企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ハインリッヒノホウソク ハインリッヒの法則

「1件の重大な事故・災害の背後には、29件の軽微な事故・災害があり、その背景には300件の異常がある」という労働災害に対する経験則の一つ。アメリカの損害保険会社の技術・調査部に勤務していたハーバート・ウィリアム・ハインリッヒが、1929年に出版した論文の中で発表したことから「ハインリッヒの法則」と呼ばれています。
(2010/6/21掲載)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハインリッヒの法則のケーススタディ

労働災害の98%は予防できる
ささいな“ヒヤリハット”が重大事故の予兆

従業員の生命の安全を脅かし、企業の存続までも揺るがしかねない産業事故や不祥事は決して偶発的なものではない、そこには必ず何らかの“予兆”が潜んでいるという教訓を統計学的に示しているのがこの「ハインリッヒの法則」です。

ハインリッヒ氏は、同一人物が起こした同一種類の労働災害を5,000件以上調べ上げ、その発生確率を分析しました。その結果、明らかになったのは、1:29:300という数値――「重傷」以上の災害が1件発生したら、その背後では29件の「軽傷」を伴う災害が起きており、さらに事故には至らなかったものの、一歩間違えば大惨事にもなるような、「ヒヤリ」「ハッと」する事例が300件あるという法則性でした。ハインリッヒの法則は、別名「ヒヤリハット」の法則とも呼ばれます。

さらに同氏は、重大な事故・災害が発生する労働環境には数千件もの「不安全行動」と「不安全状態」が存在することを明らかにし、こうした“リスクの芽”を見逃さずに取り除けば災害もなくなることから「労働災害全体の98%は予防できる」と指摘しました。ハインリッヒの法則をはじめとする同氏の教訓を受けて、製造現場では環境の改善が進められ、労災の大幅な減少に成功。ハインリッヒ氏は「災害防止のグランドファーザー」、同氏の著作は「災害防止のバイブル」と呼ばれるようになりました。

その後、より多くの事例に基づく類似の調査研究が行われ、ハインリッヒの法則に続く法則が数多く発表されました。1969年にバードが発表した「バードの法則」では、アメリカの21業種297社、1,753,489件のデータから「重大事故:軽傷事故:物損事故:ニアミス=1:10:30:600」という比率が示されています。また70年代にイギリスの保険会社のデータ約2万件から導き出された結果は、「重大事故:軽中傷事故:応急処置を施した事故:物損事故:ニアミス=1:3:50:80:400」の比が成り立つというものでした。

いずれにせよ、事故の発生確率に関する数字そのものは時代や業種によって異なるので、本質的に重要ではありません。ハインリッヒの法則に学ぶべき教訓とは、重大な労働災害には予兆となるささいな失敗や異変が必ずあるということ、そしてそれを見逃さない取り組みを普段から地道に進める以外に、事故防止の有効な手立てはないということです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

コンティンジェンシープラン
コンティンジェンシーとは「偶発性」「不確定性」の意。災害・事件・事故などの不測の事態が企業の事業やプロジェクトの維持・継続に支障を来すことを想定し、その被害・損失を最小限にとどめて業務を速やかに復旧できるように、あらかじめ定めておく対応策や行動手順を「コンティンジェンシープラン」(continge...
メリット制
「メリット制」とは、一定要件を満たす事業場の労災保険料率を、その事業場で発生した労働災害の多寡に応じて±40%の範囲内で増減させる制度のことです。労災保険率は、事業の種類ごとに過去3年間の災害発生率等を考慮して定められますが、同一の業種でも個々の作業環境や事業主による災害防止努力などの違いによって...
CSIRT
「CSIRT」とは、Computer Security Incident Response Teamの略。企業や行政機関などの組織内に設置され、コンピュータシステムやインターネットなどのネットワークに保安上の問題や事故(インシデント)が生じた際に対応する専門チームのことで、一般に「シーサート」と呼ば...

関連する記事

中堅・中小企業調査──業務・通勤災害の法定外補償
労働災害の発生に備え、多くの企業では、労災保険法による法定給付に加えて、独自の上積みを図るための法定外補償(付加給付)制度を設けています。労務行政研究所では、主要企業を中心に、1、2年に1度、業務災害・通勤災害における法定外上積み補償の水準調査を行っていますが...
2010/02/01掲載人事・労務実態調査
お通夜・告別式、弔問、事実関係の説明、資料の交付、労災申請等保存版 死亡労災事故等が起こったときに担当者がやるべきこと
不幸にして従業員に労災事故等が起こってしまった場合、遺族に対してどのように対応したら良いのでしょうか。遺族への対応について気をつけなければならないポイント、実際にあったトラブルの内容とその対処を解説します。
2016/05/11掲載人事・労務関連コラム
発生しうるリスクを意識した管理が必要!従業員の「自転車通勤」をめぐる問題点と社内規程・書式の作成例
昨今、エコブームや健康を意識して、都市部を中心に自転車通勤を始める人が増えています。それに伴い、自転車通勤によるリスクも高まっています。今回の記事では、通勤中に事故が発生した場合の対応や通勤費の取扱いなどについて、わかりやすく解説しています。
2009/11/09掲載人事・労務関連コラム

関連するQ&A

車両事故を起こした場合の人事評価について
業務での運転中に事故を起こした場合、人事評価に反映させることは違法でしょうか? (当社の人事評価の一項目には規律性という項目があります) 懲戒の場合と懲戒に該当しない場合の両方について教えていただきたいと思います。 ※当社の就業規則では、重大事故を起こした場合は、懲戒の対象になる旨  記載してお...
業務中の交通事故について
いつも大変参考にさせていただいています。 業務中の交通事故についてです。 当社では営業に車を使用している社員がいます。 そこで、もし営業中に交通事故にあった場合は、業務災害になるのでしょうか。 また、その場合、過失割合にかかわらず、会社は休業補償を支給する必要はあるのでしょうか。 以上どうぞご...
業務外の事故の管理
お世話になります。 現在、従業員にて、業務外で事故された方がおり、長期で休まれていたため、 労災などの適用外であることをちゃんと把握するつもりで調査いたしました。 上層部の意見より、今後業務外の事故が起きたときは常に調査するように指令がございました。 その際に、2点気になっていることがあり、ご...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 人材開発 ]
テレワーク特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

ジョブ・カード制度 総合サイト

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


テレワーク特集

「テレワーク」のメリット・デメリットを整理するとともに、導入プロセスや環境整備に必要となるシステム・ツール、ソリューションをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


会社の新しい挑戦を支えるために<br />
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築

会社の新しい挑戦を支えるために
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築

第一三共株式会社は2025年ビジョン「がんに強みを持つ先進的グルーバル...


「グロービス学び放題」導入で公募研修の受講者が増加<br />
“自発的に学ぶ”企業文化を醸成

「グロービス学び放題」導入で公募研修の受講者が増加
“自発的に学ぶ”企業文化を醸成

急速に変化する市場環境の中で競争力を維持・向上させていくためには、人材...