無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

【ヨミ】ターンアラウンド マネジャー ターンアラウンド・マネジャー

「ターンアラウンド・マネジャー」(Turnaround Manager)とは、経営破綻した企業もしくは経営破綻寸前の状態にある企業を短期間で再生させるために、経営者として登用される事業立て直しのスペシャリストのこと。俗に「企業再生請負人」ともいいます。
(2012/6/11掲載)

ターンアラウンド・マネジャーのケーススタディ

財務だけの旧来の企業再生人とは違う
強いリーダーシップと経営手腕が必須

ターンアラウンド・マネジャー」のミッションは、事業再生が必要な企業に“経営陣”として乗り込み、策定された事業再生計画を定められた期間内に達成して経営再建を成し遂げることです。とりわけ再生に金融支援が伴うようなケースでは、従来の経営者が経営責任を問われて退任するのが普通ですから、後任として当該企業の経営のすべてを継承し担うことになります。毀損した企業価値を最大化するために、ターンアラウンド・マネジャーには、財務、事業、組織などあらゆる観点から最適な戦略を構築し、完遂する能力が求められるのです。

1990年代までの企業再建の枠組みでは、再生請負人は金融機関や企業再生ファンド運営会社が再建企業の社員の中から適任者を選んだり、金融機関出身者を外部から招へいしたりするケースが多く、実際に腕をふるうのは債権放棄の働きかけや資産の売却などの財務的処置に限られていました。しかし近年の厳しい経営環境下では、財務的処置だけで企業再生を軌道に乗せることは極めて難しいといえます。大胆なコスト削減はもちろんのこと、より企業の根幹に関わる経営戦略や組織体制を刷新し、ときには歴史とともに継承されてきた企業文化にまでにメスを入れないと、競争力を取り戻せないからです。それは破綻の危機に瀕していた日産をV字回復に導いた、カルロス・ゴーン社長の改革手法をみても明らかでしょう。

だからこそターンアラウンド・マネジャーには、企業経営に関わる全方位的な知見と、何よりも強いリーダーシップが欠かせません。経営破綻か、あるいはその寸前の状態にあるわけですから、プロパーの従業員や取引先を含め内外のステークホルダーは動揺していて当然です。そんな彼らに対して、厳しい選択を迫らなくてはならない局面も少なくありませんが、むやみに抵抗勢力を排除するだけでは、組織全体が疑心暗鬼になり、改革へのモチベーションそのものが下がってしまいます。「こうすれば必ずよみがえる」という将来のビジョンを明確に打ち出し、各ステークホルダーの不安と不信感を払拭するだけの的確なコミュニケーション能力をもって、組織の士気を維持・高揚させられるかがターンアラウンド・マネジャーの腕の見せどころといえるでしょう。

欧米にはカルロス・ゴーン氏のように、いくつもの企業を経営危機から救ってきた腕利きのターンアラウンド・マネジャーが数多くいます。日本は欧米に比べて企業再生の取り組み自体が遅れていましたが、近年は産業再生機構の活躍などが契機となり、企業再生案件が増えてきたため、ノウハウも徐々に蓄積されつつあります。日本でもプロのターンアラウンド・マネジャーが続々と輩出される日はそう遠くないかもしれません。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連するキーワード