企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ジギョウショウケイ 事業承継

「事業承継」とは、会社の経営を後継者に引き継ぐことで、一般的には、閉鎖企業や同族経営の中堅中小企業のオーナー社長が親族や従業員に、あるいはM&Aの相手先に事業を承継させるプロセスを言います。よく似た言葉に「事業継承」がありますが、「承継」が先代の「地位、事業、精神を受け継ぐこと」であるのに対し、「継承」は「身分や権利、義務、財産などを受け継ぐこと」を表します。受け継ぐものの内実が異なるため、「事業承継」と「事業継承」では明らかに意味が違ってくるのです。「事業承継」という場合、単なる相続の問題ではなく、自社の存続に係わるきわめて重大な経営課題として捉える必要があるでしょう。
(2017/3/10掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

事業承継のケーススタディ

進む社長の高齢化、進まない引き継ぎ
不足しているのは後継者か、危機感か

帝国データバンク(TDB)が今年1月に発表した「全国社長分析」(2017年)の調査結果によると、16年の日本企業の社長の平均年齢は59.3歳で、過去最高を更新しました。社長の平均年齢は1990年以降一貫して上がり続け、91年からは5歳も上昇しています。年代別の分布状況を見ると、60代と70代以上の構成比が上昇、60歳以上の社長が全体の5割強を占めるようになりました。社会全体の高齢化を反映して、企業トップの高齢化も年々進行しているのが現状です。

そこで、浮上してくるのが経営のバトンタッチ。会社として、いつ、誰に、どのような形で「事業承継」を進めるかが重要な経営課題になってきています。TDBの調査でも、「事業承継」を経営課題として捉えている企業は85%以上に上りました。ところが実際には、具体的な事業承継計画が策定されていなかったり、計画はあっても実行に移されていなかったりするケースが多く、じつに6割以上の企業が事業承継にまだ着手できていません。社長はどんどん高齢化しているにもかかわらず、経営のバトンタッチがいっこうに進んでいないのです。

その最も大きな要因の一つは、「後継者不足」の問題でしょう。同じTDBが全国28万9937社を対象に実施した、「後継者問題に関する企業の実態調査」(2016年)の結果を見ると、全体の3分の2にあたる66.1%の企業が後継者不在で、前回14年の調査から0.7ポイント上昇しました。社長が60歳以上の企業でも後継者不在は5割に達し、70歳代の企業でさえ、その4割強において後継者が決まっていませんでした。一方、先の調査では、「事業承継計画を進めていない・計画がない」理由として、「まだ事業を譲る気がない」という答えが半数近くに達しています。高齢の経営者の多くが、事業承継の必要性を認識しつつも、喫緊の課題とはとらえていないということでしょう。しかし、社長の高齢化は、企業業績に悪影響を及ぼす傾向があるとのデータもあります。

「事業承継」の方法は昨今、親族内承継から従業員やM&Aによる親族外承継へと主流がシフトしつつあります。しかし、従業員に引き継ぐにしても発掘や育成には時間がかかり、M&Aの場合もすぐに相手が現れるとは限りません。早めに準備しておくことが必要といえるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

イントラプレナー
イントラプレナー(Intorepreneur)とは「社内起業家」のこと。企業内において新しいビジネスを立ち上げる際、その責務を担うリーダーとなる人材を一般の起業家を意味する「アントレプレナー」(entrepreneur)と区別してこう呼びます。起業家精神はもとより、経営管理能力や事業全般にかかわる...
ターンアラウンド・マネジャー
「ターンアラウンド・マネジャー」(Turnaround Manager)とは、経営破綻した企業もしくは経営破綻寸前の状態にある企業を短期間で再生させるために、経営者として登用される事業立て直しのスペシャリストのこと。俗に「企業再生請負人」ともいいます。 (2012/6/11掲載)
プロ経営者
「プロ経営者」とは、異なる業界や有名企業での豊富な経営経験を買われ、内部昇格ではなく、外部から招聘(しょうへい)される形で企業トップに就任する経営人材のことをいいます。企業が外部人材をトップに招く例は、欧米では一般的ですが、日本でもプロ経営者を起用する動きが加速しています。あらゆる業種で市場環境が激...

関連する記事

人材派遣の「現状」
進化・拡大の勢いは止まらず――。数字から読み解く人材派遣市場の動向
2016/10/31掲載よくわかる講座
企業の時短はどこまで進んだ?休日は増えた?「労働時間」と「休日日数」の最新実態
主要企業と中堅・中小企業の2004年度の労働時間と休日について、労務行政研究所の調査結果をもとに探ってみます。
2005/03/28掲載人事・労務実態調査
人事部課長に聞いた 人事戦略の現状と課題
民間調査機関の労務行政研究所(理事長:矢田敏雄)は、「人事部課長に聞いた 人事戦略の現状と課題」についてのWEBアンケートを実施。本記事では、その中から「経営戦略上の重要テーマ」「『人材育成』に関する人事戦略」「人事戦略の策定・明文化」について取り上げます。
2012/08/20掲載人事・労務実態調査

関連するQ&A

登記の事業目的について
事業目的ですが、今後の事業拡張のために現在の事業内容だけでなく、見込まれるものも入れておきたいのですが、どのような文言がよいのでしょうか?文例のようなものがあれば教えてください。(できるだけ多くの事業内容を盛り込みたい)
事業場の長について
社長が勤務する事業場で総括安全衛生管理者として選任した副社長を事業場の長とすることに法的な問題はないか。
事業者とは?(2)
労働安全衛生法は、労働基準法から分離独立したものですので、基準法の使用者と同じように、事業者についても、事業主又は事業の経営担当者その他その事業の労働者に関する事項(安全衛生)について、事業主のために行為するもので、権限が与えられている者と定義して、事業者とは、事業場の長となる?事業者が事業主の時は...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

新卒採用向けの「採用管理システム」を比較する4つのポイントを解説! 特長や料金も一覧で検討できます

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

シェアNo.1採用管理システムi-web

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ


新卒採用向け「採用管理システム」導入のポイント~競争力を持った採用活動の実現に向けて~

新卒採用向けの「採用管理システム」。導入する際に押さえておくべきポイントと選び方のヒントを解説


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


採用はダイレクト・ソーシングの時代へ。 求められるのは企業の「自社採用力」。

採用はダイレクト・ソーシングの時代へ。 求められるのは企業の「自社採用力」。

リーマンショックで冷え込んだ中途採用市場は、ここ数年で順調に回復し、完...


「日本一いい会社」を目指すために<br />
社内で「産業カウンセラー」を育成するメリットとは

「日本一いい会社」を目指すために
社内で「産業カウンセラー」を育成するメリットとは

健全な職場環境づくりのプロフェッショナルとして、あるいは社内外の信頼関...