企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】コウネンレイコヨウケイゾクキュウフ 高年齢雇用継続給付

「高年齢雇用継続給付」とは、定年後も企業に雇用されて働き続ける65歳未満の人が、60歳到達時点に比べ賃金が75%未満に低下した場合に雇用保険から支給される給付金であり、「高年齢雇用継続基本給付金」と「高年齢再就職給付金」の2種類に分かれます。前者は、60歳以降も継続して同一企業に雇用されている60歳以上65歳未満の人が、後者は、退職して失業給付を受けた後、60歳以降に再就職した60歳以上65歳未満の人が支給対象となります。高年齢雇用継続給付は、高年齢者の就業意欲を維持、喚起し、65歳までの雇用継続を援助、促進することを目的とした制度です。
(2015/12/14掲載)

高年齢雇用継続給付のケーススタディ

給付金活用を“下流老人”転落の歯止めに
雇用継続や再就職の際の賃金減額分を補填

昨今、“下流老人”という言葉をよく聞きます。下流老人とは、老後の貧困に苦しみ、生活保護レベルの暮らしを強いられる高齢者のことで、生活困窮者支援に取り組むNPO法人「ほっとプラス」代表理事の藤田孝典さんが考案した造語です。「このままだと高齢者の9割が貧困化し、貧困に苦しむ若者も増える」と、藤田さんが警鐘を鳴らした同名の著書『下流老人』は20万部を超えるベストセラーになりました。将来に対する人々の不安がいかに強く、根深いかがうかがわれます。現に、内閣府の調査では、「世帯の高齢期への経済的備え」について、60~64歳で貯蓄が「十分だと思う」と回答した人は3.6%しかいなかったのに対し、「かなり足りないと思う」と答えた人は約10倍、35.5%にものぼりました。下流老人への転落の不安は、けっして他人事ではないのです。

しかも公的年金の支給開始年齢は現在、60歳から65歳まで段階的に引き上げられている途中で、現在54歳以下の男性については、65歳まで公的年金が受けられません。となれば、定年後、60歳を過ぎても働けるうちは働き続けて、蓄えを増やしておこうと考えるのが普通ですが、高齢者にとって継続雇用や再就職は狭き門。働き続けることができても、賃金は60歳の時点より下がってしまうケースが少なくありません。もちろん企業にとっても、ベテラン人材の活用と人件費の適正化との両立は悩ましい課題です。

その救済策として設けられているのが雇用保険の「高年齢雇用継続給付」制度。60歳到達時などに比べ賃金が75%未満に低下した状態で働き続ける60歳以上65歳未満の被雇用者を対象に、原則として事業主がハローワークに申請することで、被雇用者個人に直接支給される給付であり、雇用継続の場合の「高年齢雇用継続基本給付金」と再就職の場合の「高年齢再就職給付金」の2種類の給付金があります。要するに所得補償として、低下した賃金の一部を補填するしくみで、その支給額は支給対象月に支払われた賃金額の低下率に基づき、以下のように算定されます。

低下率は<支給対象月に支払われた賃金額÷60歳到達時の賃金月額×100>で求められ、支払われた賃金の低下率が61%以下なら、支給額は支給対象月賃金額の15%、低下率が61%を超え75%未満の場合は、支給率は15%から一定割合で逓減されます。また、高年齢雇用継続給付制度には支給限度額の規定があります。これは毎年8月に変更され、現行の規定では、支給対象月に支払われた賃金額が341,015円を超えると、給付金は支給されません。賃金が下がったといっても、これ以上の額であれば、そもそも十分な賃金を得ているので、高年齢雇用継続給付の支給対象としないということです。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

65歳定年制
「65歳定年制」とは、企業が定年年齢を65歳と定め、当該年齢に達したことを理由に従業員との雇用関係を自動的に終了させる制度のことです。2013年4月に施行される改正高年齢者雇用安定法により、雇用主には、2025年度までに希望する従業員全員の雇用を65歳まで確保するよう「定年退職制度の廃止」「定年年齢...
エンプロイメンタビリティ
「エンプロイメンタビリティ」(employmentability)とは、「企業の雇用能力」を意味する用語です。雇用される側からみて魅力的な企業か、継続的に雇用されたいかといった価値に関する概念で、雇用主としての能力や優秀な人材をひきつける吸引力を表します。単に高報酬を保障できればいいということでは...
メンバーシップ型雇用
メンバーシップ型雇用とは、先に人材を確保し、後から仕事を割り当てる雇用のあり方を指します。終身雇用を前提とする日本の企業の多くは、メンバーシップ型雇用といえます。年功序列や終身雇用に見られるメンバーシップ型雇用は、これまで多くの日本の企業が取り入れてきた雇用形態です。これと対比されるのが、職務に応じ...

関連する記事

外国人を雇用している企業は過半数、「さらに増やす」「今後雇用する」企業も半数近くに
人事担当者に外国人の雇用状況について聞いたところ、現在雇用している企業は過半数で、「さらに増やす」「今後雇用する」企業も半数近くであることがわかった。
2019/08/20掲載人事白書 調査レポート
障がい者雇用率2.5%以上の企業は16.4% 今後の雇用には前向き
障がい者雇用率について聞きました。多かったのは、「0.5%未満」(23.3%)と「2%以上2.5%未満」(22.8%)の二つです。以下、「1.5%以上2%未満」(11.6%)、「2.5%以上3%未満」(9.5%)、「3%以上」(6.9%)、「1%以上1.5%未...
2020/11/24掲載人事白書 調査レポート
高年齢者雇用の最新実態--改正高齢法への対応と継続雇用制度の実態を調査
団塊世代の大量退職が始まる2007年を目前にして、「改正高年齢者雇用安定法」が2006年4月から施行されました。改正法は、定年後65歳までの安定した雇用確保を企業に義務付けています。2006年5月から6月にかけて『労政時報』が行った「改正高齢法への対応と高年齢...
2007/04/16掲載人事・労務実態調査

関連するQ&A

障害者の雇用
障害者を雇用する際の留意点を教えて下さい。 また、助成金などについても併せて教えて下さい。 当社は、小売業です。 現在、雇用率0.6%です。
再雇用後の退職金水準について
統計データがあるかどうか分かりませんが、再雇用後の退職金水準をどの程度にすべきか知りたいと考えています。一旦、退職金は、一旦再雇用時に支給するとして、55歳~64歳迄再雇用の場合、60歳~65歳迄再雇用の場合の2パターンが分かりますと幸いです。
定年再雇用の勤務時間について
対象者から週5日9:00~16:00の時間帯での勤務希望が出て来たのですが、週5日9:00~17:30の時間帯であれば再雇用は出来るが、そうでなければ再雇用出来ないと言う事は可能ですか?宜しくお願い致します。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 雇用 ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

会社の法律Q&A 仕事と家庭(育児・介護)』の両立支援 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ITを活用した人財マネジメントが、企業の未来を切り開く<br />
HRテクノロジー「POSITIVE」がもたらす新たな知見とは?

ITを活用した人財マネジメントが、企業の未来を切り開く
HRテクノロジー「POSITIVE」がもたらす新たな知見とは?

人工知能(AI)技術をはじめとする近年のITの発達は、人事業務のあり方...