企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】レシプロシティ レシプロシティ

「レシプロシティ」(reciprocity)とは、「互恵性、返報性」の意味。人間関係において「相手に何かを渡したらお返しがあると期待し、逆に相手から何かを受け取ったらお返しをしなければならない」と感じる共通認識のことです。レシプロシティはあらゆる文化を越えた社会通念のひとつであり、近年、組織行動学やリーダーシップ論では人材や組織を動かす影響力の根本原理として注目されています。
(2011/6/27掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レシプロシティのケーススタディ

権限に頼らなくても人は動かせる
「お返ししたい」が影響力の源泉

レシプロシティのコンセプトは、リーダーシップ開発の第一人者である米バブソン大学のアラン・R・コーエン、スタンフォード大学のデビッド・L・ブラッドフォード両博士が1989年に発表した共著『影響力の法則――現代組織を生き抜くバイブル』(原題は『Influence Without Authority』)によって提唱されました。“権限に頼らなくとも影響力を発揮できる”――同書の原題が端的に表現しているこの新しい考え方は、世界のビジネスパーソンに多大な気づきをもたらし続けています。

1990年代以降、多くの日本企業でも組織のフラット化が進行し、人々はビジネスの現場で、職位の高低よりも能力の高低に従って仕事を動かすようになりました。フラットな組織とは、自分の目標を自分で管理・達成できる、専門分化したプロフェッショナルの集まりです。権威、権力だけでは決して人は動きません。しかし、顧客の高い要求水準にいちはやく応えるためには、権限の及ばないメンバーを部門横断的にまとめたり、ときには上司や経営層にまで積極的に働きかけたりして、プロジェクトを達成に導かなければならないのです。テクノロジーの急速な進化に伴って、上司が部下の能力に依存する度合いも強まっています。これからの企業人には、権限に頼らずに人を動かす力=影響力が欠かせません。その影響力のベースとなるのが互恵性、すなわちレシプロシティの考え方であると両博士は指摘しています。

レシプロシティは意識しなくても、ビジネスや人間関係のいたるところに働いています。たとえば「営業担当者は、開発担当者が新製品の情報をいちはやく教えてくれたおかげで見込み客を獲得できた。お返しに顧客の細かいニーズを伝えたところ、開発担当者は製品の改良に成功した」というようなことは日常茶飯でしょう。自分の役に立つことをしてもらうと、相手の役に立つこともしたくなる。これはレシプロシティのなせる技なのです。この法則に則れば、いざというときに多くの人の協力を得られる人は日頃から周囲に何かをもたらし、「この人にお返ししたい」と思われている人だといえます。逆にふだん相手に何もしてあげない人や何かをしてもらってもお返ししない人は、本人にどれほど実力や実績があっても協力は得にくいでしょう。

もちろん人は何を受け取っても、「お返ししたい」と思うわけではありません。相手にとって価値がなければ、与えても報われない。つまりレシプロシティは働かないのです。あたりまえのことのようですが、この人間関係の根本原理に逆らうと、人を動かすどころか、自分が職場から孤立してしまいかねません。多様化・複雑化する組織において求められる影響力とは何か、真のリーダーシップとは何か――。特別な才能やカリスマ性などではなく、レシプロシティの法則を理解し意識することによって、誰にでも開かれる可能性だといえるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

組織社会化
組織研究において、新しく組織に加わったメンバーが、組織の目標を達成するために求められる役割や知識、規範、価値観などを獲得して、組織に適応していくプロセスのことを「組織社会化」といいます。個人が組織に参入するときは、必ずこの組織社会化の過程を通過しなければならないと考えられています。 (2012/5...
ホリゾンタル・リーダーシップ
「ホリゾンタル・リーダーシップ」とは、タテの上下関係や指揮命令系統よりも、ヨコの連携や協力関係を重視するリーダーシップのあり方をいいます。組織・部署の壁を越えて多様な人材を連結し、ホリゾンタル(水平方向)なネットワークを機能させることで目標達成に取り組むのが特徴です。ホリゾンタル・リーダーシップにお...
アサーション
「アサーション」(assertion)とは、より良い人間関係を構築するためのコミュニケーションスキルの一つで、「人は誰でも自分の意見や要求を表明する権利がある」との立場に基づく適切な自己主張のことです。トレーニングを通じて、一方的に自分の意見を押し付けるのでも、我慢するのでもなく、お互いを尊重しな...

関連する記事

中村和彦さん: 組織に関する問題を「人」「関係性」に働きかけることで解決 いま日本企業に必要な“組織開発”の理論と手法とは(後編)
組織開発をどのように進めていけばいいのか、また、その際に人事部はどう関わっていけばいいのかなどについて、組織開発の実践に取り組んでいる研究者の南山大学教授の中村和彦さんに具体的な話をうかがっていきます。
2015/09/11掲載キーパーソンが語る“人と組織”
人事マネジメント「解体新書」第38回 学習する組織“ラーニング・オーガニゼーション”を実現する方法(前編) ~自ら学ぶ風土を作り、持続的成長を実現していくために
企業を取り巻く経営環境の急激な変化は、ビジネスサイクルを短縮化し、知識・技術の更新スピードを速めるなど、組織に対して絶え間ない「変革」を求めている。この変革を実現するには、組織として継続的に学習を続け、改善を繰り返していくことが必要だ。これが近年、「学習する組...
2010/06/28掲載人事マネジメント解体新書
中村和彦さん: 組織に関する問題を「人」「関係性」に働きかけることで解決 いま日本企業に必要な“組織開発”の理論と手法とは(前編)
なぜ組織開発が近年注目されているのか?日本企業がどのように組織開発を進めていけばよいのか?組織開発の実践に取り組んでいる研究者の南山大学教授の中村和彦さんに、詳しいお話を伺いました。
2015/09/04掲載キーパーソンが語る“人と組織”

関連するキーワード

ウェルビーイング経営を実現するソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

高尾の森わくわくビレッジ 三井不動産ビルマネジメント(株)

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ


ウェルビーイング経営を実現するソリューション特集

本特集では、『日本の人事部』が注目する、ウェルビーイング経営実現ための多彩なプログラムをご紹介。体験セミナーへの参加申込み、資料のダウンロードも可能ですので、 ぜひご利用ください。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。