企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ホウテイガイホショウセイド 法定外補償制度

業務や通勤に起因した労働者の負傷、疾病、障害、死亡などに対して、労働者災害補償保険法(労災保険法)による労災補償給付とは別に、企業が独自の立場から補償給付の上積みを行う制度です。

法定外補償制度のケーススタディ

被災労働者の「障害補償」「遺族補償」
「身分補償」「休業補償」などが一般的

労災保険法に基づく法定給付は、被災労働者の生計費を補うのに十分とは言えないのが現状です。ましてや一家の大黒柱を労働災害で失った遺族は、これまでの生活水準を維持していくのは容易ではありません。法定外補償制度はこうした法定給付の不足分を、企業の費用負担で補うことを目的として導入された福祉制度の一つです。

今日では上場企業を中心に多くの企業が導入するようになっていますが、よく知られているのは被災労働者の「障害補償」、被災労働者が死亡した場合の「遺族補償」や「葬祭料」です。このほかにも被災労働者が休業している間の身分を補償する「身分補償」や「休業補償」、療養が必要な場合に実費と法定給付の差額を補償する「療養補償」なども一般的なものです。

業務・通勤災害の法定外補償額は年々高額化する傾向にあります。とくに業務災害の遺族補償額は、自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)の死亡給付金額である3000万円に近付いてきました。性格がまったく違う自動車保険の損害賠償額の水準を、そのまま労災保険制度に当てはめることについては、産業界では慎重な意見が根強いようですが、労働組合側は被災労働者や遺族の生活安定に企業が相応の責任を持つのは当然と主張しており、労使間で十分な話し合いを行うことが必要でしょう。

ともあれ法定外補償制度は任意の制度ですから、制度を導入するか否かは各企業の判断に任せられています。また、導入した場合でも補償金支給の要件、支給額、支給対象者は公序良俗に反しない限り、企業が自由に制度設計をすることができます。したがって制度の内容は労働協約や就業規則などで明確に規定しておく必要があります。また、パートタイマーなどの短期雇用者も労災保険法の適用対象に含まれることから、これらの短期労働者に対する労災補償も企業にとっては今後の課題になりそうです。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

打切補償
業務上の事由で従業員が負傷したり病気になったりした場合、使用者は従業員に対して全治するまで必要な補償(療養補償)を行う責任を有します。「打切補償」とはこれに対し、労働基準法81条が、使用者負担を軽減する趣旨で規定している免責措置。療養開始後3年を経過しても、負傷または疾病が治らない場合に限り、使用者...
労働災害(労災)
業務中や通勤時に負ったけがや病気は、「労働災害(労災)」の対象となります。近年、日本では仕事のストレスに起因する精神疾患を訴える労働者も増えており、企業・労働者ともに労災について学ぶ必要性が増しています。ここでは、負傷・疾病などによる労災の認定基準、労働者災害補償保険(労災保険)の概要や補償内容に加...
ボランティア休暇
「ボランティア休暇」とは、企業が従業員のボランティア活動への参加を支援・奨励する目的で、有給の休暇・休職を認める制度のことです。1990年代はじめから、労働時間短縮の流れや企業に対する社会貢献の要請の高まりをうけて、制度を設ける企業が急増。95年の阪神・淡路大震災における市民ボランティアの大活躍をき...

関連する記事

中堅・中小企業調査──業務・通勤災害の法定外補償
労働災害の発生に備え、多くの企業では、労災保険法による法定給付に加えて、独自の上積みを図るための法定外補償(付加給付)制度を設けています。労務行政研究所では、主要企業を中心に、1、2年に1度、業務災害・通勤災害における法定外上積み補償の水準調査を行っていますが...
2010/02/01掲載人事・労務実態調査
「企業年金コンサルティング」サービスの現状と傾向
「企業年金」は加入者の退職後の資産の一つである。しかも、公的年金同様、企業年金も適切な制度運用や環境の変化に応じたメンテナンスを行っていかないと、加入者にも企業自身にも思わぬダメージを与える可能性がある。専門的で分かりにくいといわれる「企業年金」についてポイン...
2007/09/10掲載人事支援サービスの傾向と選び方
人事制度とは -意義・基本-
経営資源と言えば「ヒト・モノ・カネ」が挙げられるが、中でも重要なカギを握っているのはヒト、すなわち「人材」である。経営課題をつきつめていくと、最終的には「企業は人なり」という結論に到達する。「企業の競争力や価値を向上させる組織」や「従業員の意欲・能力を向上させ...
2013/04/26掲載よくわかる講座

関連するQ&A

遺族補償一時金について
いつも利用させていただいております。 労災(死亡事故)の場合に、遺族補償年金あるいは遺族補償一時金が支払われるかと思いますが、 これらは損害賠償額から相殺することはできるようでしょうか。 宜しくお願いいたします。
通勤災害・通勤労災
お世話になります。 通勤労災とは、一体、何を補償してくれるのでしょう? 本人の休業・治療費のほかに、相手の補償もしていただけるのでしょうか? 初歩的な質問で申し訳ございません。
労災休業補償について
平成14年12月に業務中負傷した従業員が休業をしております。年齢が当時69歳(現在72歳)ということもあり、現在まで休業が続いており、労災保険による休業補償が継続しております。 休業補償の期間限度はあるのか、打ち切り補償について、会社として雇用解除を含めて、今後はどのような対応を図っていけばいいか、...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 安全衛生 ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

POSITIVEの導入事例はこちら 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


変化が求められる時代に不可欠な「経済知力」<br />
~膨大な情報からビジネスの未来を読み解く力をつけるには~

変化が求められる時代に不可欠な「経済知力」
~膨大な情報からビジネスの未来を読み解く力をつけるには~

グローバル化やIT化が加速するなか、ビジネスを取り巻く環境が今大きく変...