【ヨミ】カイゼン カイゼン

いわゆる「改善」のこと。カイゼンと表記すると、おもに製造業の生産現場で行われている作業の見直し活動のことを指します。作業効率の向上や安全性の確保などに関して、経営陣から指示されるのではなく、現場の作業者が中心となって知恵を出し合い、ボトムアップで問題解決をはかっていく点に特徴があります。この概念は海外にも「kaizen」という名前で広く普及し、とくにトヨタ自動車のカイゼンは有名。トヨタ生産方式の強みの一つとして高く評価されています。
(2009/10/26掲載)

カイゼンのケーススタディ

ものづくり以外でも効果に注目
固有技術の周辺にカイゼンの余地あり

上記のとおり、「カイゼン」は日本のものづくりのお家芸として認知されていますが、最近では非製造業の現場においてもその効果が注目されています。

2008年の4−6月期決算で1992年の株式公開以来、はじめて赤字に転落した米コーヒーチェーン大手のスターバックスは、トヨタ直伝の「kaizen」活動を推進した結果、翌09年4−6月期の最終損益では1億5150万ドル(約144億円)の黒字を叩き出し、大幅な業績回復に成功しました。これまで同社の店舗で見過ごされていたムダを減らすために、日本のトヨタ自動車で働いた経験を持つ米国人がカイゼンをアドバイス。10人余りのスタッフが全米の店舗を飛び回り、その知恵を現場に行きわたらせました。

商品の材料をできるだけ近い場所にまとめたり、提供するコーヒーの種類がすぐわかるように色別のラベルを貼ったり──そうした細かいカイゼンを積み重ねながらムダを省き、トヨタの工場で行っているように、ストップウォッチ片手に注文をさばく時間を短縮していきました。その結果、オレゴン州のある店舗では一つの注文を平均25秒でさばけるようになり、来客や売上げの増加につながったといいます。

ものづくりにくわしい東京大学大学院経済学研究科教授の藤本隆宏氏は、「一流の企業は“固有技術”に絶対の自信を持ち、実際その部分はすばらしいが、生産やサービスの流れの中でそこから少し外れた部分に、意外と穴があいていることが多い」といいます。そして、そうした固有技術でない部分をカイゼンするためには、業種の違いを超えてものづくりの知恵やノウハウが役に立つ、と指摘しています。

スターバックスの復活は、その典型例といえるかもしれません。同社にとっては、ブランドイメージの構築や店舗デザイン、あるいはおいしいコーヒーのつくり方こそがまさに固有技術。その完成度はきわめて高いはずですが、そこから少し離れた部分やその周辺に、小さくて大きな問題が潜んでいたといえるのではないでしょうか。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するキーワード