企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ナゼナゼブンセキ なぜなぜ分析

「なぜなぜ分析」とは、「なぜ?」という問いを論理的に積み重ねることによって問題やトラブルが発生した原因を掘り下げ、有効な対策を導き出す分析スキルのことです。もともとTQM(総合的品質管理)の一環として自動車産業などの生産現場で実践されていましたが、近年は顧客の声からニーズを探るカスタマーセンターや業務改革を手がけるシステム関連など、製造部門以外の分野や業種にも急速に浸透しています。
(2011/4/18掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なぜなぜ分析のケーススタディ

改善・改革活動から顧客の苦情対応まで
「なぜ」を論理的に重ねて問題を深堀り

製品の不良や故障、クレームなどのトラブルに対して、「なぜそれが発生したのか」「なぜミスに気がつかなかったのか」といった問いを繰り返すことで、問題の真の原因を個人の能力や行動に帰すのではなく、システムの中に探し求め、作業プロセスや作業環境の改善につなげるのが、なぜなぜ分析の特徴です。トヨタグループの生産現場では以前から「なぜなぜ5回」と呼んで、ほぼ同様の手法に取り組んでいました。「なぜ?を5回繰り返して問題を掘り下げれば、根本原因に突き当たる」というもので、製造業では広く知られた考え方です。

菓子メーカーのカルビーはこのトヨタ流改善活動にヒントを得て、お客様相談室の電話対応の質を高めることに成功しました。VOC(顧客の声)に潜む要望や改良のヒントを引き出すために、顧客がどんな動機や理由で問い合わせの電話をかけてくるのかを、なぜなぜ分析で掘り下げていったのです。たとえばアレルギー物質の有無を問い合わせてくるのはなぜか。「商品を食べてしまったから」「食べていないが、不安を感じたから」などの理由が考えられます。後者だとすると、なぜ食べていないのに不安を感じたのか。これには「パッケージのアレルギー物質の記載に気づかなかったから」「気づいてはいたが、内容を理解できなかったから」といった事情が想定されます。

同社の相談室では、こうして問題を掘り下げ、原因を特定するための質問文例も作成して、電話対応に活かしました。その結果、問い合わせの多くは、ある地域限定販売のスナック菓子の個別包装品を旅行のお土産として手渡された人たちからで、「個別包装にアレルギー物質の情報が記載されていなかった」という重要な事実が明らかになったのです。

新日鉱ホールディングスの事業会社である日鉱金属の生産現場も、なぜなぜ分析による問題掘り下げの強化に取り組んでいます。茨城県日立市の白銀工場では、2005年から従業員に対してなぜなぜ分析の“通信教育”を実施。職場全体で改善のスピードが上がるなど、着実に成果が出始めています。

しかし、なぜなぜ分析で正しく問題を掘り下げる作業は、簡単ではありません。ある程度の経験やトレーニングが必要で、時間もかかります。カルビーや日鉱金属でなぜなぜ分析を指導したコンサルタントの小倉仁志氏によると、初心者がいきなり「なぜ」を繰り返そうとしても、なかなか的確な「なぜ」を出せず、論理の飛躍や筋の通らない掘り下げ方になってしまう人がほとんどだといいます。

たとえば「花びんが割れた」理由を、「窓が開いていたから」とするのは論理の飛躍。文章の前後を逆にすると、「窓が開いていたから花びんが割れた」となり、筋が通っていないのがわかると小倉氏は指摘します。「テーブルから花びんが落ちたから」と掘り下げられるようになればOK。こうして論理に注意しながら「なぜ」を積み重ねていくのがなぜなぜ分析であり、ただ思いつくままに「なぜ」を挙げればいいというものではありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

コーピング
コーピング(coping)とは、「問題に対処する、切り抜ける」という意味のcopeに由来するメンタルヘルス用語。特定のストレスフルな状況や問題に対して何らかの対処行動をとり、ストレスを適切にコントロールすること、あるいはその手法を指して「ストレス・コーピング」といいます。
見える化
「見える化」とは、企業活動の現状、進捗状況、実績などをつねに見えるようにしておくこと。問題が発生してもすぐに解決できる環境を実現すると同時に、ビジネスの現場をそもそも問題が発生しにくい環境に変えるための、組織内の体質改善や業務改革の取り組み全般を指します。
質問会議
「質問会議」とは、参加者らが意見を言い合うのではなく、問題に関する質問とその応答のみでやりとりを進め、問題の解決策を探っていく会議術のことです。実際の問題解決を通じて個人や組織の学習する力を養成する「アクションラーニング」の研究から生まれた、対話型コミュニケーションにもとづく手法で、ボトムアップ型...

関連する記事

マニュアル的な対応は要注意! 裁判例にみる“組織を乱す社員”への対応実務
企業規模を問わず、組織を乱す問題社員がいることがあり、企業はその対応に頭を悩ませている。事情に応じて慎重に検討する必要があるが、その実務的な対応方法とは?裁判例を踏まえつつ、わかりやすく解説する。
2016/09/16掲載人事・労務関連コラム
9割近くの企業が「戦略人事」の重要性を認識しているが、実際に「戦略人事」として機能できている企業は約3割
9割近くが「戦略人事」の重要性を認識。市況よりも良い企業では、「当てはまる」が68.9%に。「戦略人事」を実践できている企業は31.6%にとどまる。戦略人事が機能していない理由は「人事部門のリソースの問題」が54.6%と過半数。
2018/07/12掲載人事白書 調査レポート
「人口減少」と「団塊の世代の大量定年」は、企業の人事戦略にどのような影響を与えるか?
国立社会保障・人口問題研究所の2002年1月の推計では、日本の総人口は「2006年をピークに減少していく」と見込まれています。しかし昨年8月に発表された厚生労働省の「人口動態推計」(2005年上半期)では、統計開始以来、初めて減少を示し、もうすでに日本の人口が...
2006/03/13掲載人事・労務実態調査

関連するキーワード

分類:[ 人材開発 ]
管理職のコミュニケーション能力を高める!ソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

イクメン企業アワード2019エントリー募集中

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


管理職のコミュニケーション能力を高める!ソリューション特集

今求められるコミュニケーション能力・マネジメント能力とは


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


イノベーションを生み出せるのは“現場”<br />
ICTによるスピーディーな個の連携が“最上のバーチャルチーム”を作り出す

イノベーションを生み出せるのは“現場”
ICTによるスピーディーな個の連携が“最上のバーチャルチーム”を作り出す

変化の激しい現在、企業には、市場の変化にスピーディーに対応したビジネス...


“守り”の姿勢では人が採用できない時代。<br />
いま人事に求められる“攻め”の採用手法とは?

“守り”の姿勢では人が採用できない時代。
いま人事に求められる“攻め”の採用手法とは?

企業の採用意欲が極めて高い水準にある近年、求人サイトや人材紹介会社から...