企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】フクセンガタジンジセイド 複線型人事制度

複線型人事制度とは、全社共通の画一的な人事制度ではなく、同一企業内に複数のキャリアコースが並立する多元的な人事管理システムのことです。ラインとスタッフ、総合職と一般職、全国社員と地域限定社員などの区分を設定し、区分ごとに採用、昇進・昇格、賃金、教育研修などを管理します。
(2009/9/18掲載)

複線型人事制度のケーススタディ

人材の多様化とポスト不足に対応
コース別の“格差”も明確に開示を

トップから末端に向かって単一の指揮命令系統でつながっている組織を「ライン組織」といい、ラインに連なる部下をもち、グループを束ねる部長、課長などの管理職をラインマネジャーと呼びます。かつての日本企業では、このラインマネジャーを頂点とするヒエラルキーを一つずつ上っていくというキャリアパスが、新卒社員にとってほぼ唯一の選択肢でした。近年は組織のフラット化、モジュール化が進むとともに、社員の就業意識の多様化とも相まって、ラインマネジャーへの昇進を前提とした画一的な人事制度が、必ずしも魅力的なものではなくなりつつあります。

地位や賃金よりも「専門職として好きな仕事を続けたい」「単身赴任せずに家族と一緒に暮らしたい」といった個人の希望を優先したいと考える人が増え、「努力すれば出世できる」しくみだけで全社員のモチベーションを維持することは難しくなっています。その代替として、複線型人事制度を導入する企業が増えているのです。

また、仮に社員がラインでの昇進を希望したとしても、現在の低成長下では、全員が管理職になれるわけではありません。そうなると従来の画一的な社員ヒエラルキーのままでは、組織が一握りの「勝ち組」と多数の「負け組」に分断され、チームワークやコミュニケーションの劣化につながる恐れがあるのです。複線型人事なら、管理職にはなれなくとも高度な専門技能をもつ社員はそれぞれのキャリアコースで「勝ち組」になれるため、会社としても管理しやすいというメリットがあります。

もちろん「勝ち組」の賃金は上昇しますが、このコスト増は、複線のうちの「支線」に該当するコースの平均賃金を抑えることで吸収されると考えられます。たとえば総合職に対する一般職のように、「支線」を選択する社員の賃金水準は「本線」に比べて低いのが一般的だからです。一般職・総合職の制度は、男女雇用機会均等法の施行によって男女別賃金が認められなくなったのを機に、それに代わる二重賃金制として導入する企業が急増しました。もちろんこうした賃金格差の理由が不透明では、社員のモラールダウンを招きかねません。コース別の人事制度の内容を明確に開示した上で、それに沿った適切な運用が求められます。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

トータル人事制度
人事評価、目標管理、賃金・賞与、人材育成などの制度がトータルに連動した人事制度。年齢や勤続年数にとらわれず、高い成果や業績を上げた社員を高く評価するとともに、その結果を公平かつ適正に賃金などの処遇に反映させることで、社員のモチベーションに応えることを目的としています。
プロパー社員
プロパー社員とは、「正しい、本来の」などの意味をもつ英語“proper”から転じた和製英語まじりの言いまわしで、いわゆる「生え抜き」の社員や正社員のことを指す、日本の企業社会特有の表現です。「プロパー」と略して使われることが多く、その意味するところは文脈や職場によって異なります。
家族手当
配偶者や子供のいる社員に対して、基本給とは別に支給される手当です。会社によって金額に違いがありますが、配偶者に1万円程度、子供(1人)には5000円程度が支給されるケースが多いようです。欧米の企業では給与は基本給が主体で、家族手当にあたるものは見当たりません。日本独特のシステムと言えそうです。

関連する記事

人事マネジメント「解体新書」第74回 多様な働き方が求められる時代、注目される“限定正社員”~具体的事例にみる制度の特徴と、運用面での工夫(後編)
『前編』では、「限定正社員」が求められる背景と、その雇用管理のあり方について見てきた。では、実際の企業の現場はどのような状況なのか?また、問題や課題に対してどのように取り組んでいるのか?『後編』では、「限定正社員」を活用していく上で、制度運用に工夫を凝らしてい...
2014/08/25掲載人事マネジメント解体新書
人事制度とは -意義・基本-
経営資源と言えば「ヒト・モノ・カネ」が挙げられるが、中でも重要なカギを握っているのはヒト、すなわち「人材」である。経営課題をつきつめていくと、最終的には「企業は人なり」という結論に到達する。「企業の競争力や価値を向上させる組織」や「従業員の意欲・能力を向上させ...
2013/04/26掲載よくわかる講座
中堅・ミドルマネジャー研修の予算(年間一人当たり)は10万円未満が6割
全国4,036社の人事実態調査『人事白書2016』レポート。各階層を対象とした研修の予算(年間一人当たり)を聞いたところ、10万円未満の割合は、新入社員は49.7%、中堅社員(主任・係長クラス)は62.9%、ミドルマネジャーは59.2%、経営人材候補は22.1...
2016/07/08掲載人事白書 調査レポート

関連するQ&A

社員紹介制度の報奨金
他の方の質問にありましたが、そもそもどうして報奨金を社員に支払うことが違法なのでしょうか。
契約社員就業規則の同意をもらう社員の範囲について
質問いたします。弊社では現在社員300名、うち10名が契約社員です。このたび契約社員就業規則を改正するにあたり、同意をとろうと思います。その際同意をとる社員は契約社員だけでいいのでしょうか。もしくは全社員の方がいいのでしょうか。ちなみに、正社員を対象とした就業規則を改正する場合、全社員を対象に同意を...
社員さんがパート社員になりたいと申し出がありました。
現在正社員として雇用されている社員さんから、パート社員に変更してほしいとの申し出がありました。どのような手順を踏めばよいのか、ご指導お願いいたします。 社員は社会保険・雇用保険・厚生年金がかかっております。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 雇用 ]
分類:[ 人事制度 ]

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ウィズコロナ時代の働き方改革<br />
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

ウィズコロナ時代の働き方改革
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

新型コロナウイルスの感染拡大は、店舗事業者に甚大な影響をもたらした。さ...


ピンチをチャンスに。<br />
新型コロナウイルス対策を機に中小企業も時代を見据えた働き方へ

ピンチをチャンスに。
新型コロナウイルス対策を機に中小企業も時代を見据えた働き方へ

働き方改革が進むなか、2020年4月から施行された中小企業の時間外労働...