企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】アダプティブラーニング アダプティブラーニング

「アダプティブラーニング」は、適応学習と訳され、近年注目されているIT技術を活用した教育サービス「EdTech」の一つです。蓄積されたログを解析することで弱点を明確にし、生徒一人ひとりに「最適化」されたコンテンツを提供することで、効率的に学習を進めていくことができます。教師や講師が固定された場所で授業を行う、従来の「フォーマルラーニング」に対し、SNSや動画配信サービスを利用してどこでも学べる学習法を「ソーシャルラーニング」と呼びますが、これに個々のカスタマイズ性を高めたものが「アダプティブラーニング」です。
(2017/12/15掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アダプティブラーニングのケーススタディ

各人に最適化された「オーダーメイドの学び」は
忙しい社会人の学習意欲を呼び覚ませるか?

デジタルやICT(情報通信技術)が既存産業と溶け込み、さまざまなものがつながる「X-Tech」の時代。フィンテック(FinTech)やアグリテック(AgriTech)、人事担当者には言わずと知れたHRテックもその一例です。教育分野のエドテック(EdTech)では、e-learningや学習状況管理システムなどがありますが、中でも各個人に最適化できる「アダプティブラーニング」は、教育者が目指してきた理想の姿として注目されています。

習熟度の異なる生徒が複数いる中で、教師が一方向に教鞭をとる従来の教育では、学力に基づいたクラス分けなど、大きな枠組みでの取り組みが限界でした。A地点に到達するために必要な時間や道順は、人それぞれ違うもの。アダプティブラーニングは、過去の回答を蓄積・分析することで、思考の癖や弱点を見抜き、各人に合わせたオーダーメイドの学習内容を提示してくれます。ログの取得もできるため、進度の把握など管理がしやすい、というメリットもあります。現在のところ義務教育での実用には至っていませんが、日本でも“Knewton”や“すらら”といったサービスが盛り上がりを見せています。

リクルートマネジメントソリューションズが2014年に行った「学習・キャリアに関する調査」によると、新入社員~中堅社員の半数以上が「自主的な学習に取り組んでいない」と回答しています。学習に取り組めていない理由は、「日々の仕事が忙しくて『学び』のための時間がとれない」「趣味や私生活のために自分の時間を使っている」が上位に。人事担当者にとって、日常業務に追われる従業員に、いかに効率よく学習できる環境を提供するかが課題となっています。一人ひとりに合わせた学びの最適化は、学校教育だけでなく、人材育成領域にも大きな影響を与えるものとなりそうです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

反転授業
「反転授業」とは、従来の授業形態を「反転」させた学習スタイルのことを指します。従来の学習ではインプットを授業中に、アウトプットを宿題として行っていました。しかし、「反転授業」ではまさにこの逆。インプットを家庭で、アウトプットを授業中に行うのが特徴です。具体的には、事前に家庭でeラーニングなどを用いた...
マイクロラーニング
社員をどのように育成していくかは、人材開発担当者にとって重要課題の一つです。これまでに多くの人材育成方法が考えられてきましたが、若い世代の志向に合う方法として近年注目されているのが「マイクロラーニング」です。
ワークプレイスラーニング
ワークプレイスラーニングとは、「働く現場における学習」のことです。個人のスキル向上と組織パフォーマンスの改善を目的とした学習の仕組みをつくり、日々の実務のプロセスに組み込むことによって、高い学習効果を実現します。人材の能力開発に有効な手段として注目されています。

関連する記事

長岡健さん~今、求められる「アンラーニング」とは何か?
企業を取り巻く環境が大きく変化し、スピード対応が求められる現在、私たちは従来の「学び」に関する価値観や方法を大きく変化させる必要があります。今回は、そのアプローチ(目指すべき方向性)として、「アンラーニング(学習棄却)」を提唱する社会学者の長岡健先生に、アンラ...
2011/08/29掲載キーパーソンが語る“人と組織”
人事マネジメント「解体新書」第38回 学習する組織“ラーニング・オーガニゼーション”を実現する方法(前編) ~自ら学ぶ風土を作り、持続的成長を実現していくために
企業を取り巻く経営環境の急激な変化は、ビジネスサイクルを短縮化し、知識・技術の更新スピードを速めるなど、組織に対して絶え間ない「変革」を求めている。この変革を実現するには、組織として継続的に学習を続け、改善を繰り返していくことが必要だ。これが近年、「学習する組...
2010/06/28掲載人事マネジメント解体新書
64.3%の人事担当者が現在の仕事に満足。しかし、自社の人事担当者の育成体制に満足しているのは14.0%
全国4,036社の人事実態調査『人事白書2016』レポート。人事担当者個人としてのキャリアについて調査を行った。現在の人事の仕事に対する満足度、人事担当者としての成長に対する満足度は比較的高かったが、自社における人事担当者の育成体制に対する満足度は低かった。
2016/07/20掲載人事白書 調査レポート

関連するキーワード

分類:[ 人材開発 ]
新春!2019年注目のダウンロード特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

人事向けの会議室HRスクエア

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ


『日本の人事部』注目のセミナー特集

新たな人事ソリューション導入を検討されている企業様向けに『日本の人事部』が厳選したセミナーをご紹介



新春!2019年注目のダウンロード特集

今『日本の人事部』が注目するサービス・調査データ・事例など、業務で役立つ資料をご紹介します。
貴社の課題解決のヒントに、ご活用ください!


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「人のための組織づくり」への発想の転換<br />
今、企業社会のあり方が問い直されている

「人のための組織づくり」への発想の転換
今、企業社会のあり方が問い直されている

じっくり話しあって採用したはずの新入社員が「未来が見えない」といって早...


帝人が実施した「睡眠力向上」のための実証実験結果を公開<br />
~実験結果から見えてきた企業の「休み方改革」とは~

帝人が実施した「睡眠力向上」のための実証実験結果を公開
~実験結果から見えてきた企業の「休み方改革」とは~

働き方改革と相まって話題になっている「健康経営」ですが、従業員の健康を...