企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ヘルスリテラシー ヘルスリテラシー

「ヘルスリテラシー」とは、健康に関する情報を入手し、理解し、効果的に活用するための個人的能力のレベルのことをいいます。健康情報を正しく取り入れるためには、知識と意欲のどちらも必要です。世の中に溢れる健康情報の中から、自分が正しいと思うものを取捨選択し意思決定をしていくことで、生涯を通してQOLを維持・向上させることができます。
(2018/4/11掲載)

ヘルスリテラシーのケーススタディ

自分にとって正しい健康情報とは?
健康経営に必要な、従業員のヘルスリテラシー

2016年秋、WEBメディア業界の信頼性を揺さぶる問題が明るみに出ました。通称、「WELQ問題」です。「WELQ」は、DeNA社が運営していた健康や医療に関する情報を集めたキュレーションサイト。記事の信ぴょう性や、著作権、記事の制作体制などが問題視され、サイトの閉鎖にまで追い込まれました。

騒動のきっかけとなった記事の内容は、「肩こりの原因は幽霊」というもの。その他にも「風邪には家系ラーメンが効く」といった情報が掲載されていました。冷静に見ると、思わず笑ってしまいそうになるほどデタラメな内容であることが分かりますが、それは一定のヘルスリテラシーがあってのこと。情報発信側、特に医療情報を扱うメディアが、情報への安全性や正確性を担保することが、当然の企業責任であることはもちろんですが、WEB検索を行う情報の受け手側にもリテラシーが必要だということを、改めて認識させられる出来事でした。

そもそもリテラシーとはどういう意味でしょうか? 英和辞典では、literacy=読み書き能力と説明されていることが多く、その後に「(特定の分野の)技能、知識、能力」と続きます。情報リテラシーという文脈の場合、膨大な情報の中から自分に合った情報を探し出し、理解し、評価し、活用するという四つの能力が必要になるのです。

健康という文脈になると、自身のおかれる環境によってはより高いレベルのリテラシーが求められます。医療の世界に100%は無く、特定の治療法や健康法においても効果を示す人と示さない人のどちらも存在するからです。そのため、「自分にとっての正解」を選び取るための取捨選択能力が必要になります。

ヘルスリテラシーにおいて大切なのは、持ち合わせている知識そのものに加え、情報を入手しようとする「意欲」や、ときには情報に対して懐疑的な視点を持つ「姿勢」。健康への意識の高さがヘルスリテラシーを向上させることにつながります。昨今重要性が高まっている健康経営も、言い換えれば「ヘルスリテラシーの高い人材を育てる」ことと言えます。健康診断結果の有効活用や、人事評価制度の指標に健康を取り入れるなど、健康に関する企業の仕組みが、従業員のヘルスリテラシーを高めるきっかけになりそうです。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

フィルターバブル
「フィルターバブル」とは、インターネットで、利用者の思想や行動特性に合わせた情報ばかりが作為的に表示される現象のことをいいます。サーチエンジンが、検索履歴や購買情報から行動パターンを学習することによって、利用者の志向に近い情報が優先的に表示され、望まない情報から遠ざけられます。アメリカの活動家イーラ...
コラボヘルス
「コラボヘルス」とは、健康保険組合などの保険者と企業が積極的に協力し合い、労働者やその家族の健康増進を効果的および効率的に行うことを言います。現在国が進めている健康に関するデータを活用し、健康増進を図る「データヘルス計画」では、個人の健康診断の結果などを疾病予防や健康増進に有効に安全に活用する、保険...
ハイリスクアプローチとポピュレーションアプローチ
「ハイリスクアプローチ」と「ポピュレーションアプローチ」は、健康管理の領域で用いられる手法です。ハイリスクアプローチは、健康リスクを抱えた人をスクリーニングし、該当者に行動変容をうながすこと。ポピュレーションアプローチは、リスクの有無にかかわらず、集団に対して同一の環境整備などを指導することをいいま...

関連する記事

今後最も活用したいデータは「評価情報」、活用する上で留意する点は「目的の明確化」
人事担当者に人事のデータ活用について聞いたところ、今後最も活用したいデータは「評価情報」、活用する上で留意する点は「目的の明確化」であることがわかった。
2019/12/02掲載人事白書 調査レポート
広がるネット情報とどうつき合うか 企業、人材紹介会社それぞれの対応とは
インターネットの充実は、転職の際の情報収集に大きな変化をもたらしました。以前であれば、企業の内部事情などは、その会社に知り合いがいない限り、知りようがありませんでしたが、最近ではクチコミ情報の専用サイトや掲示板を見れば、多くの企業の社内の雰囲気などの情報を得る...
2013/04/01掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ”  採用時に求められる「情報の透明性」
人手不足が続く中で、自社をアピールする際に、採用の障害になるかもしれない情報をできるだけ伏せようとする企業も多いようだ。しかし、それが入社すればすぐにわかってしまうことであれば、得策にならないこともあって……。
2019/05/15掲載人材採用“ウラ”“オモテ”

関連するQ&A

役職定年制
いつも役に立つ情報をありがとうございます。 一般論で結構ですので教えてください。 企業にとって「役職定年制」を設けるメリットは何でしょうか。 漠然とした質問ですみませんが、情報をいただけると助かります。よろしくお願いします。
健康情報の取扱いに対する明文化の必要性
個人情報保護法が施行され従業員の健康情報の取扱いに対しても指針が発出されております。 企業としてのあるべき姿として、健康情報を取り扱うにあたっての「方針」や「規定」等 明文化して従業員へ周知する必要性についてご教示ください。
情報保護管理について
ご教示下さい。 個人情報について、各種セミナーなどに参加した際に配布されるセミナー資料に個人が特定される情報の記載がある場合、個人情報としての管理が必要となりますでしょうか? また購入している書籍などに記載の個人が特定される情報についても同様に個人情報としての管理が必要となりますでしょうか? 初...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 安全衛生 ]

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

無料ウェビナー8/25コーナーストーン主催

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


大前提はノーマライゼーション<br />
障がい者を含め多様な人材が活躍できる環境づくりに取り組む

大前提はノーマライゼーション
障がい者を含め多様な人材が活躍できる環境づくりに取り組む

2018年4月1日に施行された「改正障害者雇用促進法」で、法定雇用率の...


企業が社員の「睡眠改善」に取り組む時代<br />
働くひとのための「眠り方改革」とは

企業が社員の「睡眠改善」に取り組む時代
働くひとのための「眠り方改革」とは

睡眠改善への取り組みが今、注目を集めています。健康への影響にとどまらず...