企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ウォームビズ ウォームビズ

WARM BIZ。秋や冬は厚着をして、室内暖房温度を低めの20度に設定しようという環境省の地球温暖化防止キャンペーンの愛称です。ノーネクタイ、ノー上着の軽装を勧めた夏の「クールビズ」の秋冬版と言えます。
(2005/10/17掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ウォームビズのケーススタディ

環境省提唱の秋冬ビジネススタイル
その経済効果はクールビズの2倍?

ウォームビズにはクールビズのような「上着を脱いでネクタイを外す」という明確な提案はありません。一般的にはニット製品の重ね着や保温性の高い下着、帽子などを組み合わせたスタイルなどが考えられています。環境省では、服装だけでなく断熱性の高い建築、エネルギー消費の少ない空調などにも関心が広がることを狙っています。

同省によれば、夏に冷房温度を1度上げるよりも、冬に暖房温度を1度下げるほうが省エネ効果が高く、クールビズに比べると4倍強の二酸化炭素を減らせると言います。また、冬物衣料のほうが夏物よりも単価が高く、女性にも広がると予想されるため、経済波及効果(関連業界の売上げ増)はクールビズ(約1008億円)の倍以上の約2323億円に及ぶとの第一生命経済研究所の試算もあります。

そうした中、ウォームビズをめぐる商戦も激化しています。日本百貨店協会は8月に全国の百貨店やアパレル関係者を集め、ウォームビズのセミナーを開くなど、秋冬物の売上げの大幅アップを狙っています。クールビズでは蚊帳の外に置かれたネクタイ業界も巻き返しに懸命です。女性をターゲットに薄手で目立たない絹製の腹巻や首回りのネックウォーマーなど、冷えやすい部位を暖める小物を売り出したメーカーもあります。スーパー業界は厚手のカーテンや断熱マットなど、室温が低くても快適に過ごせる家庭用品の販売に乗り出しています。

小池百合子環境大臣は「クールビズは日本経済をホットにした。ウォームビズのスタイルも定着させたい」と意気込みを語っていますが、一部には「流通業界やアパレル業界だけの経済効果ばかりが強調されるのは本末転倒」との指摘もあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

クール・ビズ
COOL BIZ。政府が普及を呼びかけている、ノーネクタイ、ノー上着を中心とした夏のビジネス用軽装の愛称のこと。地球温暖化防止のために、夏のオフィスの冷房設定温度を抑えて節電し、二酸化炭素(CO2)の排出量を減らすのが狙いです。
スーパークールビズ
「スーパークールビズ」とは、東日本大震災の影響によって今夏は電力不足が予測されることから、“室温28度設定”“ノーネクタイ・ノージャケット”など、従来のクールビズをさらに徹底する取り組みのことです。より一層の軽装化や暑さをしのぐ日常の工夫など、節電に貢献しながら、夏場のオフィスでも涼しく効率的に働...
ウーマノミクス
「ウーマノミクス」とは、「ウーマン」(女性)+「エコノミクス」(経済)を組み合わせた造語。ゴールドマン・サックス証券のチーフ日本株ストラテジストであるキャシー・松井氏が1999年から提唱している概念で、女性の活躍による経済の活性化、働き手としても消費者としても女性のパワーがけん引する経済のあり方を...

関連する記事

「損か得か」は考えない 好きな業界に関わり続けたい人材
新卒で就職活動をする際、多くの人がまずは「どんな業界で働きたいか」を中心に考えるのではないだろうか。日本の新卒採用は総合職採用が主なので、入社後に配属される部署や職種は、企業側が適性を見て判断するケースがほとんどだ。しかし、就職して一定のキャリアを積んだ後は、...
2009/09/28掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
女性活躍推進の重要性が叫ばれる現在も、変わらず求められるのは 「トップやマネジメント層の理解」と「女性社員の意識改革」 ~「女性管理職3割以上」時代に向けて実態を調査~
昨今、女性管理職の登用を推進する企業が増えています。企業の現状はどうなっているのかを知るために、「女性管理職に期待していること」「活躍している女性管理職のタイプ」「女性管理職を増やすための取組み」の三項目について聞きました。
2014/10/01掲載編集部注目レポート
香山リカさん 均等法世代の働く女性の結婚問題
仕事で自己実現を図っても、結婚していない女性は「負け犬」という厳しい見方をされてしまう風潮も出てきていますが、均等法から現在までの間に、働く女性の結婚観はどう変わってきたのでしょうか。『就職がこわい』『結婚がこわい』(ともに講談社)などの著書もある精神科医、香...
2005/10/07掲載キーパーソンが語る“人と組織”

関連するQ&A

業界別の売上高人件費率
近年の業界別の売上高人件費率の推移を教えていただけますか。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

次世代リーダー育成特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

POSITIVE最新版にAI搭載

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


「エンゲージメント 」を高めるソリューション特集

「従業員エンゲージメント」を高めるために押さえておきたいポイントや具体的な施策、ソリューションをご紹介します。



次世代リーダー育成特集

さまざまな取り組み方がある「リーダーシップ育成」について手法や外部ソリューションをご紹介します。
コンテンツトップバナー


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


もう時間と場所に囚われない!<br />
 日本マイクロソフトと先進企業に学ぶ ワークスタイル変革推進のためのポイントとは

もう時間と場所に囚われない!
日本マイクロソフトと先進企業に学ぶ ワークスタイル変革推進のためのポイントとは

仕事と介護の両立支援が喫緊の社会的課題といわれるなか、時間と場所の制約...


~誰しもが経験するつまずきを乗り越える方法とは?~<br />
新人がイキイキと働くために、人事ができること

~誰しもが経験するつまずきを乗り越える方法とは?~
新人がイキイキと働くために、人事ができること

「3年3割」と言われる若年層の早期離職問題。手間もお金もかけて採用した...