企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ソーシャル キャピタル ソーシャル・キャピタル

「ソーシャル・キャピタル」とは、信頼や規範、ネットワークなど、社会や地域コミュニティにおける人々の相互関係や結びつきを支える仕組みの重要性を説く考え方のことです。物的資本(フィジカル・キャピタル)や人的資本(ヒューマン・キャピタル)などに並ぶ新しい概念で、日本語では「社会的資本」「社会関係資本」と訳されます。ソーシャル・キャピタルは、人々の協調行動を活性化することによって培われるもので、それが豊かに蓄積されるほど、社会や組織の効率性が高まるのが特徴とされます。
(2015/9/29掲載)

ソーシャル・キャピタルのケーススタディ

HRMにも有効な「関係性の中に在る資源」
人事異動やジョブロテで意図的な強化も可能

「ソーシャル・キャピタル」の概念は、もともと政治学や社会学といった分野で使われていたものです。ソーシャル・キャピタルが蓄積された社会では、相互の信頼や協力が得られるため、他人への警戒が少なく、治安・経済・教育・健康・幸福感などに良い影響があり、社会の効率性が高まるとされます。これを説明するのによく使われるのが「窓割れ理論」。一つでも窓が壊れている建物があるのを放置すると、その地域は誰も環境に注意を払っていないと見なされ、治安が急速に悪化していくという考え方です。建物の窓割れを無くし、街の美観を維持していくためには、地域の共同体としての質を上げなければなりません。健全な共同体を形成するひとつの要素として、住民同士の交流や豊かな信頼関係といったソーシャル・キャピタルが求められる、というわけです。

もう少しかみくだいていうと、ソーシャル・キャピタルは「関係性の中に存在する資源」「他者から自発的な支援が得られる関係性」と定義されます。つまり、個人が単独で所有しているものではなく、個人と個人との間にある関係性の中で育まれていくもの。実務の世界の概念に置き換えるならば、「人脈」というと分かりやすいかもしれません。実際、経営学や組織論の分野においても、ヒューマン・キャピタルの考え方を活かした人材マネジメントのあり方などを議論する動きが、15年ほど前から広がりつつあります。今後、経営や人事の実務面でも市民権を得て、浸透していく可能性は大いにあるでしょう。

たとえば、日本の企業が避けては通れない高齢者雇用の問題においても、誰を継続雇用あるいは再雇用するかという議論になったとき、選択の条件として、仕事のスキルや知識だけでなく、その人が会社の中でいかに有効な人脈や関係性を築いてきたか、つまり他の人のサポートを得ながら、自分の仕事を周囲との関係の中で上手に進めていけるような、人間力を重視する企業が少なくありません。

HRM分野におけるヒューマン・キャピタルについてくわしい首都大学東京大学院社会科学研究科の西村孝史准教授によると、ヒューマン・キャピタルは、「他の人から自発的に手助けが得られる関係」「職場内で自身の状況を正しく理解してもらえる関係」「職場のルールを共有できている関係」といった要素を下位概念として含み、組織を円滑に運営するためのインフラとしてもプラスに機能します。また、そうした有効な人脈や関係性といったヒューマン・キャピタルは、人事異動やジョブローテーションを通じて意図的に強化していくことができるとも述べています。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

エンプロイメンタビリティ
「エンプロイメンタビリティ」(employmentability)とは、「企業の雇用能力」を意味する用語です。雇用される側からみて魅力的な企業か、継続的に雇用されたいかといった価値に関する概念で、雇用主としての能力や優秀な人材をひきつける吸引力を表します。単に高報酬を保障できればいいということでは...
メンバーシップ型雇用
メンバーシップ型雇用とは、先に人材を確保し、後から仕事を割り当てる雇用のあり方を指します。終身雇用を前提とする日本の企業の多くは、メンバーシップ型雇用といえます。年功序列や終身雇用に見られるメンバーシップ型雇用は、これまで多くの日本の企業が取り入れてきた雇用形態です。これと対比されるのが、職務に応じ...
組織の成功循環モデル
「組織の成功循環モデル」とは、マサチューセッツ工科大学のダニエル・キム教授が提唱している理論で、組織が成果を上げ続け、成功に向かう過程やしくみを明らかにしたものです。組織の成功循環モデルでは、成功や成果といった組織としての“結果の質”を高めるためには、一見遠回りに思えても、組織に所属するメンバー相互...

関連する記事

外国人を雇用している企業は過半数、「さらに増やす」「今後雇用する」企業も半数近くに
人事担当者に外国人の雇用状況について聞いたところ、現在雇用している企業は過半数で、「さらに増やす」「今後雇用する」企業も半数近くであることがわかった。
2019/08/20掲載人事白書 調査レポート
障がい者雇用率2.5%以上の企業は16.4% 今後の雇用には前向き
障がい者雇用率について聞きました。多かったのは、「0.5%未満」(23.3%)と「2%以上2.5%未満」(22.8%)の二つです。以下、「1.5%以上2%未満」(11.6%)、「2.5%以上3%未満」(9.5%)、「3%以上」(6.9%)、「1%以上1.5%未...
2020/11/24掲載人事白書 調査レポート
目指しているのは「ジョブ型雇用」ではなく「ロール型雇用」ではないか?(リクルートワークス研究所)
このところ、ジョブ型雇用への関心が急速に高まっている。現在、ジョブ型雇用を標榜している企業は、国を越えて人材の獲得・活用を一元化したいグローバル企業や、熾烈な人材争奪戦の渦中にあるテクノロジー企業が主だ。しかし、新型コロナウイルスの流行以降、テレワーク下で姿の...
2021/01/05掲載HR調査・研究 厳選記事

関連するQ&A

障害者の雇用
障害者を雇用する際の留意点を教えて下さい。 また、助成金などについても併せて教えて下さい。 当社は、小売業です。 現在、雇用率0.6%です。
外国人労働者の雇用について
外国人の方を雇い入れる際の注意事項を教えてください。 また、正社員雇用に限らずアルバイトの雇用の際も同様となるのでしょうか?
定年再雇用の勤務時間について
対象者から週5日9:00~16:00の時間帯での勤務希望が出て来たのですが、週5日9:00~17:30の時間帯であれば再雇用は出来るが、そうでなければ再雇用出来ないと言う事は可能ですか?宜しくお願い致します。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 雇用 ]
分類:[ 就業管理 ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

仕事と家庭(育児・介護)』の両立支援 タレントパレット 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


これからのビジネスに欠かせない「経済知力」とは?

これからのビジネスに欠かせない「経済知力」とは?

変化のスピードが速い現代において、過去の“経験則”だけでは通用しないの...