企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】イクキュウギリ 育休切り

妊娠・出産や産休、育児休業(以下、育休)などの取得を理由に、企業が社員に退職を強要したり、降格や異動を命じたりする不当な取り扱いを「育休切り」といいます。2008年秋のリーマンショック以降、経営環境の急速な悪化に伴って、人件費削減のための「育休切り」が横行しているといわれます。
(2009/11/20掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

育休切りのケーススタディ

「育休取得で解雇」は法令違反
知識不足の管理職層に周知徹底を

「産休を申請したら解雇を言い渡された」「育休を終えて、復職を申し出たら業績悪化をタテに拒否された」――こうした「育休切り」に関する相談が、全国の労働局などで急増しています。09年3月の厚生労働省のまとめによると、相談件数は同年2月までの11ヵ月間ですでに前年度1年分よりも25%以上多い1,107件に達し、過去最高を記録。厳しい雇用情勢が、仕事と子育ての両立を脅かしている現実が浮き彫りになりました。

育休切り」という言葉は08年末に話題になった「派遣切り」をもじったものですが、両者の法的な意味合いは大きく異なります。男女雇用機会均等法や育児・介護休業法は、育休などの取得を理由にした解雇を禁じています。つまりいくら経営に窮してのこととはいえ、「育休切り」は明らかな違法行為なのです。にもかかわらず、なぜあとを絶たないのでしょう。実は単に企業が、「法令違反であることを知らなかった」というケースが少なくないのです。

厚生労働省職業家庭両立課の元木賀子さんは、事業主だけでなく、現場の所属長の法令知識不足を指摘します。一般に大企業は中小零細企業に比べて、育休制度の整備は進んでいるものの、組織規模の大きさゆえにコンプライアンスの浸透が難しい。元木さんによると、一部の中間管理職層には、産休切りについて「働けないのだから切ってもいいのでは」というような理解不足の人もいるといいます。

09年7月には、育児・介護休業法の改正が公布されました。改正法では、仕事と家庭の両立をより図りやすくするために、3歳未満の子どもを育てる社員への短時間勤務制度(1日6時間)を企業に義務づけています。これにより、社員は育休をとった後も、働く時間を短縮して子育ての時間を確保できるようになりました。育休の取得率が1%台と低迷する男性のための育休促進策も盛り込まれています。従来は、妻が専業主婦なら、労使協定によって育休をとれないようにもできましたが、改正法はこれを廃止。すべての働く父親が育休をとれるように改めました。申請に応じて残業を原則免除する制度の導入も、企業に義務づけています。

さらに企業が「育休切り」などの違反を犯し、厚労省の勧告にも従わない場合には、社名を公表するなどの制裁も科されることに。もう「知らなかった」では済まされせん。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

出生時両立支援助成金
「出生時両立支援助成金」とは、男性従業員が育児休業を取得しやすい制度の導入や職場風土醸成の取り組みを行い、実際に男性従業員がその制度を利用して育児休業を取得した企業に支給される助成金で、「イクメン助成金」とも呼ばれています。仕事と育児の両立を望む男性と両立支援に取り組む事業主を後押しするために、20...
イクボス
「イクボス」とは、男性の従業員や部下の育児参加に理解のある経営者や上司のことです。子育てに積極的に関わる男性をイクメンと呼ぶのに倣い、そのイクメンを職場で支援するために、部下の育児休業取得を促すなど、仕事と育児を両立しやすい環境の整備に努めるリーダーをイクボスと呼びます。 (2013/7/29掲載...
パタハラ
「パタハラ」とは、パタニティー・ハラスメントの略。パタニティー(Paternity)は英語で“父性”を意味し、男性が育児参加を通じて自らの父性を発揮する権利や機会を、職場の上司や同僚などが侵害する言動におよぶことを、パタニティー・ハラスメントと呼びます。女性社員の妊娠・出産が業務に支障をきたすとし...

関連する記事

「確定拠出年金」と「確定給付企業年金」新企業年金制度の導入パターンを探る
新企業年金制度と企業をめぐる事情について、労務行政研究所の調査をもとに探ってみます。
2005/04/25掲載人事・労務実態調査
コンプライアンスとは
近年、社内に法令違反を防止する「コンプライアンス体制」を構築し、運用していることが企業責任と考える風潮が強まっている。違法行為が発覚すると、行政処分だけでなく、取引先や消費者からの信用を失い、事業継続が不可能になることも珍しくない。企業にとっても避けて通れない...
2013/03/22掲載よくわかる講座
社員の評価者となる管理職はどれくらい訓練されている?成果主義を導入した企業の「考課者研修」の実態とは?
年功ではなく、仕事の成果を重視する処遇制度では、現場の管理職が部下の社員を公正・透明に評価することが、基本中の基本です。もし、成果をあげていると思われていた人が低い評価になったり、意外な人が高い評価になったりすると、職場に違和感が広がって、社員の士気は下がり、...
2006/10/16掲載人事・労務実態調査

関連するキーワード

分類:[ 人事管理 ]
分類:[ 就業管理 ]

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

イクメン企業アワード2019エントリー募集中

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


いま考えるべき人事の「未来像」 <br />
~新しい時代における人事の存在意義とは~

いま考えるべき人事の「未来像」
~新しい時代における人事の存在意義とは~

グローバリゼーションやテクノロジーの急激な進化により、いま世界は大きく...


変化が求められる時代に不可欠な「経済知力」<br />
~膨大な情報からビジネスの未来を読み解く力をつけるには~

変化が求められる時代に不可欠な「経済知力」
~膨大な情報からビジネスの未来を読み解く力をつけるには~

グローバル化やIT化が加速するなか、ビジネスを取り巻く環境が今大きく変...