企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ユウキュウキョウイククンレンキュウカ 有給教育訓練休暇

「有給教育訓練休暇」とは、就労中の労働者が教育訓練を受けるために、一定期間有給で職場を離れることを認める休暇制度です。国際労働機関(ILO)は、1974年の第59回総会で、同制度を労働者の権利として保障し、その付与に向けた政策の策定・運用を加盟各国に求める「有給教育休暇に関する条約」を採択しましたが、日本は現在もこれに批准していません。
(2010/8/23掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

有給教育訓練休暇のケーススタディ

義務ではないため導入企業は1割以下
取り組みを促す助成金制度に注目を

フランスやベルギー、スウェーデン、イタリアなどでは、すでに教育訓練休暇の実施が法制化されていますが、日本では、職業能力開発促進法第10条が“必要に応じて”付与することを求めているだけで、まだ義務づけられてはいません。そのため、同制度を導入している企業はごく少数にとどまっています。

厚生労働省が民間企業の教育訓練制度の実施状況などを明らかにするためにまとめている「能力開発基本調査」によると、2009年度調査で教育訓練休暇制度を導入している企業の割合は全体の1割にも満たない7.6%(前年度は6.7%)。事業所の規模別にみると、従業員1,000人以上の事業所で9.6%と最も多いものの、各規模間の差はそれほど顕著ではありません。大企業、中小企業を問わず、各企業の取り組みは低調なままです。

教育訓練休暇制度の義務化には至っていないものの、国は、教育訓練の実施や従業員の自発的な能力開発に対してさまざまな助成措置を設けています。その一つが「自己啓発助成給付金制度」。これは、有給教育訓練休暇の付与や受講の費用援助を行う企業に、その支援費や賃金の一定割合を助成する制度です。

同様の助成措置として、職業訓練などを段階的・体系的に実施する事業主に対し、独立行政法人雇用・能力開発機構が支給を行うキャリア形成促進助成金の一種、「職業能力開発支援促進給付金」があります。助成金の受給対象となるのは、従業員の自発的な能力開発を支援する諸制度を就業規則または労働協約に定め、職業能力開発休暇(前出の職業能力開発促進法が規定する有給教育訓練休暇に相当)の付与や従業員の能力開発にかかる経費の負担を行う事業主。ただし「職業能力開発推進者を選任し、都道府県職業能力開発協会に選任届を提出していること」や「労働組合などの意見をきいて事業内職業能力開発計画を作成していること」などの要件を満たす事業主で、あらかじめ雇用・能力開発機構都道府県センターの受給資格認定を受けていることが前提となります。従業員が自発的な能力開発を行う際には、公的および民間の教育訓練機関などが実施する訓練コースを受講。総訓練時間の8割以上を受講していないと、経費、賃金とも助成の対象になりません。

従業員が教育訓練を受けることの必要性は理解していても、企業、とりわけ中小規模の事業主にとっては、大きな負担となります。こうした助成制度の活用は、慎重に検討するべきでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

ボランティア休暇
「ボランティア休暇」とは、企業が従業員のボランティア活動への参加を支援・奨励する目的で、有給の休暇・休職を認める制度のことです。1990年代はじめから、労働時間短縮の流れや企業に対する社会貢献の要請の高まりをうけて、制度を設ける企業が急増。95年の阪神・淡路大震災における市民ボランティアの大活躍を...
転進支援制度
従業員の多様なライフプランに対応して、その転職や独立を支援する制度のことです。65歳までの雇用を継続できない企業が、従業員のセカンドキャリアを支援するために設けているケースも少なくないようです。
継続雇用定着促進助成金
就業規則などによって60歳以上の定年を定めている会社が、その定年年齢の引き上げや、再雇用による継続雇用制度を導入した場合に支給されます。ただし、「65歳定年制」が施行されるまでの助成金と見られています。

関連する記事

自社が「LGBTの従業員がカミングアウトしやすい職場」だと思う企業は、4.2%
自社が「LGBTの従業員がカミングアウトしやすい職場」だと思う企業は4.2%。「そう思わない」(34.3%)、「どちらかというとそう思わない」(24.2%)を合わせると6割近くにのぼる。LGBTの従業員を支援する施策としては、「実施なし」が8割弱となった。
2019/07/08掲載人事白書 調査レポート
人事制度とは -意義・基本-
経営資源と言えば「ヒト・モノ・カネ」が挙げられるが、中でも重要なカギを握っているのはヒト、すなわち「人材」である。経営課題をつきつめていくと、最終的には「企業は人なり」という結論に到達する。「企業の競争力や価値を向上させる組織」や「従業員の意欲・能力を向上させ...
2013/04/26掲載よくわかる講座
人事制度構築フロー
人事制度構築はどのような手順で行うのだろうか。ここでは、既存の企業が人事制度を新たに構築する際の一般的なフローを見ていく。
2013/04/26掲載よくわかる講座

関連するQ&A

助成金の経理処理
お世話になっております。 助成金の受給をしたのですが、助成金の経理処理をどのようにすればよいでしょうか?仕訳を教えて頂ければ嬉しく思います。
社員紹介制度の導入について
当社で社員紹介制度の導入を検討しておりますが、最近、コンプライアンスの関係から紹介制度を途中で打ち切った企業もあると聞いており、世間ではこの制度の受け止め方として慎重な動きになっているのでしょうか。
裁判員制度と休暇
休暇中の賃金は、無給でよいか
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 人事管理 ]
分類:[ 就業管理 ]

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


いま、企業が行うべき研修とは?<br />
~育成の目的とメニューを明確にし、効果を最大限に高めていく

いま、企業が行うべき研修とは?
~育成の目的とメニューを明確にし、効果を最大限に高めていく

自律性を高め、社員一人ひとりのスキル・能力を高めていかなければ、これか...


採用の進化を担う リクルートのRPO<br />
経営戦略に貢献する採用活動を実現

採用の進化を担う リクルートのRPO
経営戦略に貢献する採用活動を実現

リクルートキャリアでは、2011年から新しい価値――「採用の最適化」を...