無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

【ヨミ】ジュキュウシカクシャソウギョウシエンジョセイキン 受給資格者創業支援助成金

失業して雇用保険をもらっている期間中に、就職することをやめて起業した場合に、一定の要件を満たせば支給される助成金です。要件は厳しいのですが、独立や起業を考えている人には大きな追い風となるかもしれません。
(2005/8/8掲載)

受給資格者創業支援助成金のケーススタディ

雇用保険の受給期間中に計画を立てて申請
中小企業基盤人材確保助成金との併給もOK

雇用保険の受給資格者が、その受給期間中に就職せずに自ら創業し、創業後1年以内に継続して雇用する労働者を雇い入れ、雇用保険の適用事業主になった場合に受給できるのが受給資格者創業支援助成金です。つまり、失業して雇用保険をもらっている期間中に独立や起業した場合に、一定の要件を満たせば支給される助成金というわけです。

この助成金の対象となる費用は、起業のための計画を作成するために要した経営コンサルタントなどの相談費用、実際に興すことになる事業に必要な知識や技能を習得するためにかかった費用、会社の設立登記などにかかった費用(登録免許税、印紙税は対象外)、事務所などの入居や改装にかかった費用、設備投資や営業権の取得費などで、第1回目の支給申請時までに支払われたものに限られます。支給額は、これらの費用の3分の1相当額で、上限200万円と定められています。

この制度を利用するためには、前の会社を退職する日までに雇用保険に5年以上加入している必要があります。通算で5年以上なので、複数の会社にまたがっていても差し支えありません。また、会社の設立登記の前日において、雇用保険の支給残日数が1日以上あることが条件で、失業保険をもらいきってしまえば失効してしまいます。

さらに、雇用保険の受給資格者が自ら出資して、設立する会社の代表者になること、そして、前述のように創業後1年以内に常雇いの従業員を雇用しなければなりません。

受給資格者創業支援助成金の申請に当たっては、もう一つの大きな壁が立ちはだかっています。それは、会社の設立登記の前日までに「法人等設立事前届」を提出する必要があることで、登記が済んでしまってからでは助成金を受給する資格がなくなるのです。「みなさん、会社をつくってから申請するものだと思い込んで、それで失敗しているんです」と、有限会社人事・労務の畑中義雄・チーフ人事コンサルタントは指摘します。

「以前は離職と同時に離職票と法人設立事前届の両方を持って行けば、『創業受給資格者』と認められるケースがあったのですが(制度の普及ということもあったようです)、今は文字通り、すでに受給資格者としての認定を受けている者しかこの助成金の対象になりませんので注意が必要です」(畑中さん)

何とも厳しい要件に見えますが、起業する意志を秘めながら退職する人の多くが、雇用保険の受給期間中にじっくり計画を立てようと考えているのが実情だとすると、あとは届け出のタイミングさえ間違わなければいいだけとも言えます。

そして、この制度には「ふつう、助成金は併給できませんが、受給資格者創業支援助成金は中小企業基盤人材確保助成金と併給ができる」(畑中さん)という、あまり知られていないメリットがあります。

雇用保険の受給期間中に起業のための計画を立て、仲間を募ってスタート時から一定規模の会社を興そうと考えているような人にとっては、この併給は最高の自立支援になるかもしれません。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連する書式・テンプレート
出向協定書

産業雇用安定助成金に対応し、在籍出向の契約を結ぶ際の出向協定書です。産業雇用安定助成金の必要事項に加え、出向において定めるのが望ましいルールを記載しています。

ダウンロード

関連するキーワード