた結果、「講義の質の高さ」や「演習の多さ」などによる「研修時間中のスキル向上」では足りないと考えました。

そしてたどり着いた結論は、「研修を“ターニングポイント”にスキルを伸ばし続けられる」ことに本当の価値がある、ということ。

この“ターニングポイント”の実現のために下記の3種の神器を研修にとりいれています。

■成長感~「知っている」から「やれそう・やりたい」へ

成長感とは「成長実感」と「更なる成長期待」をあわせ持つ言葉です。
研修中に「自分は伸びた」という実感が持てればそれが自信となり、自分はやれそうな感じがしてくる。そして「正しいやり方で努力すれば更に自分は伸びる」という期待が持てる。だからこそ、自分の成長のため行動に起こしたくなるのです。

■実践ツール~「やれそう・やりたい」から「実践できる」へ

研修で学んだことが実務で使われにくいのは、現場での使い方がわからないから。
理論・メソッドが現場で活用しやすい方法論・ツールにまで落とし込まれていることではじめて、研修内容が仕事の現場で活かされるのです。そしてメソッドが活用されるなかで、量稽古を通じて身についていくのです。

■フィードバック眼~「実践できる」から「日々の成長」へ

日々の実践が「ただの繰り返し」になるか「蓄積」になるかを分けるのがフィードバック眼です。自分の良い点・改善点を見つめ直すことができる目。他者から学び取ることができる目。
実践で得たものを、学んだことに照らし合わせて自分に取り入れるための分析眼が、日々伸びていくための最も重要なキーになります。



「人は変われる」
多くのビジネスパーソンの指導を通じていつも持つ実感が、この言葉です。

たった2日で大変身を遂げた受講者はこう言ってくれました。
「素晴らしい研修でした。もう少し早くこのような研修に参加できていれば、もっと会社生活が変わっていたかもしれません」

より多くの人のビジネス人生を変えるターニングポイントを、今日も作っていきます。

詳細情報

社名 マーキュリッチ株式会社
所在地 〒101-0054  東京都千代田区神田錦町3-21ちよだプラットフォームスクウェア
事業内容  
事業区分 人材育成・研修
代表者名 西野 浩輝
従業員数 4名
資本金  
設立 2003年5月
お問合せ先 0364782082
URL https://www.mercurich.com/