無料会員登録

会員登録すると検討フォルダがご利用いただけます。 日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

株式会社労務行政

カブシキカイシャロウムギョウセイ

  • WEBセミナー
  • 特典あり
  • 労務・賃金
  • 福利厚生
  • その他

《労政時報セミナー(来場受講/WEB受講)》
株式報酬制度の概要と課税上のポイント
『ストックオプションやリストリクテッドストック等の意義と課税方法』【半日】

1.日本株式を用いた報酬制度に係る課税を基本から解説
2.具体的な数値例を用いたわかりやすいケーススタディ
3.非居住者に関する留意点も紹介

《労政時報セミナー(来場受講/WEB受講)》
株式報酬制度の概要と課税上のポイント
『ストックオプションやリストリクテッドストック等の意義と課税方法』【半日】
このセミナーの受付は終了しました
開催日時 2022/10/03(月) 13:00 ~ 16:00 (受付2022/10/03(月)12:45~)
受講対象 若手・中堅社員管理職人事・労務
受講費 22,000円 (支払い方法/受講される方の所属、役職、氏名を要望欄に必ずご記入ください。
お申込後、請求書と受講票をお送り致します。原則開催日の前日までにお振込みください。)
申込期限 2022/10/01(土) 12:00

セミナー概要

《労政時報セミナー(来場受講/WEB受講)》
お申し込み時に、要望・質問・備考欄に、「来場受講」または「WEB受講」のいずれかをご指定ください。なお、ご指定がない場合は、「WEB受講」として手続きさせていただきます。

 

株式報酬制度の概要と課税上のポイント
『ストックオプションやリストリクテッドストック等の意義と課税方法』【半日】セミナー
~新株予約権や譲渡制限株式, RSU等の課税の基礎概念と課税実務~

 

今や株式報酬は役職員のモチベーション向上や有能人材獲得の為に必要不可欠なものとして導入されています。一方、株式報酬は現金報酬とは異なりその課税関係が特殊であることから、税務処理の誤りや必ずしも自社にとって最適な株式報酬制度が選択されていない場合も散見されます。また、税務取扱いが整理が追いつかず未だ株式報酬の導入に踏み切れていない企業も見受けられます。本講座では代表的な株式報酬制度であるストックオプションやリストリクテッドストック、RUS等につき、株式報酬の基本的な課税の考え方、税務上の誤り易い点や留意点を分かりやすく説明します。

※WEBセミナー受講の際は、お申込み前に、必ず下記のURLをご確認のうえで、お申込みください。
 https://www.rosei.jp/seminarstore/seminar/deliveru
※来場受講の際は、株式会社労務行政セミナールーム(五反田会場)での開催となります。

 
※専門家・同業他社の受講はお断りさせていただくことがございます。
※当日は、本テーマに関する最新情報を盛り込むため、講義内容・構成に若干の追加・修正が発生する場合がございます。


<主な内容> 

1 日本におけるストックオプション課税
 1.ストックオプションに関する基本的な課税の考え方
 2.税制適格ストックオプションの特徴と留意点
 3.1円ストックオプションの特徴
 4.1円ストックオプションを退職金として導入する場合の留意点


2 日本におけるリストリクテッドストック課税
 1.リストリクテッドストックの概要
 2.事前交付型と事後交付型
 3.特定譲渡制限付株式の定義と留意点 


3 その他の株式報酬制度等
 1.ストリクテッド・ストック・ユニット、パフォーマンス・シェアとは
 2.株式交付信託とは
 3.株式報酬コストは損金算入できるのか


4 非居住者に日本の株式報酬を付与する場合の留意点
 1.海外でも日本の税制適格ストックオプションは税制優遇されるのか
 2.米国連邦税で違反とされる日本の株式報酬プランとは
 3.中国現地の役職員に日本の株式報酬を付与できるのか
 4.海外出向になった場合の留意点 

このセミナーの受付は終了しました

講師情報

EY税理士法人 
パートナー 税理士

平井 和美氏

【略歴・著書】
1987年から国際税務に携わり1991年税理士登録。アジア金融危機の際(1997~2000年)発祥地タイで日系企業の再編等を支援。現在はEY税理士法人にて、主に、戦略的な海外赴任制度の構築や株式報酬、退職年金、役員、恒久的施設問題等の国際税務コンサルティングに従事。著書『ストックオプションの設計・会計・税務』(中央経済社)、国際税務雑誌IBFD”EmployeeStockOption”寄稿等

EY税理士法人 
シニアマネージャー 公認会計士・税理士

松本 健氏

【略歴】
EY税理士法人 シニアマネージャー 公認会計士・税理士
2006年に大手税理士法人に入所。2010年から2013年まで英国で個人所得税、移民雇用法関連業務等に携わる。帰任後は大手金融機関やファンドを中心にPE課税等の国際税務コンサルティングに従事した後、現在はPE課税や二重課税、株式報酬、退職金等の税務コンサルティングに従事

詳細情報

開催日時 2022/10/03(月) 13:00 ~ 16:00 (受付2022/10/03(月)12:45~)
会場名 WEBセミナー(オンライン)
講師 平井 和美氏、松本 健氏
受講費 22,000円 (支払い方法/受講される方の所属、役職、氏名を要望欄に必ずご記入ください。
お申込後、請求書と受講票をお送り致します。原則開催日の前日までにお振込みください。)
定員 40名
特典 ※WEB受講の際は、開催日前日までに招待/資料のURLをお申込み時のメールに送付しますので、アドレスは正確に入力してください
※URLおよびIDとパスワードは他の方と共有はお断りしております
参加申込期限 2022/10/01(土) 12:00
申込後のキャンセル期限 2022/10/01(土) 12:00
受講対象 若手・中堅社員管理職人事・労務
主催 株式会社 労務行政