企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ


HRカンファレンス2019 -秋-[東京] 参画企業
事業カテゴリ:
人材紹介・再就職支援
その他
採用コンサルティング・採用アウトソーシング

関わるすべての人に働く喜びを株式会社スタートライン

カブシキガイシャスタートライン

https://start-line.jp/

〒181-0012 東京都三鷹市上連雀1-12-17三鷹ビジネスパーク1号館3F
対応エリア:全国、代表者名:西村賢治、従業員数:155名、資本金:1億円

障がい者採用 【障がい者雇用】企業向けカスタマイズ研修サービス

完全オリジナル・カスタマイズ性に富んだ”障がい者雇用”に関する研修で、貴社のあらゆる課題を解決します。

解決できる課題:健康管理・メンタルヘルス対策ダイバーシティ&インクルージョン推進離職率低下・リテンション
ストレスチェック チームビルディング コスト削減 ダイレクトリクルーティング

このサービスのポイント

行動分析を活用した当社のノウハウが凝縮!
研修により、企業の安定的な障がい者雇用の実現(当社サポートによる1年間定着率、実績80%超)と、障がい者の方が長期的に働ける状態を作り出せるよう支援します。
フルカスタマイズ可能な研修ラインナップ!
大手企業をはじめ、多くの企業に導入実績あり。
様々な企業に研修を実施して培ったノウハウとスキルが豊富で、目的に応じて自由にプログラムを作成することできます。
サテライトオフィスの事前導入研修も可能!
サテライトオフィス、IBUKI導入に伴う事前の導入研修も可能。
受け入れ・定着まで一貫したサポート体制で、弊社サービスの導入を検討される企業も安心です。

サービスDATA

対象企業規模 すべての企業規模
対応エリア 全国
費用 詳細につきましては、お問い合わせください。

※スタートラインは、大企業をはじめ日々150社以上/約900名の”障がい者雇用(障害者雇用/障碍者雇用)”を支援しています。
導入社数 導入社数非公開

サービス詳細

障がい者雇用に必要な研修を完全網羅!

企業における障がい者雇用では、大きく2つの課題があります。

ひとつは、採用前の課題。障がい者を雇用したことがない企業は、社内にそもそも障がい者雇用をするという土壌がないことに直面します。

もうひとつは、採用後の課題です。採用しても管理者の障がい者雇用における知識不足や、フォロー体制が不十分という理由で早期退職してしまうケースもあります。

こうした課題は、フェーズごとに異なるため、それぞれのタイミングで適切に対処していく力とノウハウが必要です。

スタートラインは、数多くの企業を支援していく中で、フェーズごとに起こりうる課題を独自に分析・分類。
そして、どのような課題に直面しても適切に対処するための知識とノウハウを学べる研修を開発いたしました。

完全オリジナルで、カスタマイズ性に富んだ研修で、貴社のあらゆる課題を解決いたします。


【主な研修メニュー】

▼障がい者雇用関連法
①障がい者雇用の関連法令と制度
②障がい者差別・虐待と合理的配慮
③障がい者雇用支援とマーケット

▼企業経営と障がい者雇用
④障がい者雇用とダイバーシティ
⑤障がい者雇用とリスクマネジメント
⑥障がい者雇用における人事戦略、人事制度
⑦障がい者雇用における助成金申請方法と手順

▼障がい特性と配慮
⑧身体障がい
⑨知的障がい
⑩認知障がい(精神・発達・高次脳機能)

▼障がい特性とマネジメント
⑪適性理解とマネジメント方法

▼採用
⑫障がい者の採用方法

▼定着・雇用管理
⑬面談技法(マイクロカウンセリング)
⑭応用行動分析の基礎
⑮応用行動分析応用スキル
⑯セルフマネジメント技法
⑰コミュニケーション指導技法
⑱課題分析

▼就労移行期の職場訓練
⑲EIT研修(エイト研修)※Employability Improvement Training

▼就労中における課題解決トレーニング(企業向け定着支援)
⑳自己理解のための情報整理(SAPLI(サプリ))
㉑体調管理方法
㉒メンタルヘルス
㉓作業遂行力評価・休憩と疲労のセルフマネジメント


 

導入実績

導入社数 導入社数非公開
導入事例の
ダウンロード資料
  • 《障がい者雇用》定着率向上研修プログラム『EIT研修』【事例:ディノス・セシール様】.pdf
  • 事例紹介

    実際にカスタマイズ研修を実施したクライアントの事例をご紹介します。


     

    よく寄せられる質問

    「ACT」とは何ですか?
    ACT(Acceptance and commitment therapy)は、主に欧米でうつ病などの精神医療の治療や教育現場で実践されている最先端の科学的な心理療法です。
    スタートラインの「障がい者雇用研究室」は2013年以降、「ACBS World Conference」や「ACT Japan 年次ミーティング」にて、障がい者雇用支援で実践しているACTの取り組みを発表しております。
    「サテライトオフィスサービス」とは何ですか?
    スタートラインの「サテライトオフィスサービス」とは、障がい者雇用のトータルパッケージサービスです。
    具体的には、以下の支援をさせていただきます。
    ① 障がい者の方の採用を支援する「採用支援」
    ② 障がい者の方が取り組まれる業務を切り出す「職域開拓」
    ③ 採用された障がい者の方が実際に業務を行う「シェア型小規模オフィスの提供」
    ④ 企業様と一緒により良い雇用の継続をお手伝いする「雇用後の職業生活サポート」

    「サテライトオフィスサービス」を通して実現できることは、大きく3点あります。
    ●本社や主要営業所が集中する東京中心部には通勤が難しいものの、就業意欲の高い人材を採用することができます。
    ●障がい者が働きやすい職場環境を創ることができます。人と業務との適度な距離感、集中できる環境は特に精神障がいのある人にとっても過ごしやすいオフィス環境です。
    ●職域開拓におけるコンサルティングを継続して受けることができます。状況の変化に応じて柔軟に業務を見なおしたり、障がい者雇用に関する法令等外部環境の変化に関するアナウンスや、セミナーや研修など社内啓蒙活動も継続的にお手伝いしています。
    「IBUKI」とは何ですか?
    スタートラインの農園型障がい者雇用支援サービス「IBUKI」とは、障がい者の「業務不足の解消」と「安定就労」を実現する、画期的な障がい者支援サービスです。
    企業様が障がい者雇用に取り組みやすいように、就業環境や業務などをパッケージにして提供いたします。就業環境は、障がい者雇用の場として近年注目されている農業的事業に取り組むことに適しており、ハーブ類を生産・加工し、企業の福利厚生や営業活動の販促物として活用していただくことを想定しています。
    栽培した作物(ハーブ、パクチーなど約50種類が栽培可能)は、お客様のニーズに応じて、二次加工を行い食用や観賞、販促物に活用。もちろん、栽培技術や加工技術は必要ありません。当社でサポートさせていただきます。
    障がい者雇用の「場」そのものと「業務」がセットになっており、もちろん、採用や採用後の継続的なサポートも充実しております。『IBUKI』は障がい者雇用は「難しい」から「楽しい」を実現します。
    「EIT研修(エイト研修)」とは何ですか?
    Employability Improvement Trainingの略語で、障がい者が職業生活で重要となる「体調管理の方法」について学び、体験型ワークで自身の得意なことと苦手なことを理解し、自身に合った作業方法を習得できる研修です。
    「SAPLI(サプリ)」とは何ですか?
    スタートライン独自の情報整理プログラムで、働く人が様々な状況の中にあっても、安定的にお仕事を遂行できる行動や対処方法を身につけることを支援するためのアセスメントツールです。

    主に以下を整理します。
    ・現在の生活習慣/健康状態
    ・過去の学生生活/仕事
    ・日常生活の中で大切にしていること/生きがいにかんじること
    ・自身の障がい(病気)に関する情報
    ・周囲の人との関わり
    ・ストレスや疲労の感じ方/対処方法