企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ジンジノニセンジュウネンモンダイ 人事の2010年問題

2010年には団塊世代の大量退職が完了する一方で、授業時間や学習内容が少ない、いわゆる「ゆとり教育」を中学時代から受けた“ゆとり第一世代”がはじめて新卒社員として入社します。彼らの基礎的な能力への不信感から、世代交代が組織の劣化につながりかねないとの指摘があり、これを「人事の2010年問題」と呼びます。
(2010/2/15掲載)

人事の2010年問題のケーススタディ

“生きる力”不足のゆとり世代が入社
批判や排除より受け入れ、育てる視点を

2010年度の大卒新入社員はほとんどが1987年度生まれ。彼らの中学在学中に完全週休二日制や絶対評価が導入され、さらに「総合的な学習の時間」が新設されました。当時の文部科学省は「自ら学び考える本当の学力――“生きる力”を育てる」と唱えて、新しい学習指導要領を導入しました。“生きる力”は基礎学力だけでなく、意欲やコミュニケーション能力などを総合した力と定義されましたが、ゆとり教育を推し進めた結果、若年層の“生きる力”は逆に低下したといわれています。高校からゆとり教育を受けた08年、09年入社組を含め、ゆとり世代社員に何かとネガティブな評価がつきまとう所以です。

2009年に日本能率協会マネジメントセンターが、企業の人事担当者573人を対象に実施した調査(複数回答)によると、若手社員の問題点として53%が「読み書きや考える力など基本能力の低下」を挙げています。さらに「主体性不足」(51%)、「コミュニケーション能力不足」(46%)と続きました。ある自動車関連メーカーでは、技術系の新人の基礎学力を検証するために毎年「算数テスト」を行っていますが、09年の成績は100点満点で平均点が50点を下回ったといいます。

10年春卒業予定の大学生の就職内定率は09年12月1日時点で73.1%、調査を始めて以降、最低であることが厚生労働省と文科省の調査でわかりました。これは、不況でただでさえ厳しい就職戦線に、「2010年問題」が追い打ちをかけた結果と考えられます。というのも、大卒者の求人倍率は1.62倍(リクルートワークス研究所調べ)。極端に低くはありません。企業の人材育成などを手がける「シェイク」(東京)の吉田実・代表取締役社長は「いまの企業は学生の基礎学力や生きる力に不信感を抱いており、チェックが厳しい」と指摘します(読売新聞/2009年1月6日付)。

しかし、ゆとり世代を批判し、“厳選採用”に徹するばかりでは、要員計画の実行に支障をきたしかねません。排除から受容へ、選別から育成へ――「2010年問題」を採用方針の見直しの好機ととらえるべきでしょう。現に、「内定者には英語能力テストで一定水準をクリアするように指導」(キヤノンマーケティングジャパン)したり、「入社半年前から18ヵ月連続の長期研修を実施」(サントリーフーズ)したり、手厚い新人教育で対応する企業も増えています。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

企業内弁護士
「企業内弁護士」とは、企業が雇用する専任の弁護士のことで「社内弁護士」とも呼ばれます。弁護士資格を有しながら、企業に従業員や役員として在籍し、自社の法務問題の処理などに従事する専門人材です。グローバル化やコンプライアンス(法令順守)重視などの経営環境の変化に伴い、拡大・多様化する法務リスクに対応する...
エンプロイメンタビリティ
「エンプロイメンタビリティ」(employmentability)とは、「企業の雇用能力」を意味する用語です。雇用される側からみて魅力的な企業か、継続的に雇用されたいかといった価値に関する概念で、雇用主としての能力や優秀な人材をひきつける吸引力を表します。単に高報酬を保障できればいいということでは...
新卒切り
深刻な就職難をくぐりぬけて入社したばかりの新入社員が、上司からの理不尽な要求や、パワーハラスメントなどを受けた上で自主退職を迫られるケースが増加。「新卒切り」と呼ばれ、「派遣切り」「内定取り消し」に続く社会問題として注目されています。 (2011/2/14掲載)

関連する記事

1. 新入社員研修とは
新入社員研修とは、企業が行う階層別研修のうち、文字通り、新入社員に対して実施される研修のことである。入社後すぐに実施され、学生という身分から社会人となることを目的に、会社組織で職務・業務を遂行する上で必要な知識やスキル、ビジネスマナーなどの基本を身に付けてもら...
2012/11/12掲載よくわかる講座
「今ならまだ引き返せる」入社前対応の難しさ
4月は新入社員研修の季節。せっかく新人研修を行うなら、同時期に入社する中途採用人材の研修も併せて行いたいと考える企業は珍しくない。さらに一歩踏み込んで、「もうすぐ入社する人材」の研修まで一緒に行いたい、と考えるところもある。しかし、これが意外に大きな問題へと発...
2016/04/04掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
配属先を意識して選考を行っている企業ほど、社員の活躍割合が高い
人事担当者に「新卒の選考に際して、入社後の配属を意識しているか」「入社後の活躍割合」を聞いた。それらの相関関係を探ると、配属先を意識して選考を行っている企業ほど、社員の活躍割合が高いことがわかった。
2019/07/26掲載人事白書 調査レポート

関連するQ&A

入社式と入社日は違う日でもよいのか?
たとえば3/30に入社式を行い、しかし入社日は4/1としたいのです。 保険の適用等も4/1からにしたいです。 可能でしょうか?
内定式と入社式の同時実施について
人事の方にご相談です。 本年度より入社の時期(10月・4月)を2回分けるようにしようと思いまして、そうなると10月に入社式と内定式が重なるようになります。 いまだかつて、内定式と入社式を同時に進められた企業は ありますでしょうか。 どちらとも、祝いの席ではあるのでおかしくはないかなぁとは思うので...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 雇用 ]

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。