企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】コウガクレキワーキングプア 高学歴ワーキングプア

修士号や博士号を所持してはいるものの、定職に就けず、アルバイトなどで日々の生計を立てている人たちや、弁護士、医師などの国家資格を取得していても開業後に仕事がなく貧しい生活を余儀なくされている人たちのこと。
(2008/9/22掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高学歴ワーキングプアのケーススタディ

大学院に進むも、働き口が限定的で就業先が見つからず
企業では高学歴ゆえに扱いにくいと言う声も

「ワーキングプア」とは正社員として、もしくは正社員並みにフルタイムで働いているにもかかわらず、収入が生活保護の支給額にも満たない就業者のことをいいます。

これまで、「ワーキングプア」は賃金水準が低く、雇用が不安定なフリーターなどの非正規雇用者を指していました。しかし、最近では高学歴の層の人たちにも「ワーキングプア」が広がっているようです。現在、博士号を所持していながら定職に就けない人は1万人を超えると言われています。

高学歴ワーキングプア増加の背景には、さまざまな要因があります。一つは、「就職活動がうまくいかないから」「就職したくないから」といった理由で、明確な目的もなく大学院に進学するといったケースです。この背景には、少子化による大学市場の成長後退に歯止めをかけるため、大学院進学の門戸を広げる大学側の思惑があります。一方で、少子化により教員ポストや研究者が増やせないという実情が、高学歴ワーキングプアの増加に繋がっています。

また、企業側からは、大学院での経験を「キャリア」として受け入れないだけでなく、高学歴だとプライドが高くて扱いにくいのではないか…という声もあるようです。

弁護士や歯科医師などの国家資格取得者にも、厳しい現実が立ちはだかっています。近年、合格者は増加していますが、弁護士事務所や勤務医の採用枠には限りがあり、就職先がなかなか見つからない、独立開業しても仕事が入らずにワーキングプア状態に陥ってしまう、などというケースが少なくありません。

人材不足といわれている今、こうした層の人材活用をどのように進めていくか、国や社会全体で考えていかなければならないでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

ワーキングプア
ワーキングプアとは、「働いても豊かになれない。どんなに頑張っても報われない」という、「働く貧困層」のこと。今、日本では、このワーキングプア層の急拡大が大きな社会問題となっています。
博士採用
「博士採用」とは、大学院博士課程の修了者に限定した採用活動のことです。従来、日本企業は、博士号取得者に代表される“高学歴人材”の採用に積極的ではなく、その高度な専門知識やスキル、学術的なプロセスの中で鍛えられた思考力などが、ビジネスシーンで十分に活かされてはいませんでした。しかし近年はダイバーシティ...
企業内弁護士
「企業内弁護士」とは、企業が雇用する専任の弁護士のことで「社内弁護士」とも呼ばれます。弁護士資格を有しながら、企業に従業員や役員として在籍し、自社の法務問題の処理などに従事する専門人材です。グローバル化やコンプライアンス(法令順守)重視などの経営環境の変化に伴い、拡大・多様化する法務リスクに対応する...

関連する記事

人材採用“ウラ”“オモテ” 評価されづらい?「大学院卒」の転職
退職して大学院で学びなおすことで、転職の際に有利になるのか。留学や資格取得は? 人材紹介会社のコンサルタントが語る本音とは――。
2018/12/03掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
説明できる? 「あの人の方が給料が高い」理由
「同じ仕事なのに賃金が低いのはどうして?」 勤続が長く仕事の隅々まで理解したベテランパートよりも、何も知らない・できない 新人社員の方が賃金が高い、というのはよく聞く話です。 パート・アルバイトで働く人は、正社員との賃金格差についてどのような 不満と納得感を持...
2019/02/26掲載新卒・パート/アルバイト調査
若手社員の不足 どう解決するか
労働力調査(総務省)の平成25年平均結果において、非正規雇用で働く25歳から34歳の者が現職に就いた理由で最も多いのは、「正規の職員・従業員の仕事がないから」。その割合は3割を超え、他の年齢層よりも高く、不本意な形で非正規雇用に身をおいている者が多いことがうか...
2015/08/06掲載新卒・パート/アルバイト調査

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


2020新卒採用の“傾向”と“対策”

2020新卒採用の“傾向”と“対策”

大卒求人倍率は7年連続して上昇、300名未満の中小企業の求人倍率は9....


管理職1年生日記 (第3回)

管理職1年生日記 (第3回)

ほとんどの会社では、新任管理職を対象とした「管理職研修」を行っているこ...