企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】クールビズ クール・ビズ

COOL BIZ。政府が普及を呼びかけている、ノーネクタイ、ノー上着を中心とした夏のビジネス用軽装の愛称のこと。地球温暖化防止のために、夏のオフィスの冷房設定温度を抑えて節電し、二酸化炭素(CO2)の排出量を減らすのが狙いです。
(2005/7/4掲載)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クール・ビズのケーススタディ

地球温暖化防止のために政府が奨励中
「省エネルック」の二の舞は避けたい?

地球温暖化防止の京都議定書が発効したのを機に、日本は2008年〜2012年で二酸化炭素などの温室効果ガスを6%削減することが義務付けられました。これを受けて環境省は28℃程度の室温の中でも涼しく効率的に働くことができる夏の軽装を奨励し、広く一般から愛称を公募しました。その結果、約3200通の中から選ばれたのが「クール・ビズ」です。小池百合子環境相が自ら率先してPRに務め、6月からは小泉純一郎首相以下全閣僚も軽装で公務を行うようになりました。

クール・ビズは「涼しくて仕事がしやすい」などとビジネスマンにはおおむね好評のようです。女性の間からは「冷房の設定温度が上がって冷えから解放された」という声も聞かれます。節電が収益を圧迫するはずの電力会社もクール・ビズに率先して取り組み、東京電力では「夏の軽装実施中。軽装で失礼します」などと記した名刺サイズのカードを胸に付け、顧客が不快感を抱かないように配慮しています。

クール・ビズに異議を唱えている向きがないわけではありません。政策面でことごとく小泉首相と対立している亀井静香元建設相は「冬には暖房を切れというのか」とクレームをつけ、またネクタイ製造業者などでつくる日本ネクタイ組合連合会も、クール・ビズで大打撃を受けたとして、小泉内閣の閣僚全員にノーネクタイというキャッチフレーズの使用中止を求める要望書を郵送しています。

夏の軽装といえば1979年の第2次オイルショック後に大平正芳内閣が提唱した半袖スーツの「省エネルック」が知られています。その後、羽田孜元首相のトレードマークにもなりましたが、結局、定着することはありませんでした。クール・ビズを一過性の流行に終わらせないためには、日本の夏の服装文化として、ゆっくりと時間をかけて定着させていくことが必要でしょう。クール・ビズがどれだけ温暖化防止に役立っているのかという科学的な検証も求められます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

ウォームビズ
WARM BIZ。秋や冬は厚着をして、室内暖房温度を低めの20度に設定しようという環境省の地球温暖化防止キャンペーンの愛称です。ノーネクタイ、ノー上着の軽装を勧めた夏の「クールビズ」の秋冬版と言えます。
サマータイム
日照時間の長い夏の間だけ、時計を標準時より1時間早め、昼の時間を増やそうとする制度。地球温暖化対策の一環として導入が検討されています。
スーパークールビズ
「スーパークールビズ」とは、東日本大震災の影響によって今夏は電力不足が予測されることから、“室温28度設定”“ノーネクタイ・ノージャケット”など、従来のクールビズをさらに徹底する取り組みのことです。より一層の軽装化や暑さをしのぐ日常の工夫など、節電に貢献しながら、夏場のオフィスでも涼しく効率的に働...

関連する記事

すでに残業時間削減に取り組んでいる企業が8割強。大企業では約97%に
残業時間の削減に取り組んでいるかどうかを聞いたところ、「積極的に取り組んでいる」と答えた企業は34.8%。「取り組んでいる」(49.8%)を合わせると、8割強にのぼった。特に従業員数5001人以上の企業では97.1%、501~1000人、1001~5000人で...
2019/07/08掲載人事白書 調査レポート
選考開始のヤマはやはり4月?! ~2016年度新卒採用の選考開始は「2015年4月」が19.9%、僅差で指針通りの「8月」が19.4%
人事に企業の「今」を訊いた大規模調査「人事白書2015」から一部をご紹介します。2016年度新卒採用の「選考」開始時期で最も多かったのは新年度となる「2015年4月」(19.9%)で、指針が求めた「2015年8月」(19.4%)が僅差で続きます。ただ、「201...
2015/05/29掲載人事白書 調査レポート
人事の過半数は、ホワイトカラー・エグゼンプションに賛成?! ~ホワイトカラー・エグゼンプション賛成派は53.6%と過半数を占める! 反対派は22.9%
人事に企業の「今」を訊いた大規模調査「人事白書2015」から一部をご紹介します。賛成理由のベースにある考えは、ある程度以上の収入を得ている場合、働き方は自分自身の裁量に任せたほうが本人にとっても会社にとっても有用だという点。「働いた時間ではなく成果を評価する」...
2015/05/29掲載人事白書 調査レポート

関連するキーワード

待ったなしの「ハラスメント対策」。防止と早期解決に役立つサービスと選び方をご紹介。

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

QUICK REPLY 最短1営業日で従業員代表を選出しませんか

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ


「ハラスメント対策」に役立つソリューション特集

「ハラスメント対策」の早期解決とおすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


メンタルヘルス・健康経営セミナー<br />
職場の活力アップを考える

メンタルヘルス・健康経営セミナー
職場の活力アップを考える

人材不足、多様性、働き方改革など、近年は人材に関する環境が大きく変化。...


これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!<br />
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは
new

これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは

VUCAの時代となり、あらゆる意味でこれまでの企業経営が見直されていま...