無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

【ヨミ】ヘッドハンティング ヘッドハンティング

ある企業の優秀な人材を他の企業がスカウト(引き抜く)すること。外資系企業では以前から人事戦略の一環として頻繁に行われていましたが、近年は企業の依頼に応じてヘッドハンティングを専門に手がける人材ビジネスが注目されるなど、広く企業社会全体に浸透しつつあります。
(2009/3/16掲載)

ヘッドハンティングのケーススタディ

景気後退に伴う人材流動化が追い風に
ミドルクラスにまでターゲット拡大

別名「エグゼクティブ・サーチ」と呼ばれるように、ヘッドハンティングには、経営幹部やエグゼクティブクラスなど一部の限られた人材を対象とするイメージがありましたが、近年はミドル層やマネジャークラスの人材、年代でいうと30代にまでスカウトのターゲットが広がっているといわれます。この層はいわゆる就職氷河期世代。バブル崩壊後の不況を理由に多くの企業で彼らへの教育投資が削減されたため、量だけでなく、質的にも人材不足感が否めません。

しかしいまから自社内で再教育を施したり、彼らより若い世代の成長を待ったりしていたのでは時間がかかりすぎて、激化する一方の業界サバイバルに遅れをとってしまう――。現場のリーダーを担う即戦力人材のヘッドハンティングが増加している背景には、そうした企業の危機感があると考えられます。

国内最大手のヘッドハンティング会社サーチファーム・ジャパンによると、急激な景気後退に伴う大型の経営破たん、業界再編が相つぐなか、人材の流動化はいっそう加速し、これを好機ととらえる企業サイドの相談・依頼が増えているといいます。具体的な傾向としては、金融・不動産・建設業界からの依頼が急増。2008年8月期の問い合わせ件数は同1月期の3倍以上にはね上がりました。最近は個人をターゲットにするヘッドハンティングに加えて、事業部門単位のスカウト、つまり求める人材を部門まるごと獲得したいという相談も多いそうです。また同社の成約実績(07年度)を職位別・年齢別でみると、社長・取締役クラスが全体の20.3%、事業部長・本部長・工場長クラスが29.7%なのに対し、部長・課長クラスは24.5%、マネージャー・主任クラスも13.8%を占めています。30代でのヘッドハンティングも全体の41.7%に達しています。

同社常務取締役の井坂優氏は、「転職に積極的で人材紹介の市場に自ら進んで出てくる人は、全労働者人口の10%程度に過ぎません。ただし企業サイドの要求に応えられる人材、本当の意味で貢献できる人材がその10%のなかにいるとは限らない」と指摘します。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

「ヘッドハンティング」に関する記事

「ヘッドハンティング」に関する人事のQ&A

退職社員へのリファラル採用適用について

いつも参考にさせて頂いております。
弊社ではリファラル採用を実施しており、社員の友人紹介で入社が決まった際に紹介した社員と入社した社員に御礼金(インセンティブ)を支給しております。
このリファラル採用...

採用太郎さん
東京都/ 医療・福祉関連(従業員数 10001人以上)
2020/10/15 17:51 ID:QA-0097549 報酬・賃金 回答終了回答数 3 件

入社後一週間で妊娠した社員を紹介した紹介会社への返金請求

人材紹介会社からの紹介により入社した社員が、
入社後1週間でご懐妊されました。

一人の女性の人生としては大変喜ばしいことではあるのですが、
会社としては、その予定があるのであれば転職活動をすべきでは...

採用担当者さん
長野県/ その他業種(従業員数 101~300人)
2020/08/25 11:07 ID:QA-0096048 中途採用 回答終了回答数 3 件

「ヘッドハンティング」に関する書式・テンプレート