企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】パパママイクキュウプラス パパ・ママ育休プラス

「パパ・ママ育休プラス」とは、2009年7月の育児・介護休業法改正によって新設された制度(10年6月30日から施行)で、男性の育児参加を促進する観点から、父親・母親がともに育児休業を取得する場合、特例として休業を取れる期間を延長するというものです。現行の育児休業制度は、子どもを養育する労働者に原則として子どもが1歳に達する日まで休業を取得する権利を付与していますが、パパ・ママ育休プラス制度では、子どもが1歳2ヵ月に達する日まで延長することができます。
(2010/9/6掲載)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パパ・ママ育休プラスのケーススタディ

父親も育休を取りやすくして
母親の職場復帰をサポート

仕事と生活の両立支援を目指してスタートした、育児・介護休業法(1992年の施行時は「育児休業法」)。何度かの改正を経て、法整備は徐々に充実してきました。しかし依然として、仕事と子育ての両立は難しく、仕事をあきらめる女性も少なくありません。出産した後も仕事を続けたいと希望する女性が増えている一方で、実際には、働く女性の約60%が第一子出産前後に仕事を辞めています。政府は、第一子出産前後の女性の継続就業率を、2017年に55%まで引き上げることを目標に掲げており、そのための環境整備を進めることが喫緊の課題となっています。

男性の子育てに関わる時間が少ないことも、女性の負担を大きくしています。子育ては父親と母親の協働作業であり、育児休業は男性も取得できますが、「平成20年度雇用均等基本調査」によると、男性の取得率はわずか1.23%にすぎません。日本の男性が家事や子育てに費やす時間は平均で1日1時間程度。そのうち子育て時間は30分程度で、これは先進国中最低の水準です。

こうしたデータから「日本の男性は育児への関心や参加意識が低い」とよくいわれますが、元来、男性の育児休業取得率はどの国においても昔から高かったわけではありません。各国とも「パパ・クオータ制」を導入するなどの施策によって、男性の育児休業取得を促進してきたのです。実際、日本の男性も約3割は育児休業を取りたいという“希望”を持っています。そこで注目されているのが、父親も子育てしやすい働き方を実現するための制度である「パパ・ママ育休プラス」です。

同制度の典型的な利用方法は、産後休業8週間を経た母親が、そのまま子どもが1歳に達するまで育児休業を取得し、その後父親が母親と交代する形で2ヵ月、パパ・ママ育児プラス分の休業を取るというパターンです。「交代で」取るだけでなく、「同時に」取ることもできます。すなわち子どもが1歳に達する前であっても、父親が母親と一緒に育児休業を取得し、その後父親だけが、子どもが1歳2ヵ月に達するまで継続してパパ・ママ育休プラスを取るということもできるわけです。母親が職場復帰する前後の大変な時期に、父親が子育てに協力することで、母親の負担を軽減する効果が期待されています。

しかし、取得要件などを規定した改正法の条文が難解で、人事労務担当者としては、どのようなケースであればパパ・ママ育休プラスが認められるか否か、実務対応に苦慮する部分も少なくありません。たとえばパパ・ママ育休プラスを取得する場合、育休開始日は子どもが1歳に達する日の翌日までとしなければならない、とされています。「子どもが1歳に達する日」(1歳到達日)というと、イコール「1歳の誕生日」と考えがちですが、法律上、1歳到達日は「1歳の誕生日の前日」を指します。したがって子どもの誕生日が10月10日なら、パパ・ママ育休プラス開始日は「1歳に達する日の翌日まで」、すなわち誕生日の10月10日以前であることが求められるのです。会社としても、社会保険労務士などと相談のうえ、法令に沿った育休の申請・取得が行われるよう周知徹底に力を入れるべきでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

出生時両立支援助成金
「出生時両立支援助成金」とは、男性従業員が育児休業を取得しやすい制度の導入や職場風土醸成の取り組みを行い、実際に男性従業員がその制度を利用して育児休業を取得した企業に支給される助成金で、「イクメン助成金」とも呼ばれています。仕事と育児の両立を望む男性と両立支援に取り組む事業主を後押しするために、20...
パタハラ
「パタハラ」とは、パタニティー・ハラスメントの略。パタニティー(Paternity)は英語で“父性”を意味し、男性が育児参加を通じて自らの父性を発揮する権利や機会を、職場の上司や同僚などが侵害する言動におよぶことを、パタニティー・ハラスメントと呼びます。女性社員の妊娠・出産が業務に支障をきたすとして...
育児休業
育児休業の取得について定める育児・介護休業法は、時代の変化に合わせて、対象範囲や取得期間の改正が継続的に行われてきました。人事担当はつねに最新の状況を把握し、社員が円滑に働ける環境を整える必要があります。ここでは、育児休業制度のあらましと、社員が育児休業を利用する際に必要な会社の対応について説明しま...

関連する記事

武石恵美子さん 「男性の育児休業」と「ワーク・ライフ・バランス」
仕事と子育ての両立支援計画を企業に求める「次世代育成支援対策推進法」(次世代法)が施行されて1年。これをきっかけに、多くの企業が男性社員も育児休業をとりやすい環境整備に取り組み始めています。『男性の育児休業』(中公新書)の共著書もある武石恵美子さんは、このよう...
2006/04/17掲載キーパーソンが語る“人と組織”
株式会社ローソン: 男性が変われば企業風土も変わる! ダイバーシティ先進企業、ローソンが行う「男性の育児休職取得」促進のための取組みとは(後編)
男性の育児休職の取得促進を、女性活躍推進の一環として位置づけるローソン。2014年度に新設した「短期間育児休職制度」の普及・啓蒙を目的に各種施策を展開し、取得率の向上を導いています。インタビュー後編では、同社が展開する「男性の育児取得促進活動」がどんな成果、効...
2016/10/31掲載となりの人事部
日本の人事部「HRアカデミー2019」夏期講座 従業員の「仕事」と「育児」の両立支援~いま、人事が取り組むべきこと~
従業員の仕事と育児の両立を支援するうえで欠かせない「育児休業制度」。しかし、その利用状況を見ると、男女間に大きなギャップが存在する。女性の育休取得率が80%台であるのに対して、男性は10%に満たないのだ。男性が育休を取得しないのは、「業務の多忙」「育休を取得し...
2019/10/21掲載イベントレポート

関連するQ&A

4週4日を取得できない場合の対応
休日については労基法で4週4日が定められていますが、例えば4週で2日しか休日を取得できなかった場合、残りの2日は休日勤務として割増賃金(35%)を支払うというのは問題ないのでしょうか? それとも何が何でも4週4日を取得しないといけないのでしょうか? 初歩的な質問ですみません。
男性の育休取得について
男性の育休取得推進、行く行くは、くるみんの取得を考えております。 この度『育休は取りたいが、その期間に有休を使いたい』という申し出がありました。多くの企業がそうであると認識していますが、現状弊社の育児休業規程では、育休中は無給と定めています。社としては育休は歓迎で、有休取得もしてもらって構わないので...
育児休業の取得回数について
育児休業の取得可能期間について(1)にて問合せをした者です。 細かい点について再度確認させてください。 1歳を迎えるまでの育児休業において、両親で交代して取得していたケースで、 1歳時点で、法律の認める1歳6ヶ月までの延長理由に該当する場合に限り、1歳までの間で交代で育児休業を取得していた両親の...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 人事管理 ]
分類:[ 就業管理 ]
テレワーク特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

タレントパレット ジョブ・カード制度 総合サイト

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


テレワーク特集

「テレワーク」のメリット・デメリットを整理するとともに、導入プロセスや環境整備に必要となるシステム・ツール、ソリューションをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


会社の新しい挑戦を支えるために<br />
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築

会社の新しい挑戦を支えるために
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築

第一三共株式会社は2025年ビジョン「がんに強みを持つ先進的グルーバル...


「グロービス学び放題」導入で公募研修の受講者が増加<br />
“自発的に学ぶ”企業文化を醸成

「グロービス学び放題」導入で公募研修の受講者が増加
“自発的に学ぶ”企業文化を醸成

急速に変化する市場環境の中で競争力を維持・向上させていくためには、人材...