企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】バランススコアカード バランス・スコアカード

BSC(Balance Score Card)。企業や組織の目標を定め、その実現のために個々の目標を設定、管理、評価する目標管理・業績評価の一手法です。人事マネジメント分野では「戦略的目標管理制度」と呼ぶケースもあります。米国で考案されて、発展した経営戦略ツールですが、日本でも導入を目指す企業や自治体が増えてきました。
(2004/12/27掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バランス・スコアカードのケーススタディ

大企業や自治体が相次いで導入
4つの視点から業績を評価する

ハーバード・ビジネス・スクールのロバート・キャプテン教授が経営コンサルタントのノーラン・ノートン博士とともに、1992年に『ハーバード・ビジネス・レビュー』誌上に発表した業績評価のモデルが起源とされています。両氏は財務に偏った業績評価だけでは目先の利益を追い求めがちで、将来のマネジメントに必要な取り組みが見落とされてしまう危険性を指摘、「財務の視点」「顧客の視点」「業務プロセスの視点」「学習と成長の視点」の4つの視点から企業や組織の業績を評価する手法を提唱しています。

評価のポイントとなる4つの視点はそれぞれ独立しているのではなく、各指標間の因果関係に基づいて設定されることが求められます。従来の業績評価が結果の評価のみで、結果を生み出すためのプロセスを一切評価していないのに対して、BSCでは結果とプロセスのバランスを重視した評価になります。そのため、結果偏重で短期的な視点に陥りがちな目標管理制度を補完でき、また会社目標と部門目標のバランスや、株主・顧客・役員などのステークホルダーのバランスを維持しながら、組織変革の推進ができると言われています。

大手企業でBSCを導入しているのは、事務機器大手のリコーや飲料大手の宝酒造など、かなりの数に上っており、最近では地方自治体が導入する例も増えてきました。2004年度から導入した東京都千代田区の場合、区民生活部、保健福祉部、まちづくり推進部、環境土木部、教育委員会事務局の5つのセクションで、BSCの4つの視点をベースに15〜20の評価基準を設定、合計で100点になるような配点方法が取り入れられています。

BSCは中長期的な経営改革・戦略構築のツールであり、つねに経営トップがコミットし続けることが重要です。拙速に導入して失敗する例もあるため、試験的に一部組織に導入し、そこで成功させたうえで全社に導入している企業もあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

水平的評価
上司が部下に評価を下す「垂直的評価」に対して、同等の組織階層に属する従業員相互が評価者、被評価者となって評価しあうことを「水平的評価」と呼びます。この手法を考課方式として単独で用いることは少なく、導入している企業などではあくまでも垂直的評価を補完するために、一人の被評価者を直属の上司だけでなく複数...
360度評価
パフォーマンスの高い組織をつくるスキームには、さまざまなものがあります。中でも、社員のモチベーションを高め、個々の人材が持つ能力を最大限に引き出す評価制度の設計は、人事担当者の腕の見せ所といってよいでしょう。従来採用されてきた上司から部下への一方向の評価体制の欠点を補う手法として、いま浸透しつつある...
多面評価制度
人事評価の制度をより高めるために、上司だけでなく部下や同僚、顧客など複数の方位から評価を行う制度です。上司から部下への一方的な視点に立つのではなく、あらゆる方向からの評価であるため「360度評価」とも言われます。すでに一般の企業の1割以上で導入されており、今後もさらに広がりそうです。

関連する記事

人事評価への納得性を高めるための 目標設定・フィードバック面接と運用法
目標管理制度を導入する企業で、上司の評価と自己の評価の間にギャップを生じ、フィードバック面接などで不満を示す社員が増えているようです。本記事では、こうした問題を解消するための対策について、具体的な事例とともに、紹介します。
2012/03/19掲載人事・労務関連コラム
評価制度の実際
人事制度の方針を決定する上で重要な役割を持つ「評価制度」。その意義・目的と運用のポイントについて紹介する。
2017/06/30掲載よくわかる講座
「部下が上司を評価する仕組みがある」企業は14.4% 「評価が会社の業績向上につながっている」企業は35.5%
「最終的な評価結果が、被評価者にフィードバックされる」に「当てはまる」「どちらかといえば当てはまる」と答えた人は、71.3%。また、評価対象、評価項目、評価基準が社内で公開されている」は69.9%だった。一方、評価結果への納得や配置転換への活用、業績向上につな...
2019/07/08掲載人事白書 調査レポート

関連するQ&A

組織マネジメントの評価項目
お世話になっております。 人事考課の評価項目の一つに、管理職者に対して、組織マネジメントの評価を考えております。 一般的な組織マネジメント能力に関する評価項目をご教授いただけますでしょうか。 宜しくお願い致します。
絶対評価と相対評価の活用例
人事評価には絶対評価と相対評価の二種類があると言われますが、それぞれの活用先(賞与評価、昇給評価、昇格評価)とその理由につきまして、一般論で結構ですので、ご指導願います。
出向者の人事評価について
出向者の人事評価の方法について教えてください。 当社150名程の企業ですが、今期に入り急に出向者の人数が増えてしまい、社員の半分程度がグループ会社に出向となっています。 これまでは評価者と、被評価者が同じチームに出向されていたので、そのまま当社の上長が、当社の基準で評価を行っておりましたが、今期よ...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。
健康経営を戦略的に推進するステップとは?取り組み事例と外部サービスの選び方

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


健康経営の実践に必要なステップ、外部サービスを選ぶ際のポイント

健康経営を戦略的に推進するための必要なステップや取り組み事例、外部サービスを選ぶ際のポイントをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


グローバル時代を勝ち抜くために必要な“人材育成とマネジメント”

グローバル時代を勝ち抜くために必要な“人材育成とマネジメント”

日本企業はグローバル化を進めるにあたり、長年解決できない課題を持ち続け...


「入社前に、“ストレス耐性”を確認したい」<br />
――辞めない人材を採用する、科学的な採用手法とは

「入社前に、“ストレス耐性”を確認したい」
――辞めない人材を採用する、科学的な採用手法とは

能力が高くても、ストレスにうまく対応できなければ思うような成果をあげる...