企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】フリーアドレス フリーアドレス

「フリーアドレス」とは、職場で社員一人ひとりに固定した席を割り当てず、在社している社員が仕事の状況に応じて空いている席やオープンスペースを自由に使うオフィス形態、あるいはそうした制度を活用して柔軟かつ効率的に業務を進めるワークスタイルをいいます。「フリーアドレス」は和製英語で、米国では同様のコンセプトをノンテリトリアルオフィス、シェアードオフィス、ホテリングオフィスなどと呼びます。
(2011/7/11掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フリーアドレスのケーススタディ

自分の席がなくなると働き方が変わる
コミュニケーションの活性化に期待

日本におけるフリーアドレスの取り組みはもともと、バブル期のオフィス賃料の高騰を背景に、オフィススペースの効率的な使用とそれに伴うコスト削減を目的としていました。1987年に清水建設・技術研究所のオフィスで採用されたのが、世界初の事例であったといわれています。

当初のコンセプトはオフィスのダウンサイジング。社員一人ひとりに自分専用のデスクを確保するのではなく、総人数分より少ないデスクや執務スペースを、そのとき社内で稼働している社員で共用し、オフィス賃料や各種設備のコストを削減するのがねらいでした。在席率50%のオフィスならば、フリーアドレスによって必要なオフィス面積は1/2で済むことになり、賃料も大幅に抑えられます。外出が多く、比較的在席率が低い営業部門やサービス部門などにおいて先行的に採用されているのはこのためです。3年前から営業と技術部門の一部でフリーアドレスを採用しているNECネッツエスアイでは、今秋の社屋移転を機に全面導入。移転に15億円程度の費用がかかるものの、賃貸面積を4割近く削減でき、年間10億円のコストダウンにつながると見込んでいます。

同様に日本ヒューレット・パッカード、グーグル、カルビーなど、社屋移転や本社機能の統合を契機にフリーアドレスを本格導入した企業は少なくありませんが、近年、その導入の目的は大きく変化してきています。ダウンサイジングやコスト削減以外のメリットがクローズアップされるようになり、その結果、オフィスのフリーアドレス化を通じて働き方や執務環境の改革を目指す動きが広がっているのです。

最大のメリットは「組織内コミュニケーションの活性化」。フリーアドレスによって、上下関係や部署の壁を超えたコミュニケーションが自然に促されるのです。会議や打ち合わせなどの形式的なコミュニケーションとは違い、インフォーマルな会話が社内に人脈を広げ、情報の共有や知識の伝達に効果をもたらすと期待されています。またフリーアドレスなら、その日の仕事に必要な人材と自由にグループを組み、適当な場所を選んでコラボレーションすることもできるため、生産性の向上や業務の効率化に資するといわれます。その他にも、職場の整理整頓や執務環境を変えることによるリフレッシュ効果なども指摘されています。

こうした効果を上げるためには、単に個人用のデスクを廃止するだけでなく、ICT(情報通信技術)の活用で完全ペーパーレス化を図ったり、共用スペースのレイアウトを工夫したりするなど、ワークスタイルの変化に対応しうるインフラの整備が欠かせません。また自分の座席がなくなることで、「仕事に集中できない」「部下の管理に目が届かない」など、社員が不安を訴えるケースもあるので、フリーアドレスの導入にあたっては、費用対効果を十分に見きわめ、導入目的を明確にする必要があるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

ABW
「ABW」とは、「Activity Based Working」の略で、仕事内容に合わせて、時間や場所を自由に選択できる働き方のことをいいます。オランダの保険会社から生まれたこの考え方は、グーグルやアクセンチュアなどをはじめとする多くの企業で取り入れられ、広く知られるようになりました。近年では、AB...
社内SNS
「社内SNS」とは、会社内や組織内で、複数人で使われるコミュニケーションツールのこと。SNSはソーシャルネットワーキングサービスの略語です。メールと違って気軽に情報を発信できるのでハードルが低く、迅速に情報を交換できる、というメリットがあります。社内コミュニケーションの活性化のほか、社員が個々に持つ...
ノマドワーカー
「ノマド」(nomad)とは、英語で“遊牧民”を指す言葉。定住地を持たない遊牧民のように、オフィスに縛られることなく、喫茶店やファストフード店などを活用して、働く場所を自由に選択しながら仕事をする働き方を「ノマドワーキング」といいます。このような働き方を選択する人々は「ノマドワーカー」と呼ばれ、近年...

関連する記事

人事マネジメント「解体新書」第75回 「働きやすいオフィス」の条件 ~生産性とコミュニケーションを向上させるオフィスとは?(前編)
仕事の生産性・効率性を向上させていく上で、「働きやすいオフィス」であることは大変重要である。一方で経営の観点からすれば、業務がいかにスムーズに遂行されるかが重要となる。つまり、この両方がバランスよく機能展開されていることが、理想的なオフィスと言えるのではないだ...
2014/10/20掲載人事マネジメント解体新書
テレワーク導入時、67.5%の企業が「社内コミュニケーションやマネジメントへの支障」を懸念していたが、実際に「大きな問題になった」のは1.0%
テレワーク・リモートワークの導入にあたって、人事担当者はどのような懸念をどの程度、感じていたのだろうか。「強く懸念していた」と「やや懸念していた」を足した割合が多かったのは、「社内コミュニケーションやマネジメントへの支障」(67.5%)、「時間に対してルーズさ...
2018/08/06掲載人事白書 調査レポート
人事マネジメント「解体新書」第76回 「働きやすいオフィス」の条件~「経営理念の反映」「機能性に富んだワークプレイス」を実現した2社の事例(後編)
『前編』では「働きやすいオフィス」が求められる背景や求められる条件、代表的な機能のあり方について見てきた。現在のオフィスには働きやすさと、その組織の目的に合致していることが必要であるとおわかりいただけたと思う。『後編』では、そうした観点から「経営理念の実現」「...
2014/10/29掲載人事マネジメント解体新書

関連するキーワード

これからの組織・事業を担う若手・中堅を育てる!セミナー特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ


これからの組織・事業を担う若手・中堅を育てる!セミナー特集

成果を出せる社員育成のために『日本の人事部』が厳選したセミナーをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


大前提はノーマライゼーション<br />
障がい者を含め多様な人材が活躍できる環境づくりに取り組む
new

大前提はノーマライゼーション
障がい者を含め多様な人材が活躍できる環境づくりに取り組む

2018年4月1日に施行された「改正障害者雇用促進法」で、法定雇用率の...


個の成長が企業の成長。そして、社会を変えていく力になる<br />
ニトリが全社員に「グロービス学び放題」永年プランを導入
new

個の成長が企業の成長。そして、社会を変えていく力になる
ニトリが全社員に「グロービス学び放題」永年プランを導入

日々の業務に熱心に取り組む社員の視野を広げ、より中長期的な目線でキャリ...