企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】リンバンセイ 輪番制

輪番とは、順番を決めてもちまわりで事に当たること。一定の組織を構成する個人や集団などの各単位で、輪番で何らかの役割や役目を割り当てるルールを「輪番制」といいます。電力の供給不足などに対応するために複数の事業所や工場が協力しあって、あるところが稼働しているときには別のところは停止するというように、操業と休業を交替で行うことを「輪番操業」と呼びます。
(2011/7/11掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

輪番制のケーススタディ

輪番休業で所定休日を平日にシフト
従業員の生活に及ぼす影響に配慮を

東日本大震災の影響で、夏場の電力需給バランスの悪化が見込まれることから、各企業・業界には、労働時間の見直しなど労務管理面にまで踏み込んだ節電対策が求められています。日立製作所は、7~9月の消費電力の分散化・平準化を図る目的で、電力需要が少ない土、日曜日を出勤日とするかわりに、休みを月~金曜日に振り替えて輪番制で取得すると発表しました。休日の輪番制は、病院や営業・サービス部門をのぞく事業グループ単位で平日の2日間を所定休日に設定。たとえば電力事業や自動車関連の生産拠点では、木、金曜日が休みとなります。

コマツの東京本社では夏季の節電対策として、ビルの“フロアごと”に輪番休日を導入しました。社員を勤務する階ごとに区分し、月~金曜日に輪番で1日ずつ休ませるしくみです。休日の取得には有給休暇を消化したり、祝日を振り替えたりして対応。土、日曜日は従来どおり所定休日のままなので、あわせて“週休三日”となります。化学大手の三菱ケミカルでも、東京本社ビルの各フロアが半日ずつ業務を休む「輪番休業」の取り組みを、7月中旬から2ヵ月間実施する予定です。たとえば月曜の午前は4階、午後は5階、火曜の午前は6階というように半日ずつ輪番で休業し、空調や照明を止めることで、毎週本社全体が半日休むのとほぼ同じ節電効果が得られるといいます。

労務行政研究所が4月下旬の時点で、東京電力・東北電力管内の事業所を対象に調査を行い、各社がどのような節電対策を検討しているかを「本社・本店等」「工場・倉庫等」「営業所・店舗等」の三つに分けてたずねたところ、「所定休日の変更(輪番休業などで本来の所定労働日を平日から休日へ移行)」を本社・本店等の節電対策として挙げた企業は36.2%でした。工場・倉庫等では52.5%、営業所・店舗等では23.3%で、「所定外労働の削減の徹底」「始業・終業時刻の繰り上げ」「夏季連続休暇の時期・長さの変更」といった対策と並んで、検討している企業が多いことがわかりました。

こうした労働条件の変更・見直しが、従業員の生活に大きな影響をもたらすことはいうまでもありません。導入にあたっては、労働基準法などの法令を遵守することはもちろん、各事業場の実情を踏まえて労使が十分に話し合い、双方が納得した上で、節電対策が適切に実行される環境を整えることが肝要です。先述の日立製作所では、輪番休日を実施して土日を出勤日とした場合、小さな子どもや要介護者を抱えた社員の家庭で世話をする人がいなくなるなどの懸念がありました。そこで同社は、該当する社員約2,000人を対象にベビーシッターや託児所、介護施設などの利用料を補助。近隣にそうした施設やサービスがない社員にも配慮して、グループ内の7拠点に土日限定の臨時託児所を設置する予定です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

ポジティブ・オフ
「ポジティブ・オフ」とは、「オフ=休み」をもっと「ポジティブ=前向き」にとらえて楽しもうという意味。政府は、休暇を積極的に取得して、外出や旅行を楽しむことを促進するための取り組みを「ポジティブ・オフ運動」と名付け、2011年夏から提唱・推進しています。電力需給対策としての節電と地域経済活性化の両立...
制約社員
「制約社員」とは、働く場所や時間、従事する仕事内容などの労働条件について何らかの制約をもつ社員の総称です。伝統的な会社組織の基幹を成してきた正社員が、会社に言われれば「いつでも・どこでも・どんな仕事でも」働く無制約社員を前提とするのに対し、近年は特定の場所や時間での勤務を希望するパートタイマー・契...
コンプレストワークウィーク
「コンプレストワークウィーク」(Compressed workweek)とは、「圧縮された週労働時間」という意味。1週間の所定労働時間は変えずに、1日あたりの就業時間を長くして、その分就業日数を少なくする勤務形態のことです。たとえば週40時間労働で通常は1日8時間×週5日勤務のところを、1日10時...

関連する記事

2007年度労働時間総合調査――年間所定労働時間、休日日数など
労務行政研究所で毎年実施している「労働時間・休日・休暇等に関する実態調査」の2007年度の調査結果がまとまりました。本記事では2007年度の年間所定労働時間、休日日数の実態を中心に取り上げました。
2008/06/02掲載人事・労務実態調査
企業の時短はどこまで進んだ?休日は増えた?「労働時間」と「休日日数」の最新実態
主要企業と中堅・中小企業の2004年度の労働時間と休日について、労務行政研究所の調査結果をもとに探ってみます。
2005/03/28掲載人事・労務実態調査
景気低迷下における一時帰休・休業等の実施状況
労務行政研究所では、昨年来の深刻な景気低迷の下で、受注減に伴う操業調整や雇用維持等のために、社員の休業など労働時間面での対策を講じている企業が多くみられたことから、こうした不況対策としての労働時間関連施策の実施状況について調査を行いました。
2009/10/05掲載人事・労務実態調査

関連するキーワード

分類:[ 人事管理 ]
分類:[ 就業管理 ]

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


いま、なぜ「ビジネスマナー」が求められるのか?<br />
~「型」を覚えることが人を成長させる

いま、なぜ「ビジネスマナー」が求められるのか?
~「型」を覚えることが人を成長させる

近年、若い人の言葉遣いや立ち振る舞いに対して、「違和感」を覚えることが...