【ヨミ】シリアルアントレプレナー シリアルアントレプレナー

「シリアルアントレプレナー」とは、アントレプレナー(起業家)の中でも、特に連続して何度も新しい事業を立ち上げる起業家を指す言葉です。シリアル(serial)は「連続的な」の意、日本語では「連続起業家」と訳されます。シリアルアントレプレナーはベンチャー企業を設立、発展させ、事業が軌道に乗ると売却するなどして経営から退き、また新たなベンチャー企業を立ち上げる、ということをくり返します。仮に事業が不成功に終わっても、その失敗を糧として次の事業に挑戦するのが特徴です。
(2014/10/21掲載)

シリアルアントレプレナーのケーススタディ

米国では起業家の3分の1が連続起業
企業の“身売り”は敗北ではなく誇り

日本のビジネス社会の伝統的価値観では、会社や事業の売却・譲渡はネガティブなイメージで語られることが少なくありません。いわゆる“身売り”という言葉から連想されるように、経営者や事業家が自社の売却を決断すると、その一事をもって市場競争の敗者とみなされる風潮が、いまだにあります。実際、経営に行き詰まり、資金に余力のある同業他社にやむを得ず買ってもらった、といった事例が多いのも確かでしょう。

起業先進国のアメリカの場合、企業の“身売り”に対する見方は、日本と大きく異なります。自分が創り、育て上げた会社や事業を大手企業に売却できることは事業家にとって誇りであり、起業のモチベーションになっていると言われます。買われることが“cool”(かっこいい)と評価される文化があり、それゆえに必ずしもゴーイング・コンサーン(継続企業の前提)をもって経営にあたるのではなく、会社や事業部門の価値がピークに達したときこそ“売りどき”だと考える価値観が根付いているのです。そうした土壌から次々と輩出されているのが「シリアルアントレプレナー」――ベンチャーを立ち上げては売却・譲渡し、得た利益や人脈を活かして、また次のベンチャーを立ち上げるというサイクルをくり返す連続起業家です。

特に米・シリコンバレーにこのタイプの起業家が多いと言われる背景には、大手IT企業が優秀な人材や技術をもつ新興企業を発掘し、投資することに積極的だから、という要因があります。米調査会社によると、2011年から14年6月までの大手IT企業の買収・投資件数は、グーグルが195件、ヤフーが50件、アップルが26件に上っています。また、ビジネスソフトの定番として知られるマイクロソフトの「オフィス」にはワード、エクセル、パワーポイントなどさまざまな製品群が含まれていますが、これらはもともと別々のベンチャーが開発したもので、同社はこうしたベンチャーを100社以上買収し続けることで、世界的な企業へと飛躍していきました。いい会社なら積極的に高く評価する=買う文化があるからこそ、いい会社を創っては売り、売っては創ろうとする、貪欲な起業家精神も育まれるのでしょう。

米クレムゾン大学のウェイン・スチュアート准教授は「米国では、起業する人の3分の1以上が何度も挑む起業家だ。失敗の中から新しいトライが生まれているようだ」と述べています(朝日新聞2014年7月6日付)。技術革新に次々と挑戦し、経済に活力をもたらすシリアルアントレプレナー。ここへきて日本でも台頭の兆しが現れてきました。ヤフーやミクシィなどネット大手によるベンチャー買収が進み、連続起業しやすい環境が生まれつつあるのです。ただし、企業・事業の売買が頻繁にくり返されることは、そこで働く人々の雇用・労働環境の不安定化につながりかねません。日本に米国流“身売り”が浸透、定着するかは不透明です。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連するキーワード