無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

【ヨミ】ソーシャルメディア ソーシャルメディア

ソーシャルメディアとは、ブログやソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)、Twitterなど、ユーザーの参加によってコミュニケーションが飛躍的に広がっていく、オンライン上のインタラクティブ(双方向)なサービスの総称です。個人の発信する情報が不特定多数のユーザーに公開され、閲覧したユーザーはレスポンスを返すことができるなど、コミュニケーションを促す機能が用意され、ユーザーが互いの関係を視覚的に把握できるのが特徴。一般には、ブログやTwitter、動画共有サイトなどの閲覧者を制限しないオープンなサービスと、会員制・招待制のSNSに分けられます。
(2011/1/31掲載)

ソーシャルメディアのケーススタディ

採用戦略にSNSやTwitterを導入
就職難・人材難の現状を打ち破れるか

2006年、アメリカの『TIME』誌は年間で最も活躍した“Person of the Year”(今年の人)”に、著名なビジネスパーソンや政治家ではなく、“YOU”(あなた)を選びました。「あなた」とは、オンラインでつながっている世界中のユーザー一人ひとりのこと。不特定多数のユーザーの情報発信とコミュニケーションによる影響力の強さは、特定のリーダーのそれをはるかに凌ぐと認められたのです。この頃から、ソーシャルメディアがユーザーの生活に普及しはじめ、企業にとっても商品PRやブランド構築に欠かせない情報インフラになったと言われています。

ソーシャルメディアは短期間での認知向上よりも、中長期でのユーザーとの関係構築に向いています。編集権をユーザーに委ねていることが多く、コミュニケーションのコントロールは困難ですが、その分ユーザーの本音や真意を掘り起こせるメリットもあります。日本でも昨年あたりからこうしたソーシャルメディアの特性に注目して、ブログ型の採用サイトやTwitter、SNSなどを人材採用戦略に積極活用する企業が増えてきました。

サイバーエージェントは11年度中途採用および12年度新卒採用に向けて、5億人が利用する世界最大のSNS、フェイスブックを取り入れた採用活動を本格化しています。これは、日本語版フェイスブックに採用活動専用サイトを開き、ユーザー限定の就職イベントを催すなどしてフェイスブック経由の採用を実施するもの。SNSは就活の情報交換の場としても利用が増えています。そのため、同社ではフェイスブックを活用し、全国各地から有能な人材を効率的に集め、確保することをねらいとしています。同社は、12年度の新卒採用で予定している160人のうち10人を、11年度の中途採用でも10人を“フェイスブック枠”に設定しています。アイティメディア(ITmedia)でも、11年度新卒採用においてソーシャルメディアをフル活用。近年の採用戦略では常識とされていた、リクナビ、マイナビなどの“就活ナビ”で学生を大量に集めて絞り込んでいくという手法を使わなくても、予想以上に費用対効果の高い採用活動ができたといいます。

もっとも全体から見れば、こうした企業はまだ一部に過ぎません。ソフトバンク・ヒューマンキャピタルが10年夏に発表した「採用担当者の意識調査」でも、採用活動にTwitterを活用しているかを聞いたところ、利用している企業は2.8%に過ぎませんでした。ただし「使いたい」と考えている採用担当者は2割近くにのぼり、企業の採用に関する取り組み状況をみると、採用そのものに積極的な企業ほどTwitterの利用にも前向きであることがわかりました。その理由として、「通常の採用活動よりもコストがかからない」「応募数を増やしたい」「Twitterの発言から応募者の思考や性格を知るため」などが上位に挙げられています。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連する書式・テンプレート

関連するキーワード