企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】クオータセイ クオータ制

クオータ(quota)とは、「割り当て、分配、分け前」の意味。もともとは政治における男女間格差を是正するための暫定的な方策で、議員・閣僚などの一定枠を両ジェンダーに割り当てる制度を指します。発祥地のノルウェーでは、一般企業に対してもこれを法制化。取締役会など経営中枢への女性進出に大きな効果を上げています。
(2010/2/15掲載)

クオータ制のケーススタディ

女性にトップマネジメントへの道を開く
男性の家事・育児への参加と“表裏一体”

ノルウェーは、先進国において女性の社会進出が最も顕著な国の一つです。1978年に制定された同国の男女平等法は「公的機関が4名以上の構成員を置く委員会、執行委員会、審議会、評議員会などを任命または選任するときは、それぞれの性が構成員の40%以上選出されなければならない。4人以下の構成員を置く委員会においては、両性が選出されなければならない」(数値は88年に改正)と定めています。

さらに2003年に制定された会社法によって、政府系企業は04年から、一般上場企業は08年から、取締役会の構成員の少なくとも4割を、男性・女性それぞれに割り当てることが義務付けられました。このクオータ制には罰則規定が設けられていて、企業が守れない場合には、会社法が規定する他の条項違反と同じく、株式会社登録の取り消しという厳しい制裁が科されます。

2000年時点では、同国の上場企業における女性取締役の比率はわずか6.4%。それが、08年には45%近くにまで急増しました。この変革の原動力が、会社法に定められたクオータ制の導入だったことはいうまでもありません。組織の意思決定機関に参加する女性を増やそうという同国の取り組みは官から民へ、そして社会全体へと確実に広がり、世界的にも注目を集めています。

09年10月、ダイバーシティマネジメントに関するセミナーに招かれて来日したノルウェー経営者連盟シニア・エグゼクティブのカーリ・ミンゲ氏は、「社会が人口の50%を占める男性にのみ指導的立場を与えるなら、その社会は残り半分の人口の才能を無駄にしている、人間の持てる潜在能力を活用していないことになります。それは、ビジネスコミュニティーにとって、競争力を失っていくということです。才能のある人は、それに適した立場に就くべきです」と指摘しました。

ノルウェーはまた「女性の指導的立場への進出と男性の家事・育児への参画は表裏一体である」として、1993年から、育児休暇の一定期間を父親にも割り当てる「パパ・クオータ制」を導入しています。父親が割り当てられた分の育休をこなさないと、全体の育休期間が短くなったり、育休中の手当がカットされたり、権利が消滅してしまったりする制度です。同制度が導入されるまで同国の男性の育休取得率は数パーセント程度でしたが、現在では90%にも達し、出生率の増加という効果も上がっています。95年には隣国スウェーデンにも広がりました。スウェーデンの場合は、父親・母親にそれぞれ一定期間の育休を割り当て、双方に取得を義務付ける「パパ・ママ・クオータ制」をとっています。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

出生時両立支援助成金
「出生時両立支援助成金」とは、男性従業員が育児休業を取得しやすい制度の導入や職場風土醸成の取り組みを行い、実際に男性従業員がその制度を利用して育児休業を取得した企業に支給される助成金で、「イクメン助成金」とも呼ばれています。仕事と育児の両立を望む男性と両立支援に取り組む事業主を後押しするために、20...
オールド・ボーイズ・ネットワーク
伝統的に男性中心社会であった企業コミュニティーには、それぞれの組織内で培われてきた独特の文化や雰囲気、しきたりがありますが、それらは決して明文化されることなく、マジョリティーである男性メンバーの間で暗黙のうちに築かれ、共有、伝承されているのが普通です。この排他的で非公式な人間関係や組織構造を指して...
スポンサーシップ制度
「スポンサーシップ制度」とは、女性の管理職や経営幹部を増やすために、役員クラスが選ばれた女性社員のスポンサーに就き、マンツーマンで指導して昇進を後押しする制度のことです。スポンサーは英語で保証人、支援者の意。自分の裁量権で、リーダーに必要なスキルが学べる仕事を担当させたり、本人に代わって業績や能力を...

関連する記事

辛淑玉さん 女性を活用できない企業は潰れる
男女均等処遇の取り組みが始まって久しいのに、それが必ずしも現場に深く浸透していかないのは、どうしてなのか。女性が働きやすい職場環境をつくっていくために、企業がしなければならないことは何か。人権や男女差別の問題に詳しい人材育成コンサルタントの辛淑玉さんにうかがい...
2005/01/24掲載キーパーソンが語る“人と組織”
首藤若菜さん 「男性の職場」に進出した「女性」の働き方 
現業職場を中心に、体当たりで労働の現場を調査してきた首藤さんに、男女の職場を統合していく難しさについてうかがいました。
2006/06/19掲載キーパーソンが語る“人と組織”
人事マネジメント「解体新書」 第五回 「女性」を活かせる会社でなければ生き残れない!
「男女雇用機会均等法」が施行されて以降、男女の格差がなく、女性にも開かれた職場づくりが企業の「努力義務」へと課されてきた。女性活用は、日本経済を支えていくという観点でも、極めて重要な課題なのである。女性活用にあたって私たちはどうしていけばいいのか。今回は、この...
2007/07/09掲載人事マネジメント解体新書

関連するQ&A

男女の制度の相違について
女性活用のために、なんらかの制度を新設しよう考えております。 最近、新聞等で「女性社員には、保育園費用として月5万円支給」とか、「男性社員が育児休暇を取得する場合には、2週間まで有給とする」等の制度をよく見かけます。 「女性には費用補助をするが、男性には補助なし」「男性は有給だけど、女性は無給」...
女性管理職の育児短時間勤務時間の取り扱い
女性管理職が育児短時間勤務制度を利用した場合、給与カットをしても良いのか?
女性採用の推進のための具体策
女性活躍推進法に則り、弊社では3割の女性を次期採用目標に設定しましたが、 現状は女性率1~2割弱で厳しい状況です。 応募者の割合も同等です。 効果的な対策を教えていただけないでしょうか。 ちなみに女性管理職はいません。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。