無料会員登録

会員登録すると検討フォルダがご利用いただけます。

日本の人事部への登録は45秒で完了!
※登録内容はマイページで確認・変更できます。

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

既に会員の方はこちら

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

障がい者雇用で貴社経営にプラスを! 新しい職場作りをしてみませんか?株式会社エスプールプラス [東証プライム市場上場 (株)エスプール子会社]

カブシキガイシャエスプールプラス

  • お役立ちツール
  • 障がい者採用

<関西エリア>障がい者雇用状況まとめ 大阪の障がい者雇用は進んでいる? 雇用状況報告書から見る今後の採用市場とは

厚生労働省は12月に、2022年の障がい者雇用状況集計結果を公表しました。
民間企業(全国)では、雇用障がい者数と実雇用率ともに、過去最大となりました。

この度、関西エリアにフォーカスした雇用状況集計結果をまとめた資料を公開します。
エリア全体の雇用状況をもとに、自社の現在地を把握しましょう。

ダウンロード資料詳細

コンプライアンス遵守やダイバーシティの推進の機運が高まり、
全国で障がい者雇用が推進されています。

実雇用率において、関東・東海・関西エリアにおける全国の実雇用率を比較してみると、
関西エリアの障がい者雇用は進んでいるのではないかと推測できます。

 <参考値(実雇用率平均)>
 関東(東京/神奈川/埼玉/千葉):2.23%
 東海(愛知/静岡/岐阜/三重) :2.32%
 関西(大阪/兵庫/京都/奈良) :2.43%

なかでも、2022年度において大阪府では、
全従業員規模別で雇用率達成企業の割合が増加するなど雇用が推進されていることがわかります。

現在の貴社の障がい者雇用の状況は、いかがでしょうか?

本資料では、同エリア・同規模の企業の状況を把握することができます。
また、統計データを見ることでわかる今後の採用市場についても言及しています。

本資料には、全国の企業規模別の実雇用率についても記載しておりますので
全国や関西エリアの状況とも比較しながら、自社の状況把握にお役立てください。

法定雇用率の引き上げが見込まれるなか、
ぜひ今後の採用について考える際の参考としてご覧くださいませ。

この会社のダウンロード資料