企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ケイパビリティー ケイパビリティー

「ケイパビリティー」(capability)とは、企業が全体としてもつ組織的な能力、あるいはその企業に固有の組織的な強みのことです。経営戦略を構成する重要な概念であり、競争優位の大きな源泉となりえます。戦略そのものによる差別化が困難な状況下においては、オペレーションの主眼となるスピードや効率性、高品質といった企業のケイパビリティーを活かし、戦略の実現性や遂行能力で他社に差をつけることが持続的な優位性の確立につながります。企業に固有のケイパビリティーを最大限活用した競争戦略を「ケイパビリティー・ベースド・ストラテジー」といいます。(2012/6/25掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ケイパビリティーのケーススタディ

資源を活かし戦略を実現する組織能力
競争優位を保つにはたえず刷新が必要

ケイパビリティー」は、企業が有する独自資源を組織として活用する能力、運用する能力と言い替えることもできます。他社にない優れた技術や高度な生産設備も、それをもっているだけでは企業の強みにはなりえません。重要なのは、それを活かして何ができるか。技術や設備を使ってよりスピーディーに、より効率よく、より高品質な顧客価値を実現するためには、独自資源を取り巻く人材・資金・知識・情報などを最適に組み合わせる必要があります。組織として自社の戦略を高いレベルで遂行する業務プロセスや人事体制、企業風土を構築することができれば、技術や設備それ単独よりもはるかに大きな優位性の源泉となるのです。

従来“戦略”といえば、市場構造を分析しながら特定の市場セグメントを占有するなど、事業や商品のポジショニングによって競争優位を築くのが定石で、そこでは企業の外的な側面に焦点が当てられてきました。これに対し、人や組織といった内的環境を重視して、組織としての強さで自社の優位性を創り出すのがケイパビリティーを活用した戦略です。

しかしケイパビリティーを継続的に強化し、長期にわたる成長や高収益を実現することは容易ではありません。ケイパビリティーもまた、外的環境の変化とまったく無縁でいられるわけではないからです。比較的短期であれば、活用できる技術の種類や顧客ニーズも劇的には変わりませんが、時間とともに変化の程度がある限界点を超えると、それまで自社の強みであったケイパビリティーが市場で意味を成さなくなり、むしろ弱みに変わってしまうことさえあるのです。例えばある企業が優れたブラウン管の製造技術を有し、以前はその技術を活かした組織能力でテレビ市場をリードしていたとします。しかし液晶技術の台頭という外的環境の決定的な変化が起きたいま、ブラウン管技術を核とした組織やシステムをそのまま維持してもほとんど意味がありません。それらはもはや、成功をもたらすケイパビリティーとして機能しないからです。

米国のGE社は100年を超える長い歴史の中で、技術の陳腐化など大きな事業環境の変化に何度も遭遇しています。そしてその度に、既存の技術を別の市場に応用したり、同じ市場に対して異なる技術や製品を導入したりして、自社のケイパビリティーの形や範囲を変容させ、事業領域の多様化とともに強化・発展させてきました。ケイパビリティー戦略においては組織の内的側面が重視されるだけに、市場など外的環境の変化への対応が遅れやすく、また十分に注意しているつもりでも、それまでの事業の経験や成功事例からいつの間にか目の前の企業活動に視野が狭まってしまいがち。今後は、部門の壁を超えた全社的な交流や外部とのコラボレーションも含め、内外の経営資源を幅広く、柔軟にコーディネートしていくことで自社のケイパビリティーを刷新し続ける能力――ダイナミック・ケイパビリティーがますます重要になると考えられます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

企業遺伝子
長期にわたって企業の組織やそれを構成する人材に共有・継承され、暗黙の前提となっている価値観、信念、行動規範などの体系を「企業遺伝子」あるいは「企業DNA」と呼びます。企業にとっての遺伝子(DNA)とは、いわばその“企業らしさ”。個々の企業のあり方を決定づけ、持続的な競争優位の源泉となる組織文化のこ...
組織社会化
組織研究において、新しく組織に加わったメンバーが、組織の目標を達成するために求められる役割や知識、規範、価値観などを獲得して、組織に適応していくプロセスのことを「組織社会化」といいます。個人が組織に参入するときは、必ずこの組織社会化の過程を通過しなければならないと考えられています。 (2012/5...
エンプロイメンタビリティ
「エンプロイメンタビリティ」(employmentability)とは、「企業の雇用能力」を意味する用語です。雇用される側からみて魅力的な企業か、継続的に雇用されたいかといった価値に関する概念で、雇用主としての能力や優秀な人材をひきつける吸引力を表します。単に高報酬を保障できればいいということでは...

関連する記事

人事マネジメント「解体新書」第42回 ベンチャー企業に学ぶ人材戦略(前編:解説) ~組織を“ベンチャー化”することで、人は成長していく
バブル崩壊後、日本を牽引してきた大企業が成長戦略を描き切れなくなっている。一方、成長著しいベンチャー企業は元気だ。何より、働く人のモチベーションと行動力が段違いだ。いったい、この違いを生むものは何なのか?
2010/10/25掲載人事マネジメント解体新書
94.3%の企業が「戦略人事は重要である」と感じているのに、「戦略人事として活動できている」企業はわずか32.2%
最近、経営戦略と人事部門が連動する「戦略人事」の重要性が叫ばれている。その実態について調査した。「戦略人事は重要である」と感じている割合は、「強く感じる」(59.9%)「感じる」(34.4%)を合わせて94.3%。「人事部門が戦略人事として活動できている」と感...
2017/06/30掲載人事白書 調査レポート
9割近くの企業が「戦略人事」の重要性を認識しているが、実際に「戦略人事」として機能できている企業は約3割
9割近くが「戦略人事」の重要性を認識。市況よりも良い企業では、「当てはまる」が68.9%に。「戦略人事」を実践できている企業は31.6%にとどまる。戦略人事が機能していない理由は「人事部門のリソースの問題」が54.6%と過半数。
2018/07/12掲載人事白書 調査レポート
管理職のコミュニケーション能力を高める!ソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

仕事と介護の両立支援セミナー

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ


管理職のコミュニケーション能力を高める!ソリューション特集

今求められるコミュニケーション能力・マネジメント能力とは


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


管理職1年生日記 (第1回)

管理職1年生日記 (第1回)

主人公は、首都圏に本社がある食品メーカーC社営業部第2課に勤務するA氏...


ジェイエイシーリクルートメントが「バークレーヴァウチャーズ食事券サービス」を利用する目的とその費用対効果とは?

ジェイエイシーリクルートメントが「バークレーヴァウチャーズ食事券サービス」を利用する目的とその費用対効果とは?

企業が展開するさまざまな人事施策の中で、最近は「福利厚生」が大きな位置...