企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ジセダイリーダーイクセイ 次世代リーダー育成

次代の経営を担うリーダー人材を、企業が組織的・戦略的に開発する取り組み。候補者をより早い段階でスクリーニング(絞り込み)し、教育する「選抜型育成」を指します。
(2008/12/15掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

次世代リーダー育成のケーススタディ

リーダーは自然に育つのではなく、育てるもの
トップのコミットメントが成功の条件

「リーダーシップは天与の資質であって、教えて身につくものではない」「トップに立つべき人材はもともと才能に恵まれていて、競争の中から自然と頭角を表してくる」――既存のリーダーシップ論には、こうした“適者生存”の発想が根強く存在します。しかし“生存者”が常に“最適者”であるとは限らない、というのもまた真実でしょう。変化や競争が激しい現在の経営環境においては、過去の勝者の資質や積み重ねてきた実績、スキルなどが、そのまま今後も通用する保証はないからです。

まして昨今は、次世代リーダー候補にあたるミドル層(30〜40歳代の課長・非管理職上位クラス)のマネジメントに関する能力不足が、バブル崩壊後の長期不況による教育投資の減少や人員構成の歪みの“ツケ”として急速に顕在化。事業の継続や拡大、世代交代のボトルネックとなっているケースも少なくありません。

こうした中、有望な人材の台頭を待つだけの姿勢を改め、早い段階で候補者を選抜して教育する、より積極的な「次世代リーダー育成」に着手する企業が増えています。ソニーでは、2000年にグローバルリーダーの育成・啓発に特化した企業内大学「ソニー・ユニバーシティ」を設立。各国・各地域の事業から人材を選抜し、研修を行っています。

産業能率大学総合研究所が2006年に、従業員300人超の日本企業を対象に行った調査によると、「次世代リーダーの選抜型育成」をすでに実施している企業は約4割。実施予定と回答した企業をあわせると全体の約6割にのぼることがわかりました。また実施企業は1999年を境に急速に増加しています。選抜の対象層は部長、課長クラスが中心。教育にかける期間は6ヵ月〜1年が最も多く、活動予算の平均額は2,077万円でした。同研究所は調査の結果、選抜型育成の効果を高めるためには、「トップの強力なコミットメントを獲得すること」「経営を担う人材を想定した育成を行うこと」「継続的に取り組み、一定額の投資を行うこと」「意図的な経験の付与によって育成すること」などが必要条件になると分析しています。

個人の資質が企業活動に及ぼす影響は、当然のことながら新人よりも係長、係長よりも部課長と、職位が上がるにつれて大きくなります。にもかかわらず、会社が育成にかけるエネルギーや投資額は若手社員のほうがはるかに大きい――いまだ多くの日本企業に残るこのネジレ構造を、早急に見直すべきではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

タレント・マネジメント
人材こそ企業の競争力の源泉と見なし、採用から配置、育成、キャリア形成といった一連のプロセスを効果的に管理・支援するしくみを指します。
サクセッション・プラン
サクセッション・プラン(Succession Plan)とは、もともとは「後継者育成計画」のことで、重要なポジションの後継者を見極め、育成することを指していました。しかし、最近では目まぐるしく変わる経営環境の中、ビジネスチャンスがいつ訪れてもいいように、また思いがけないリスクを回避するために人材を育...
リーダーシップ・パイプライン
「リーダーシップ・パイプライン」とは、会社の変革・発展を導くリーダーを組織全体で体系的に育成しようとする考え方です。燃料がパイプラインを流れるように、ボトムからトップまで組織の各階層・世代間でとぎれることなく、連綿とリーダーを輩出するためのしくみづくりを指し、ゼネラル・エレクトリック(GE)をはじ...

関連する記事

研修・人材育成とは
人材育成のために、今、企業に求められていることは何か。企業における人材育成の現状について確認し、今後、どのような対策を行っていけばいいのか、進むべき方向性を整理した。
2012/10/12掲載よくわかる講座
「自社の人材育成施策で従業員を育成できていない」と感じている企業は5割超 業績の悪い企業では8割弱に及ぶ
研修を実施している企業の育成担当者に「自社の育成施策によって従業員を育成できているか」を聞いたところ、最も多いのは「あまり感じない」(51.6%)で、過半数を占めた。また、「全く感じない」は14.3%で、二つを合わせると「感じない」割合は65.9%に及ぶ。
2019/07/08掲載人事白書 調査レポート
人事部課長に聞いた 人事戦略の現状と課題
民間調査機関の労務行政研究所(理事長:矢田敏雄)は、「人事部課長に聞いた 人事戦略の現状と課題」についてのWEBアンケートを実施。本記事では、その中から「経営戦略上の重要テーマ」「『人材育成』に関する人事戦略」「人事戦略の策定・明文化」について取り上げます。
2012/08/20掲載人事・労務実態調査

関連するQ&A

人材育成の目標について
中期計画で人材育成に取り組むことになりました。 人材育成では、何を目標にしたらいいのでしょうか。 数値目標は可能でしょうか。 本来、人材育成は短期で成果が得られるものではないと思っていたので、担当として戸惑っています。 が、取り組む以上、目標設定が必要という状況です。 ご教授をお願いいたします。...
08年賃上げ
お疲れ様です。 08年度の全国平均昇給額と昇給率のデーターをお持ちでしたら、教えて頂きたくお願い申し上げます。 大企業・中企業・小企業別にあれば、なお幸でございます。
人材育成の評価について
いつも大変参考にさせていただいております。 人材育成の評価についてです。 弊社は全国に美容サロンを経営している会社です。 現在の評価基準は売上がほぼで、人材育成に対しての評価基準がありません。 そこで、評価基準に人材育成をいれたいと考えています。 意見として育成手当のように、例えば役職者を育てたス...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 人材開発 ]

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「採用」×「AI」で、採用成果を実現する これからの人事に必要なもの

「採用」×「AI」で、採用成果を実現する これからの人事に必要なもの

HRの領域ではその時々、トレンドとなるワードがあります。最近は「AI」...


いま求められる“効率的”人事給与業務とは?(第1回)

いま求められる“効率的”人事給与業務とは?(第1回)

日々激しく変化する、ビジネス社会。企業を取り巻く環境も、厳しさを増して...