企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ジンジノニセンジュウネンモンダイ 人事の2010年問題

2010年には団塊世代の大量退職が完了する一方で、授業時間や学習内容が少ない、いわゆる「ゆとり教育」を中学時代から受けた“ゆとり第一世代”がはじめて新卒社員として入社します。彼らの基礎的な能力への不信感から、世代交代が組織の劣化につながりかねないとの指摘があり、これを「人事の2010年問題」と呼びます。
(2010/2/15掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人事の2010年問題のケーススタディ

“生きる力”不足のゆとり世代が入社
批判や排除より受け入れ、育てる視点を

2010年度の大卒新入社員はほとんどが1987年度生まれ。彼らの中学在学中に完全週休二日制や絶対評価が導入され、さらに「総合的な学習の時間」が新設されました。当時の文部科学省は「自ら学び考える本当の学力――“生きる力”を育てる」と唱えて、新しい学習指導要領を導入しました。“生きる力”は基礎学力だけでなく、意欲やコミュニケーション能力などを総合した力と定義されましたが、ゆとり教育を推し進めた結果、若年層の“生きる力”は逆に低下したといわれています。高校からゆとり教育を受けた08年、09年入社組を含め、ゆとり世代社員に何かとネガティブな評価がつきまとう所以です。

2009年に日本能率協会マネジメントセンターが、企業の人事担当者573人を対象に実施した調査(複数回答)によると、若手社員の問題点として53%が「読み書きや考える力など基本能力の低下」を挙げています。さらに「主体性不足」(51%)、「コミュニケーション能力不足」(46%)と続きました。ある自動車関連メーカーでは、技術系の新人の基礎学力を検証するために毎年「算数テスト」を行っていますが、09年の成績は100点満点で平均点が50点を下回ったといいます。

10年春卒業予定の大学生の就職内定率は09年12月1日時点で73.1%、調査を始めて以降、最低であることが厚生労働省と文科省の調査でわかりました。これは、不況でただでさえ厳しい就職戦線に、「2010年問題」が追い打ちをかけた結果と考えられます。というのも、大卒者の求人倍率は1.62倍(リクルートワークス研究所調べ)。極端に低くはありません。企業の人材育成などを手がける「シェイク」(東京)の吉田実・代表取締役社長は「いまの企業は学生の基礎学力や生きる力に不信感を抱いており、チェックが厳しい」と指摘します(読売新聞/2009年1月6日付)。

しかし、ゆとり世代を批判し、“厳選採用”に徹するばかりでは、要員計画の実行に支障をきたしかねません。排除から受容へ、選別から育成へ――「2010年問題」を採用方針の見直しの好機ととらえるべきでしょう。現に、「内定者には英語能力テストで一定水準をクリアするように指導」(キヤノンマーケティングジャパン)したり、「入社半年前から18ヵ月連続の長期研修を実施」(サントリーフーズ)したり、手厚い新人教育で対応する企業も増えています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

ゆとり社員
ゆとりを重視した学習指導要領や学校週5日制など、いわゆる「ゆとり教育」の影響を受けた世代の若手社員、新入社員を「ゆとり社員」と呼びます。
リクルーター
リクルーター(recruiter) とは、リクルート(一般に、企業などが人員の募集[求人]をすること)を行う人という意味。主に企業の若手を中心とした採用担当者を指します。
ホワイト企業
「ホワイト企業」とは、社員に劣悪な環境での労働を強いる企業を指す「ブラック企業」の対義語。社員の待遇や福利厚生などが充実し、数ある企業の中でも働きやすさにおいて特に優れている企業、という意味合いで使われる言葉です。就職や転職の際にブラック企業が避けられるのとは対照的に、安心して仕事に打ち込めるホワ...

関連する記事

「今ならまだ引き返せる」入社前対応の難しさ
4月は新入社員研修の季節。せっかく新人研修を行うなら、同時期に入社する中途採用人材の研修も併せて行いたいと考える企業は珍しくない。さらに一歩踏み込んで、「もうすぐ入社する人材」の研修まで一緒に行いたい、と考えるところもある。しかし、これが意外に大きな問題へと発...
2016/04/04掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
「確定拠出年金」と「確定給付企業年金」新企業年金制度の導入パターンを探る
新企業年金制度と企業をめぐる事情について、労務行政研究所の調査をもとに探ってみます。
2005/04/25掲載人事・労務実態調査
社員の評価者となる管理職はどれくらい訓練されている?成果主義を導入した企業の「考課者研修」の実態とは?
年功ではなく、仕事の成果を重視する処遇制度では、現場の管理職が部下の社員を公正・透明に評価することが、基本中の基本です。もし、成果をあげていると思われていた人が低い評価になったり、意外な人が高い評価になったりすると、職場に違和感が広がって、社員の士気は下がり、...
2006/10/16掲載人事・労務実態調査

関連するキーワード

分類:[ 雇用 ]
インターンシップを効果的に実施するポイントと 外部ソリューション活用のヒント

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

イクメン企業アワード2019エントリー募集中

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


インターンシップを効果的に実施するポイントと外部ソリューション活用のヒント

インターンシップの効果的な実施について、種類や取り組み事例、外部サービス活用のヒントをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


健康経営を加速する「コラボヘルス」という新発想<br />
企業と健保が強みを活かしあう協働の仕組みとは

健康経営を加速する「コラボヘルス」という新発想
企業と健保が強みを活かしあう協働の仕組みとは

社員一人ひとりの健康づくりを支援することによって、医療費の適正化と生産...