企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ローカツ LO活

「LO活」とは、「LOCAL」と「就活(就職活動)」とを合わせた造語です。厚生労働省では、大都市圏の学生にとって地方での就職が選択肢のひとつとなるよう、普及していくとともに、地方での就職を希望する学生などを支援するため、地方=ローカルへの就活を「LO活」と名付け、今年度から地方自治体などと連携した地方人材還流促進事業「LO活プロジェクト」を実施しています。本事業は、首都圏および近畿圏の学生などを対象に、セミナーや個別相談を通じて地方での就職を希望する人材を掘り起こし、ハローワークの全国ネットワークを最大限に活用しながら地方の求人とのマッチングにつなげていくもの。人材の東京一極集中を緩和し、地方に必要な人材を供給するのがねらいです。
(2015/9/17掲載)

LO活のケーススタディ

大都市圏から地方へ、人材還流の契機に
ローカルな就活を支援しマッチング促進

政府が推進する地方創生の取り組みにおいては、大都市圏から地方で働く人材の移動を促し、地方への新しい人の流れをつくることが重要課題の一つ。そのために、各府省庁・地方自治体では、さまざまな移住支援策を展開・強化しています。

厚生労働省は、地方への就職を希望する首都圏(東京都・千葉県・埼玉県・神奈川県)と近畿圏(大阪府・京都府・奈良県・兵庫県・滋賀県)の大学生などを支援する地方人材還流促進事業「LO活プロジェクト」を、2015年7月16日から同年度末までの実施予定でスタートさせました。「LO活」とは、LOCALと就活を掛け合わせた造語で、大都市圏の学生が地方の企業などに対して行う就職活動のことを指します。このLO活を支援し、普及させるための「LO活プロジェクト」は、若い人材に地方で就業することの魅力や可能性を伝えるとともに、ハローワークの全国ネットワークを最大限に活用して、一人でも多くの人材と地方の求人とのマッチングを目指す事業で、民間事業者への委託により、次のような施策が実施されています。

(1)地方人材還流促進協議会(総会・意見交換会)の設置
厚生労働省、地方自治体、大学などの関係者をメンバーとする協議会で、地方への人材還流の促進に関する取り組み方針を説明する。

(2)地方への人材の送り出し事業
首都圏と近畿圏にキャンバスを有する大学に通う学生などを対象にしたセミナーや集団相談会、個別相談の実施。自治体イベントとの連携。地方就職に関する周知資料(パンフレット・ハンドブック)の作成などを行う。

(3)企業紹介や生活情報など地方への就職に役立つ情報を収集・提供
「LO活プロジェクト」Webサイトを開設、各地の優良企業に関する情報や地方への移住情報などを提供する。

(4)「移住・交流情報ガーデン」における職業相談、職業紹介など
東京に設置されている「移住・交流情報ガーデン」(総務省が15年3月に開設した、地方への移住関連情報の提供・相談支援の一元的な窓口)で情報を収集・提供し、また学生に対する職業相談などを行う。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

ふるさとテレワーク
「ふるさとテレワーク」とは、都市部に拠点を置く企業が、地方に人材や仕事を移して行うテレワークのことで、地方の移転先や委託先で都市部にいるのと変わらない働き方を実現する取り組みをいいます。地方に整備したサテライトオフィスやテレワークセンター、個人宅などで働くことを前提として、都市部の人材を地方へ長期派...
地方創生
「地方創生」とは、2014年9月に発足した第二次安倍改造内閣がかかげる重点政策の一つで、地方の人口減少に歯止めをかけ、首都圏への人口集中を是正し、地方の自律的な活性化を促すための取り組みを指します。同年末に閣議決定された「まち・ひと・しごと創生長期ビジョン」および「まち・ひと・しごと創生総合戦略」で...
逆求人
企業が求人募集をかけて学生を集める従来の新卒採用活動の流れとは逆に、学生側がイベントやインターネットなどを活用して自らをアピールし、興味をもってくれた企業からのアプローチを待つしくみのことを「逆求人」と言います。知名度は低いけれど採用意欲の高い中堅・中小企業と、人気企業にこだわらずより広い選択肢か...

関連する記事

地方移住と転職
夏休みなどの長期休暇が終わると、転職希望者が増える。人材業界では、昔からそう言われてきた。長い休みの間に、旅先や帰省先で自分を見つめなおす時間を持ったり、家族や友人たちと相談したりする機会が増えるからだ。昨今注目されている「地方移住」を考える人にとっても、長期...
2017/09/06掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
マイナビ「2014年卒の就活キーワード」を発表
2013年2月26日(火)に、株式会社マイナビ(東京・千代田区)による「2014年卒の就活キーワード発表会」が開催されました。マイナビHRリサーチセンター長 栗田 卓也氏が「2014年就職活動―学生のポイント」と題し、エントリー開始から約3ヵ月が経過した201...
2013/03/15掲載イベントレポート
人材紹介とは
「人材紹介とは、人材採用を行う企業に対して、条件にあった候補者を紹介する採用支援サービスだ。人材紹介会社は、厚生労働省から許認可を受けた民間企業で、求人企業からの紹介料で運営される。そのため、正式には「有料職業紹介事業」となるが、一般的には「人材紹介」という表...
2012/10/07掲載よくわかる講座

関連するQ&A

地方への雇用促進助成
地方の製造販売業です。 新しく事業(インターネット販売)を展開したいのですが、現段階では人材不足なので新規雇用を考えております。が、軌道に乗るまでは人件費の負担が大変だと思い尻込みしています。 例えば首都圏から地方への雇用を促進したり、採用すると何か助成金があると以前に聞いた事があるので今もそうい...
地方採用での動き方
新卒・中途採用の活動で、今度初めて地方にて開催される就職合同説明会に出ます。拠点は名古屋なのですが、大阪、東京、福岡、熊本で開催される就職フェアです。そこで質問なのですが、人事として始めての出張での活動ですので、せっかく地方にいったのだから、そこの地方の大学、調理師専門学校、職安などを訪問しようと考...
人材紹介サービス利用におけるミスマッチを防ぐ方法
お世話になっております。 弊社では最近、人材紹介サービスを活用した採用活動をはじめました。 よりよい人材に出会える機会が増えることを期待していたのですが、紹介される人材にミスマッチが多いように感じています。担当者と何回か話し合いの場を持ち、社風に合う人材を紹介してほしいと伝えているのですが、担当者...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 採用 ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

POSITIVEの導入事例はこちら メンタル対応可能な産業医を紹介します 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


強い企業ではなく、変化できる企業が生き残る。<br />
2020年以降を見据えたグローバル人材マネジメントの実現に向けて

強い企業ではなく、変化できる企業が生き残る。
2020年以降を見据えたグローバル人材マネジメントの実現に向けて

日本企業の海外売上比率が高まっているが、一方でグローバル人材の育成やマ...