【ヨミ】レガシーコスト レガシーコスト

レガシーコスト(legacy cost)のレガシーとは「遺産」のこと。これにコスト(負担)がつくと、過去のしがらみから生じる負担、すなわち「負の遺産」という意味になります。狭義には、企業が退職者に対して支払い続けなければならない年金や医療費など、過去に設計され、温存されている制度に従って継続的に発生する金銭的負担を指します。
(2010/8/2掲載)

レガシーコストのケーススタディ

ビッグスリーもJALも対岸の火事ではない
右肩上がりの時代の“負の遺産”が経営を圧迫

日本と異なり、国民皆保険制度のないアメリカの企業にとって、レガシーコストの問題はとくに重い足枷となっています。記憶に新しいところでは、2009年、米大手自動車メーカーのクライスラーとゼネラル・モーターズ(GM)が相次いで米連邦破産法11条の適用を申請しました。フォードも含めたいわゆる「ビッグスリー」が苦境に陥った原因は、何といってもクルマの販売不振が一番ですが、経営破たんに至るまで追いつめられた背景に、膨大なレガシーコストがあったことは疑いがありません。

とりわけ大きいのが、退職者に支払う年金と医療保険の出費です。GMの場合は、過去十数年間に年金や医療保険費用で年平均70億ドルを支払い、08年度にはその負担額が約135億ドルにまでふくれあがったといわれます。かりに本業の販売不振が回復したとしても、「現役の従業員1人が約5人の退職者の年金と医療保険を支える」という過剰なレガシーコストが重荷になり続けるため、GMは破産法申請を選ぶほかありませんでした。「クルマも造る年金・医療保険管理会社」と揶揄されるゆえんです。

ビッグスリーに企業年金制度が導入されたのは、第二次大戦後の好景気で自動車が飛ぶように売れた約60年前のこと。以来、全米自動車労働組合の強大な力を背景に、退職者への年金や医療保険は拡充されることはあっても、抑制されることはありませんでした。企業側としては、当面の賃上げより将来の約束のほうが譲歩しやすかった上に、将来の事業収益や年金基金の運用益を過大評価して、肥大化するレガシーコストの問題を先送りし続けていたフシがあるようです。

これは、決して対岸の火事ではありません。事実、日本の企業年金にも行き詰まりが見えはじめています。09年10月、財務省の峰崎直樹副大臣は、会社更生法を適用した日本航空(JAL)の再建策に関し、日本政策投資銀行のつなぎ融資に政府保証を与える件について「レガシーコストの問題など十分な裏づけがないと簡単ではない」と慎重に対応する考えを示しました。その後JALは、すでに引退したOB世代にまでさかのぼって、企業年金の大幅削減(退職者で平均30%、現役社員で平均50%)を断行しています。

低成長・低金利の現状ではとても実現できない、高い利回りを温存している企業年金はJAL以外にも多く、それが経営を圧迫している企業も珍しくありません。企業年金問題の専門家であるアンダーソン・毛利・友常法律事務所の沢崎敦一弁護士は、「いまの企業年金制度は右肩上がりを前提として作られており、安定的な継続性は崩壊している。長期の不況がいまの企業年金制度を崩壊させており、見直しは避けられない」と指摘します。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連するキーワード