企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】オヤカク オヤカク

「オヤカク」とは、「親への確認」の略で、企業が学生を採用する前に、その学生の親の意思を確認しておくという意味です。近年、親が子どもの就職先決定に干渉する傾向が強まり、学生本人に入社への意思があっても、親の反対で内定後に入社を辞退するケースが目立つようになってきました。それを防ぐために、企業の採用現場ではオヤカクを重視。より慎重に対応する動きが広がっています。
(2014/12/15掲載)
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オヤカクのケーススタディ

就活キーパーソンの2、3位に父と母
バブル期の成功体験で採用現場をかく乱!?

日本経済新聞社がまとめた2015年度採用状況調査によると、主要企業の今年10月1日時点での大卒採用内定者数(15年春入社)は、14年春実績に比べて7.3%増え、4年連続で前年実績を上回りました。製造業は、業績が改善した自動車や鉄鋼がけん引し、6.1%増と3年ぶりのプラスに。非製造業も7.9%の増加ですが、人材不足が深刻な小売業が32.6%増を見込みながら10.6%増にとどまるなど、採用計画に届かない企業も目立ち、全体として“売り手市場”の傾向がより顕著になっています。

そうした中、採用活動の現場で年々影響力を増しているのが、就活生の“親”の存在です。株式会社ディスコが来春卒業予定の大学生を対象に行った、就職活動に関する調査によると、学生にとっての就職先決定のキーパーソンは、1位の「人事・採用担当者」に次いで2位が「父親」、3位が「母親」であることが分かりました。就職先を決めた学生に、決定にあたって誰に影響を受けたかをたずねたところ、最も多かったのは前年同様、「人事・採用担当者」で42.2%でしたが、次いで「父親」が37.1%、「母親」が34.8%を占め、いずれも前年よりポイントが増えていたのです。ちなみに前年調査で2位だった「友人・知人」は、父親、母親に次ぐ4位にダウンしています。

昨今は「親子就活」の過熱ぶりもよく注目されますが、こうした“親がかり”の現実がある以上、採用現場の担当者としてはやはり「オヤカク」を意識せざるを得ないでしょう。ただでさえ売り手市場で採用活動が厳しさを増す中、募集・選考を重ね、ようやく内定を出すところまでこぎつけたのに、親の反対でひっくり返されたのでは採用計画に大きな狂いが生じかねません。特に規模の小さな企業や成長途上で人手の足りないベンチャー企業にとって、内定辞退のダメージはより深刻です。

いまの就活生の親の多くが就職活動を経験したのは、まさにバブル経済全盛の頃。日本経済が拡大を続け、各企業が新卒学生を奪い合うように採用していた時代です。大卒なら比較的楽に大手企業に入ることができた当時と比べて、昨今の就職事情ははるかに厳しくなっているのに、そうした現実を知らず、自らの成功体験をもとに口出しする親が少なくありません。曰く「大学まで出したのにもっといい会社に入れないのか「ベンチャーより安定した大手のほうがいい」「そんな名前の会社は聞いたこともない」――。親が子どもの内定先の評判をインターネットで調べ上げ、「ブラック」などと書き込まれているのを見ただけで拒否反応を示すケースもあるようです。

中小企業やベンチャー企業では、こうした理解不足を解消し、先入観に基づく親の不安を少しでもやわらげようと、電話や手紙による担当者レベルの「オヤカク」だけでなく、トップ自らが学生の家庭を訪ね、親に直接あいさつをして入社を働きかけるケースも増えています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

逆求人
企業が求人募集をかけて学生を集める従来の新卒採用活動の流れとは逆に、学生側がイベントやインターネットなどを活用して自らをアピールし、興味をもってくれた企業からのアプローチを待つしくみのことを「逆求人」と言います。知名度は低いけれど採用意欲の高い中堅・中小企業と、人気企業にこだわらずより広い選択肢か...
スクラム採用
「スクラム採用」とは、全社員が一丸となって取り組む採用方式のことをいいます。スクラムとは、ラグビーにおいて両チームのフォワード選手がボールを間に肩を組み押し合うこと。転じて、全員が共通のゴールに向かって力を発揮することを意味するようになりました。採用売り手市場が続く中で、人事だけでなく全社員で候補者...
ダイレクトリクルーティング
「ダイレクトリクルーティング」とは、採用において、企業が自ら能動的に活動し、採用する手法のことです。人材の募集活動を求人広告媒体や人材紹介会社など第三者にアウトソーシングして、求職者の応募をただ「待つ」のではなく、企業側が人材データベースやSNSなどさまざまなツールを活用して、求める人材を自ら探し、...

関連する記事

人事マネジメント「解体新書」 第18回 2010年新卒採用に向けて~「年間採用計画」の策定をどう行うか
人事マネジメント「解体新書」 第18回 2010年新卒採用に向けて~「年間採用計画」の策定をどう行うか
2008/08/08掲載人事マネジメント解体新書
採用成果を上げている企業は「勝つためのプランニングができている」「社内の協力体制は十分である」「PDCAサイクルは十分に機能している」割合が高い
「自社の採用チームは、採用において十分な成果を上げている」という項目に対して「当てはまる」企業は11.2%、「どちらかというと当てはまる」企業は49.4%。このような「成果を上げている」企業は、「採用市場において勝つためのプランニングができている」「採用活動に...
2017/06/30掲載人事白書 調査レポート
人事マネジメント「解体新書」第53回 2013年 新卒採用の動向と対策(前編)
2013年の新卒採用は、日本経団連の倫理憲章によって、例年より2ヵ月遅れて2011年12月にスタートした。これにより、多くの企業が採用戦略の見直しを迫られることになった。まずは、2013年新卒採用の見通しはどうなっているのか、データを中心にその動向を見ていくこ...
2012/02/27掲載人事マネジメント解体新書

関連するQ&A

【2010年度入社】 新卒の採用単価について
2010年度新卒採用における一人当たりの採用単価の相場はどのくらいでしたでしょうか? また2名採用の場合、どんな採用手法が適切でしょうか? よろしくお願いいたします。
採用アウトソーシングについて
採用のアウトソーシングを受託したいと考えているのですが、他企業の採用を代行する際、採用決定までアウトソーシング会社がおこなってよいのでしょうか? また、行ってはいけない行為はどのようなことがありますでしょうか?
募集人数と採用人数について
新卒採用活動中です。 募集人数を50名程度とした際に、実際に採用した人数が10~20名とかけ離れていた場合は何か問題があるのでしょうか?採用したい学生が少なかった場合は、10名しか採用しなくても特に問題はないでしょしょうか。 ご教示いただければと思います。よろしくお願いいたします。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 採用 ]
新入社員研修の種類や企業事例、「新入社員研修」サービス

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

求める人材を確実に採用する視点 働くパパママ育休取得応援奨励金

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


「2020年度 新入社員育成」ソリューション特集

新入社員研修の種類やカリキュラム例、企業事例、おススメの「新入社員研修」サービスをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ミツイワが「福利厚生サービス」を利用する目的とその効果とは?

ミツイワが「福利厚生サービス」を利用する目的とその効果とは?

ミツイワ株式会社 総務部 課長 松波 弘治さん、人事部 次長 田中 堅...