無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ
人事辞典 掲載日:2009/09/18

【ヨミ】フクセンガタジンジセイド 複線型人事制度

複線型人事制度とは、全社共通の画一的な人事制度ではなく、同一企業内に複数のキャリアコースが並立する多元的な人事管理システムのことです。ラインとスタッフ、総合職と一般職、全国社員と地域限定社員などの区分を設定し、区分ごとに採用、昇進・昇格、賃金、教育研修などを管理します。

複線型人事制度のケーススタディ

人材の多様化とポスト不足に対応
コース別の“格差”も明確に開示を

トップから末端に向かって単一の指揮命令系統でつながっている組織を「ライン組織」といい、ラインに連なる部下をもち、グループを束ねる部長、課長などの管理職をラインマネジャーと呼びます。かつての日本企業では、このラインマネジャーを頂点とするヒエラルキーを一つずつ上っていくというキャリアパスが、新卒社員にとってほぼ唯一の選択肢でした。近年は組織のフラット化、モジュール化が進むとともに、社員の就業意識の多様化とも相まって、ラインマネジャーへの昇進を前提とした画一的な人事制度が、必ずしも魅力的なものではなくなりつつあります。

地位や賃金よりも「専門職として好きな仕事を続けたい」「単身赴任せずに家族と一緒に暮らしたい」といった個人の希望を優先したいと考える人が増え、「努力すれば出世できる」しくみだけで全社員のモチベーションを維持することは難しくなっています。その代替として、複線型人事制度を導入する企業が増えているのです。

また、仮に社員がラインでの昇進を希望したとしても、現在の低成長下では、全員が管理職になれるわけではありません。そうなると従来の画一的な社員ヒエラルキーのままでは、組織が一握りの「勝ち組」と多数の「負け組」に分断され、チームワークやコミュニケーションの劣化につながる恐れがあるのです。複線型人事なら、管理職にはなれなくとも高度な専門技能をもつ社員はそれぞれのキャリアコースで「勝ち組」になれるため、会社としても管理しやすいというメリットがあります。

もちろん「勝ち組」の賃金は上昇しますが、このコスト増は、複線のうちの「支線」に該当するコースの平均賃金を抑えることで吸収されると考えられます。たとえば総合職に対する一般職のように、「支線」を選択する社員の賃金水準は「本線」に比べて低いのが一般的だからです。一般職・総合職の制度は、男女雇用機会均等法の施行によって男女別賃金が認められなくなったのを機に、それに代わる二重賃金制として導入する企業が急増しました。もちろんこうした賃金格差の理由が不透明では、社員のモラールダウンを招きかねません。コース別の人事制度の内容を明確に開示した上で、それに沿った適切な運用が求められます。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連するキーワード