企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ケイザイレンケイキョウテイ 経済連携協定(EPA)

経済連携協定(EPA:Economic Partnership Agreement)とは、自由貿易協定(FTA)を柱として、特定の二国間や複数国間で、人材の移動や投資、二国間協力など、幅広く経済関係を強化する取り決めをいいます。
(2008/7/18掲載)

経済連携協定(EPA)のケーススタディ

国際間で経済関係の連携や協力を促進
国内の労働力不足の解消にも期待

経済のグローバル化が進む中、WTO(世界貿易機関)加盟国は年々増加するとともに、交渉内容も複雑化し、加盟国間の合意形成が難しい状況になってきました。そのため、FTAやEPAを積極的に締結する国や地域が増えてきました。日本でも、2002年1月の「日・シンガポール新時代経済連携協定」をはじめとして、メキシコ、マレーシア、チリ、タイ、インドネシアなど6ヵ国との間でEPAが発効され、フィリピン、ブルネイなどとは署名を終えた段階にあります(2008年7月18日現在)。また、インド、ベトナム、韓国、オーストラリアなどとも、交渉を進めています。

EPAは、関税を撤廃するといった、通商上の障壁を取り除くだけではなく、締約国間での経済取引の円滑化や人材交流の拡大など、幅広い経済関係の連携・協力の促進を目的としています。

最近の動きで注目されているのが、看護・介護分野の労働者の受入れを含む「日・インドネシア経済連携協定」(2007年8月20日に署名)です。この協定により、早ければ2008年7月末にもインドネシア人の看護師・介護福祉士が来日することになっています。受け入れられたインドネシア人の看護師・介護福祉士は、半年間の日本語研修などを経て、08年12月〜09年1月には医療・介護現場で働き始める予定です。3年ないし4年の滞在期間中に、看護師・介護福祉士の国家資格を取得し、引き続き日本で働くことが前提となっています。

資格取得までの間、受け入れ施設におけるフォローや給与などの待遇条件、コミュニケーションの難しさなど、現場からは不安の声もあります。しかし一方で、人手不足が深刻な医療・福祉の現場での活躍が期待されています。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

3K労働
主として若年労働者が敬遠する「きつい」「汚い」「危険」な労働を、頭文字をとって3Kと呼びます。一般的には建設・土木、ゴミ処理などの肉体労働や、警察官や看護師、介護士など勤務・労働条件の厳しい職業を指します。
ブリッジ人材
「ブリッジ人材」とは、言語や文化の異なる海外法人・外国人との間で商取引や交流をする際に、コミュニケーションを円滑にする役割を担う人材のことをいいます。ブリッジ人材は通訳だけでなく、まったく違ったビジネス慣習がある国や地域同士が円滑に取引を進められるよう、双方の認識を擦り合わせることが仕事です。(20...
ワークプレイスラーニング
ワークプレイスラーニングとは、「働く現場における学習」のことです。個人のスキル向上と組織パフォーマンスの改善を目的とした学習の仕組みをつくり、日々の実務のプロセスに組み込むことによって、高い学習効果を実現します。人材の能力開発に有効な手段として注目されています。

関連する記事

遠藤功さん 企業をのばす現場力―人事部が変われば現場も変わる
「現場力」は本来、日本企業ならではのストロングポイントでした。それがいま大きく揺らぎはじめているといいます。現場再生に向けて――遠藤さんにじっくりとお話をうかがいました。
2008/10/27掲載キーパーソンが語る“人と組織”
門倉貴史さん 日本企業は「中国」よりも「インド」へ進出せよ
先進各国の間で、有望な投資先国として「BRICs」(=ブラジル・ロシア・インド・中国)への関心が高まっています。中でも、中国とインドは将来の2大大国と言われ、その急成長している巨大市場を目当てに多くの先進国企業が進出していますが、では、日本企業はどちらの国と経...
2006/05/15掲載キーパーソンが語る“人と組織”
これからのビジネスに欠かせない「経済知力」とは?
変化のスピードが速い現代において、過去の“経験則”だけでは通用しないのがビジネスの難しいところ。そのため、数多い知識・情報の中から、本当に有用なコンテンツを見極め、活用していく能力が必要になる。
2009/05/28掲載注目の記事

関連するキーワード

分類:[ 雇用 ]

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

POSITIVEが選ばれる理由

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ウィズコロナ時代の働き方改革<br />
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

ウィズコロナ時代の働き方改革
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

新型コロナウイルスの感染拡大は、店舗事業者に甚大な影響をもたらした。さ...


強い企業ではなく、変化できる企業が生き残る。<br />
2020年以降を見据えたグローバル人材マネジメントの実現に向けて

強い企業ではなく、変化できる企業が生き残る。
2020年以降を見据えたグローバル人材マネジメントの実現に向けて

日本企業の海外売上比率が高まっているが、一方でグローバル人材の育成やマ...