企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】エクスパッツ エクスパッツ

エクスパッツ(Expats)とは、Expatriate(国外居住者)の略称。海外の本社や親会社、関係会社などに所属し、転勤などの理由で日本に派遣されている駐在員のことです。日本で就労する外国人のうち、国内で現地採用された従業員(一般にローカルと呼ばれる)については、労務関係の各種法令が日本人従業員と同様に適用されますが、エクスパッツの場合はその限りではありません。社会保険や給与計算の取り扱いに注意が必要です。
(2010/6/7掲載)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エクスパッツのケーススタディ

ローカル社員とは法令適用に大きな違いが
社会保険の二重加入や給与計算の扱いに注意

世界各国の社会保障制度は原則的に、内外国人を問わず、その国の領域内にいる限り、現地の法制度に服するという「属地主義」の考え方をとっています。しかし、グローバルな企業活動に伴って社員が二国間を往来する場合は、両国制度への二重加入による保険料の二重払いや掛け捨ての問題が発生します。こうした問題を解消するために、各国との間で締結されているのが社会保障協定です。

同協定の締結国から日本にエクスパッツが派遣される場合、派遣期間が5年以内の要件を満たし、派遣元の国で社会保障協定適用証明書が発行されれば、派遣元の国の社会保険制度にのみ加入することになります。すなわち、日本の各制度への加入は免除されます。

派遣元の国が締結国でないために協定が適用されない場合の取り扱いは、大きく二つに分かれます。個々のエクスパッツが国内法の被保険者に該当するか否かは、勤務先となる日本の事業所からの報酬の支払いの有無が判断基準となるためです。報酬が海外の派遣元から直接本人に支払われていて、日本の事業所から支払われていない場合は、健康保険や厚生年金の保険料の納付ができないので、事業所経由での加入はできません。一方、日本の事業所がエクスパッツに直接報酬を支給している場合は、事実上の使用関係が成立するとみなされ、国内での加入義務が発生することになります。ただしこれは原則的な解釈であり、最終的な判断については保険者である健康保険組合や全国健康保険協会、あるいは年金事務所などへの個別の確認が必要です。

またエクスパッツを受け入れている日本企業では、国内で発生するエクスパッツ個人の所得税、住民税、社会保険料を、本人に代わって負担している事例が多く見られますが、税金や保険料(個人負担分)は本人負担が原則です。したがって派遣先の会社が支払っている負担金は経済的利益とみなされ、支払分が課税の対象となります。会社はエクスパッツの税金を負担した上で、さらにその負担した金額分に対する税金も負担する処理、いわゆる「グロスアップ計算」が必要になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

産前産後休業保険料免除制度
「産前産後休業保険料免除制度」とは、産前産後休業(産休)期間中の健康保険料、厚生年金など社会保険料について、次世代育成支援の観点から、その支払いを免除する制度のことです。保険料の免除は事業主からの申出により、折半している被保険者本人負担分と事業主負担分の双方が対象になります。免除された保険料は支払っ...
労働契約申込みみなし制度
「労働契約申込みみなし制度」とは、派遣先企業が違法派遣と知りながら派遣労働者を受け入れている場合、違法状態が発生した時点から、派遣先が派遣労働者に対して直接雇用を申し込んだものとみなす制度のことで、「みなし雇用制度」ともいわれます。申込みの実体がなくても、自動的に派遣先が派遣労働者に対して労働契約の...
社会保険
「社会保険」とは、「健康保険」「厚生年金保険」「介護保険」「雇用保険」「労働者災害補償保険(労災保険)」の総称です。このうち、「健康保険」「厚生年金保険」「介護保険」の三つを狭義の「社会保険」、「雇用保険」「労働者災害補償保険(労災保険)」の二つを「労働保険」と呼ぶのが一般的です。ここでは、「社会保...

関連する記事

人材派遣とは
人材派遣の基礎知識から最新の人材派遣事情まで
2016/10/31掲載よくわかる講座
人事制度とは
人事制度とは、広義には労務管理を含めた従業員の「処遇」に関するしくみ全般を指す。ここではその意義と運用のポイントについてまとめた。
2017/06/30掲載よくわかる講座
実は不安の裏返し? 採用条件に細かい外国人求職者
日本で働く外国人が増えているが、それに伴って、国内で転職するケースも増えてきている。転職に際しては、外国人は人材紹介会社をよく利用する。その割合は、日本人よりも高いかもしれない。もともと海外では、日本に比べて人材紹介の普及率が高く、外国人が利用することに慣れて...
2010/02/22掲載人材採用“ウラ”“オモテ”

関連するQ&A

アルバイトの社会保険の加入について
アルバイトを社会保険に加入させる時、契約時だとどうしても、時間数がわからない点と、離職率が高い点からすぐに加入させたくないのですが。現場としてどの程度まで許されるものなのでしょうか。宜しくお願いします。
パートタイムの社会保険・雇用保険の加入資格
パートタイムの社会保険加入資格は一般社員の4分の3以上、雇用保険は週20時間以上ですが、それを下回る場合、加入できるのでしょうか?加入できないのでしょうか?
パートの社会保険加入について
パートで当初2ヶ月以内の契約を締結し、その後6ヶ月~1年更新での契約を結びたいと考えています。 この場合、当初の2ヶ月に関して社会保険の加入義務はありますでしょうか?
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 人事管理 ]
待ったなしの「ハラスメント対策」。防止と早期解決に役立つサービスと選び方をご紹介。

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

最短1営業日で従業員代表を選出しませんか QUICK REPLY

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ


「ハラスメント対策」に役立つソリューション特集

「ハラスメント対策」の早期解決とおすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!<br />
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは
new

これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは

VUCAの時代となり、あらゆる意味でこれまでの企業経営が見直されていま...


働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術<br />
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!
new

働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

2019年4月より大企業に対する適用がスタートした「働き方改革関連法」...


メンタルヘルス・健康経営セミナー<br />
職場の活力アップを考える

メンタルヘルス・健康経営セミナー
職場の活力アップを考える

人材不足、多様性、働き方改革など、近年は人材に関する環境が大きく変化。...